ヨブ​記 31:1-40

31  私は自分の目と契約を結んだ+だから若い女性に対して不適切な関心を向けることなどできない+   そんなことをすれば,天の神から頂く分け前はどうなるのだろう。高い所にいる全能者から頂く財産はどうなるのだろう。   悪を行う人には災難が,有害なことを行う人には不幸が待ち受けているのではないか+   神は私が歩く道を見+,私の歩みを全て数えているのではないか。   私は不正直に*歩んだだろうか。欺こうと足を急がせただろうか+   神に,正確なはかりで私を評価していただきたい+神は私の忠誠心を知ってくださる+   もし私の歩みが正しい道からそれたり+心が目に支配されたり+手が汚れたりしたなら,   私が種をまいてもほかの誰かが食べ+私が植えた物は引き抜かれる*がよい。   もし私が女性に心を引かれ+仲間の戸口の所で待ち伏せしていたなら+ 10  私の妻が別の男のために粉をひき,ほかの男たちが私の妻と関係を持つがよい+ 11  私は,恥ずべき行いを,裁かれて処罰される過ちをしたことになるからだ+ 12  その行いは,滅ぼし尽くす火のようであり+私のあらゆる作物の根までも焼き尽くす* 13  召し使いの男や女が私に訴えてきたのに,もし私がその人たちを公正に扱わなかったなら, 14  神が私に立ち向かう時,私は何ができるだろう。神に責任を問われる時,何と答えればよいだろう+ 15  私を母の腹の中に造った方が,彼らを造ったのではないか+私たちは同じ方に形作られて誕生したのではないか+ 16  もし,貧しい人が望んでいる物を私が与えなかったなら+また,私がやもめに悲しい目をさせたなら+ 17  また,私が自分の分を独りで食べ,孤児にそれを分け与えなかったなら+ 18  (私は若い時から,父親のようにその孤児の成長を見守り,子供の頃から,そのやもめの手を引いてきた。) 19  もし私が,着る物がなくて死にそうな人や,身を覆う物がない貧しい人を見たなら+ 20  そして,その人が私の羊の毛で身を温めず,私に感謝することもなかったなら+ 21  また,孤児が町の門の所+で私の助けを求めた*時に,もし私が孤児に向かってこぶしを振り上げたなら+ 22  私の腕*は肩から落ちてしまうがよい。私の腕は肘*の所で折れてしまうがよい。 23  私は神による災難を恐れていた。神の威厳の前で立つことはできなかった。 24  もし私が金に頼ったり,純金に向かって『私が頼る物よ!』と言ったりしたなら+ 25  もし私が多くの物を手にしたことで+増えた資産に喜んだなら+ 26  もし,輝く太陽*や,進んでいく明るい月を見て+ 27  私の心がひそかに誘われ,そうしたものを崇拝しようと自分の手に口づけしたなら+ 28  それは裁かれて処罰される過ちだ。天にいる真の神に背くことになるからだ。 29  私は敵が滅びるのを喜んだだろうか+彼らに悪が降り掛かるのを見てひそかに笑っただろうか。 30  私は,敵が災いに遭って死ぬようにと願うことはしなかった+そう願って言葉で罪を犯すことはしなかった。 31  私の天幕にいる人は,『ご主人の食物で満腹にならない人がどこにいるか』と言わなかっただろうか+ 32  私はよそから来た人*に外で夜を過ごさせはしなかった+旅人のために戸を開けた。 33  私はほかの人のように自分の違反を隠そうとしただろうか+自分の過ちを衣服の中に隠しただろうか。 34  私は群衆の反応を恐れただろうか。また,他の氏族に侮辱されるのを恐れて沈黙し,外に出るのが怖くなっただろうか。 35  誰かが聞いてくれればよいのに+私は自分が言ったことに署名しよう*全能者が答えてくださればよいのに+私を訴える方*が訴状を書いていればよいのに! 36  私はそれを肩に載せて運び,それを冠のように頭に置こう。 37  私は自分の行い全てについてその方に釈明し,地位が高い人のように堂々とその方に近づこう。 38  もし私の土地が私について不満を叫び,畝も一緒になって泣いたなら, 39  もし私が土地の産物をただで食べたり+土地の所有者を絶望させたりしたなら+ 40  私のために小麦の代わりにいばらが生え,大麦の代わりに悪臭のする雑草が生えるがよい」。ヨブの言葉は終わった。

脚注

もしかすると,「不正直な人と」。
または,「私の子孫は根絶される」。
または,「作物を引き抜く」。
もしかすると,「私が町の門の所で支持を得ていた」。
または,「肩甲骨」。
または,「関節」,「上腕骨」。
直訳,「光」。
または,「外国人居住者」。
または,「これが私の署名だ」。
または,「私を訴える人」。

注釈

メディア