内容へ

目次へ

聖書だけが生き残った

聖書だけが生き残った

歴史を通じて,聖書は最も広く流布した本です。これまでに48億冊が人々の手に渡ったと推定されています。2007年だけでも6,460万冊以上が発行されました。それに比べ,同じ年のフィクション部門のベストセラーは,米国での初版が1,200万冊でした。

そのように世界一の発行部数を誇る本となった聖書は,幾多の危機を切り抜けてきました。禁書に指定されたり焼かれたりし,翻訳者たちも弾圧されたり殺されたりしました。しかし,聖書にとって最大の脅威は,突然襲う激しい反対ではなく,徐々に進行する腐食でした。どうしてそう言えますか。

聖書は,66の書を1冊にまとめたものであり,最も古い幾つかの書は3,000年以上前に古代イスラエル人によって筆記もしくは編纂されました。霊感による音信の原文も,その写本も,パピルスや動物の皮といった傷みやすい材質のものに記されました。原本は一つも見つかっていませんが,古代の写本の大小様々な断片が発見されています。その一つはヨハネ福音書の断片で,使徒ヨハネが原本を書いてからわずか数十年後のものです。

「ヘブライ語聖書[旧約聖書]の本文は並外れた厳密さをもって伝えられてきた。ギリシャとラテンの古典でそれに匹敵するものはない」。―フリオ・トレボイェ・バレラ教授

聖書の写本が現存するということが注目に値するのはなぜでしょうか。現在の聖書の内容はどれほど原本に忠実ですか。

他の古代文書はどうなったか

聖書が生き残ってきたのは驚くべきことです。そのことは古代イスラエルと同じ時代の国々の文書がどうなったかを見るとよく分かります。一例として,西暦前の1,000年間にイスラエルの近隣にいたフェニキア人のことを考えてみましょう。海上交易に秀でたフェニキア人は,自分たちのアルファベット文字体系を地中海各地に広めました。そして,エジプトやギリシャ世界との大規模なパピルス交易で利益を上げました。とはいえ,ナショナル・ジオグラフィック誌(英語)はフェニキア人についてこう述べています。「彼らの文書は,大半がもろいパピルスに記され,朽ちてしまった。そのため,フェニキア人に関して我々が知っている事柄のほとんどは,フェニキアの敵国による偏見に満ちた情報に基づいている。フェニキア人は数多くの文学を生んだと言われているが,それらの書物は大昔にすっかり失われてしまった」。

古代エジプト人の文書はどうでしょうか。彼らが神殿の壁などに刻んだり書いたりした聖刻文字<ヒエログリフ>はよく知られています。さらにエジプト人は,筆記材料としてのパピルスの考案でも有名です。とはいえ,パピルスに書かれたエジプトの記録に関して,エジプト学者K・A・キッチンはこう述べています。「[西暦前]3000年ごろからギリシャ・ローマ時代の到来までの間に記されたパピルス文書の99%は,完全に消滅してしまったようである」。

 パピルスに書かれたローマの記録はどうですか。「パピルスに記されたローマの軍事記録」(英語)という本によると,ローマの兵士たちには年に3回給与が支給されたようであり,パピルスの支払い票に記録が付けられました。アウグスツスの治世(西暦前27年-西暦14年)からディオクレティアヌスの治世(西暦284-305年)までの300年間に,2億2,500万件の支払いが記録されたと推定されています。そのうちのどれくらいが今も残っているでしょうか。判読可能なものは二つしか見つかっていません。

パピルスに記された古代文書のうち,現存するものがそれほどまでに少ないのはなぜでしょうか。パピルス(および,同様に広く用いられた動物の皮など)は,湿度の高い場所ではすぐに腐ってしまうからです。「アンカー聖書辞典」(英語)はこう解説しています。「気候ゆえに,この時期[西暦前の1,000年間]のパピルス文書は,乾燥砂漠地帯の洞窟などの中にあったものだけが残ったようである」。

聖書本文はどうか

聖書の原文も,フェニキア人やエジプト人やローマ人が用いたような傷みやすい材質のものに書かれたと思われます。では,聖書が生き残り,世界一の発行部数を誇る本になったのはなぜでしょうか。ジェームズ・L・クーゲル教授は一つの理由を挙げています。原本からの写本が「すでに聖書時代に何度も何度も」作られていた,という点です。

現代の翻訳聖書と古代の写本を比べると,何と言えるでしょうか。死海文書と呼ばれる古代写本の研究と公開に携わった専門家チームの一員フリオ・トレボイェ・バレラ教授は,こう語っています。「ヘブライ語聖書の本文は並外れた厳密さをもって伝えられてきた。ギリシャとラテンの古典でそれに匹敵するものはない」。著名な聖書学者F・F・ブルースは,次のように述べています。「多くの古典作品の信憑性を疑う人などいないが,新約聖書に関する証拠資料は,それら古典作品の証拠資料をはるかに凌駕している。もし新約聖書が世俗の文書を集めたものであったなら,その信憑性に疑問が唱えられるようなことは決してないだろう」。こうしたコメントが示すとおり,聖書は実に特異な本です。あなたは,毎日,時間を取って聖書を読んでおられますか。―ペテロ第一 1:24,25

現在でも,ヘブライ語聖書(旧約聖書)の手書き写本が約6,000,ギリシャ語聖書(新約聖書)の写本が約5,000残っている