内容へ

目次へ

 インタビュー | 許 岩得

発生学者が自分の信仰について語る

発生学者が自分の信仰について語る

許 岩得 教授​は,台湾​の​国立​屏東​科​技​大学​で,胚​の​発生​を​研究​する​チーム​の​主任​を​務め​て​い​ます。以前​は​進化​論​を​信じ​て​い​まし​た​が,研究​者​に​なっ​て​から​考え​を​変え​まし​た。その​理由​を​本誌​に​こう​語っ​て​い​ます。

生い立ち​に​つい​て​少し​話​し​て​いただけ​ます​か。

わたし​は​1966​年​に​台湾​で​生まれ,そこで​育ち​まし​た。両親​は​道教​も​仏教​も​信じ​て​い​まし​た。わたしたち​家族​は​先祖​を​崇拝​し,像​を​拝ん​で​い​まし​た​が,人格​を​持つ​創造​者​と​いう​概念​は​全く​あり​ませ​ん​でし​た。

生物​学​を​学ん​だ​の​は​なぜ​です​か。

子ども​の​ころ​は,ペット​の​世話​を​する​の​が​好き​で,どう​すれ​ば​動物​や​人間​を​苦しみ​から​解放​できる​か,知り​たい​と​思っ​て​い​まし​た。獣医​学​を​少し​学び,その​後,発生​学​を​研究​し​まし​た。生命​の​起源​も​理解​できる​だろ​う​と​思っ​た​から​です。

当時​は​進化​論​を​信じ​て​おら​れ​まし​た​ね。なぜ​です​か。

大学​の​教授​たち​が​進化​論​を​教え​て​い​て,科学​的​な​裏づけ​も​ある,と​主張​し​て​い​た​から​です。それ​で​信じ​まし​た。

聖書​を​読む​よう​に​なっ​た​の​は,なぜ​です​か。

理由​は​2​つ​あり​ます。1​つ​は,「世​の​中​で​多く​の​神々​が​崇拝​さ​れ​て​いる​以上,一番​偉い​神​が​いる​はず​だ​が,それ​は​どの​神​な​の​か」と​考え​た​こと​です。もう​1​つ​は,人々​が​聖書​に​深い​敬意​を​払っ​て​いる​こと​です。それで,聖書​を​もっと​知り​たい​と​思い​まし​た。

1992​年,ベルギー​の​ルーヴァン​・​カトリック​大学​で​研究​を​始め​た​ころ,ある​カトリック​教会​に​行き,聖書​を​理解​できる​よう​助け​て​ほしい​と​司祭​に​頼み​まし​た。でも,断わら​れ​まし​た。

では,疑問​の​答え​は​どの​よう​に​し​て​得​られ​た​の​です​か。

2​年​後,ベルギー​の​大学​で​研究​を​続け​て​い​た​時,ルース​と​いう​ポーランド​人​女性​に​会い​まし​た。この​人​は​エホバ​の​証人​で,神​の​こと​を​知り​たい​と​思っ​て​いる​中国​人​の​大学​生​を​助ける​ため,中国​語​を​学ん​で​い​まし​た。わたし​は​そういう​助け​を​求め​て​祈っ​て​い​た​の​で,ルース​に​会え​て​とても​うれしく​思い​まし​た。

ルース​は,聖書​は​科学​の​本​で​は​ない​が​科学​と​一致​し​て​いる,と​教え​て​くれ​まし​た。その​一つ​の​例​は,聖書​筆者​ダビデ​が​神​へ​の​祈り​の​中​で​述べ​た​次​の​言葉​です。「あなた​の​目​は​胎児​の​とき​の​わたし​を​も​ご覧​に​なり​まし​た。あなた​の​書​に​その​すべて​の​部分​が​書き記さ​れ​て​い​まし​た。それ​が​形造ら​れ​た​日々​に​つい​て,しかも,それら​の​うち​の​一つ​も​まだ​なかっ​た​の​に」。(詩編 139:16)ダビデ​は​詩的​な​表現​を​用い​て​い​ます​が,正しい​こと​を​述べ​て​い​まし​た。体​の​各部​が​形造ら​れる​前​に,それら​の​成長​に​関する​指令​すべて​は​すでに​書き記さ​れ​て​いる​の​です。聖書​の​正確​さ​を​知っ​て,聖書​が​神​の​言葉​で​ある​こと​を​確信​し​まし​た。また,唯一​まこと​の​神​エホバ​が​存在​する​こと​を​理解​する​よう​に​なり​まし​た。 1

 生命​が​神​に​よっ​て​創造​さ​れ​た​こと​を​確信​でき​た​の​は,なぜ​です​か。

科学​の​研究​が​目指す​の​は,固定​観念​に​従う​こと​で​は​なく,真理​を​見いだす​こと​です。わたし​は​生物​の​胚​の​成長​を​研究​し​て,見方​が​変わり​まし​た。生命​は​創造​さ​れ​た,と​いう​結論​に​達し​た​の​です。例え​で​言え​ば​こう​いう​こと​です。技術​者​は​製品​の​組立​ライン​を​設計​する​際,各々​の​パーツ​が​適切​な​順序​で,適切​な​方法​で​組み合わさ​れる​よう​に​し​ます。胚​の​成長​過程​も​それ​と​やや​似​て​い​ます​が,はるか​に​複雑​です。

すべて​の​過程​は​1​個​の​受精​卵​から​始まる​の​です​ね?

そう​です。その​後​この​微小​な​細胞​が​2​つ​に​分かれ,細胞​分裂​の​過程​が​始まり​ます。細胞​の​数​は​しばらく​の​間,12​時間​ない​し​24​時間​ごと​に​2​倍​に​なっ​て​ゆき​ます。初期​の​段階​で,幹​細胞​と​呼ば​れる​細胞​が​形成​さ​れ​ます。 2 1​個​の​受精​卵​が​赤ちゃん​に​成長​する​に​は​200​種類​ほど​の​細胞​が​必要​です​が,幹​細胞​から,その​ほとんど​すべて​が​作り出さ​れ​ます。赤血球​や​骨​細胞​や​神経​細胞​など​が​作り出さ​れる​の​です。

生物​の​胚​の​成長​を​研究​し​て,生命​は​創造​さ​れ​た,と​いう​結論​に​達し​まし​た

適切​な​細胞​が,適切​な​順序​で,適切​な​場所​に​形成​さ​れ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。まず​細胞​が​集まっ​て​組織​に​なり,組織​が​集まっ​て​体​の​器官​や​四肢​に​なり​ます。その​よう​な​プロセス​の​指令​を​書く​こと​など,どんな​技術​者​に​も​でき​ませ​ん。ところが,胚​の​成長​に​関する​指令​は,DNA​の​中​に​見事​に​書き記さ​れ​て​いる​の​です。わたし​は,その​素晴らしさ​の​ゆえに,生命​は​神​に​よっ​て​設計​さ​れ​た​の​だ​と​確信​し​まし​た。

エホバ​の​証人​に​なっ​た​の​は,なぜ​です​か。

一言​で​言え​ば,愛​です。「あなた方​の​間​に​愛​が​あれ​ば,それ​に​よっ​て​すべて​の​人​は,あなた方​が​わたし​の​弟子​で​ある​こと​を​知る​の​です」と​イエス​・​キリスト​は​語り​まし​た。(ヨハネ 13:35)その​愛​は,国籍​や​文化​や​肌​の​色​に​左右​さ​れ​ない,公平​な​もの​です。わたし​は​エホバ​の​証人​と​交流​を​持つ​よう​に​なっ​て,その​よう​な​愛​を​この​目​で​見,実際​に​体験​し​まし​た。

^ 2. 許 岩得 教授​は​クリスチャン​と​し​て​の​良心​ゆえ​に,人間​の​胚​幹​細胞​の​研究​は​行なっ​て​い​ませ​ん。