内容へ

目次へ

「行って,すべての国の人々を弟子とし……なさい」

「行って,すべての国の人々を弟子とし……なさい」

「行っ​て,すべて​の​国​の​人々​を​弟子​と​し,……彼ら​に​バプテスマ​を​施し,わたし​が​あなた方​に​命令​し​た​事柄​すべて​を​守り行なう​よう​に​教え​なさい」。―マタ 28:19,20

歌: 141,97

1,2. マタイ 24​章​14​節​に​ある​イエス​の​言葉​に​関し​て,どんな​質問​が​生じ​ます​か。

エホバ​の​証人​は​熱心​な​伝道​活動​で​よく​知ら​れ​て​い​ます。エホバ​の​証人​に​好意​的​な​人​も​そう​で​ない​人​も,その​点​は​否定​し​ない​でしょ​う。「皆さん​と​は​考え方​が​違い​ます​が,熱心​に​伝道​し​て​いる​の​は​りっぱ​だ​と​思い​ます」と​言う​人​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。イエス​は,王国​の​良い​たより​が​人​の​住む​全地​で​宣べ伝え​られる,と​予告​し​まし​た。(マタ 24:14)エホバ​の​証人​は,自分​たち​が​イエス​の​予告​し​た​この​活動​を​行なっ​て​いる​と​考え​て​い​ます。そう​考える​の​は​せん越​な​こと​です​か。エホバ​の​証人​の​活動​が​イエス​の​預言​の​成就​だ​と​言える​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

2 多く​の​宗教​団体​は,自分​たち​が​福音​つまり​良い​たより​を​伝え​て​いる​と​考え​て​い​ます。しかし​多く​の​場合,自分​が​信者​に​なっ​た​いきさつ​を​語っ​たり,教会​で​説教​を​し​たり,テレビ​や​インターネット​など​を​通し​て​講話​を​し​たり​する​だけ​です。慈善​活動​や,医療,教育​の​分野​で​の​活動​に​従事​し​て​いる​団体​も​あり​ます。しかし,そう​し​た​活動​を​し​て​いれ​ ば,イエス​の​命じ​た​事柄​を​行なっ​て​いる​こと​に​なる​の​でしょ​う​か。

3. マタイ 28​章​19,20​節​に​よる​と,イエス​の​追随​者​に​は​どんな​4​つ​の​行動​が​求め​られ​ます​か。

3 イエス​の​弟子​たち​は,人々​が​来る​の​を​待っ​て​いれ​ば​よかっ​た​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は​復活​後,幾百​人​も​の​弟子​たち​に​こう​告げ​まし​た。「行っ​て,すべて​の​国​の​人々​を​弟子​と​し,……彼ら​に​バプテスマ​を​施し,わたし​が​あなた方​に​命令​し​た​事柄​すべて​を​守り行なう​よう​に​教え​なさい」。(マタ 28:19,20)ここ​で​は​4​つ​の​行動​が​求め​られ​て​い​ます。人々​を​弟子​と​し,彼ら​に​バプテスマ​を​施し,彼ら​を​教え​なけれ​ば​なり​ませ​ん。しかし,その​前​に​行なう​べき​こと​が​あり​ます。イエス​は,「行[く]」よう​に​と​命じ​まし​た。ある​聖書​学​者​は​こう​説明​し​て​い​ます。「『行く』こと​は​信者​各自​の​務め​で​ある。通り​の​向こう​で​あれ,海​の​向こう​で​あれ,出かけ​て​行く​必要​が​ある​の​だ」。―マタ 10:7。ルカ 10:3

4. イエス​は,「人​を​すなどる​者」と​なる​よう​弟子​たち​を​招い​た​時,どんな​漁​に​つい​て​述べ​て​い​まし​た​か。

4 イエス​は,弟子​たち​が​個人​で​行なう​活動​に​つい​て​述べ​て​い​た​の​でしょ​う​か。それとも,大勢​で​組織​的​に​行なう​活動​に​つい​て​述べ​て​い​た​の​でしょ​う​か。1​人​の​弟子​が「すべて​の​国」に​行く​こと​は​不可能​でしょ​う。ですから,イエス​の​命令​に​従う​に​は,多く​の​人​に​よる​組織​的​な​努力​が​必要​です。イエス​は,「人​を​すなどる​者」と​なる​よう​弟子​たち​を​招い​た​時,その​こと​を​言わ​ん​と​し​て​い​まし​た。マタイ 4:18‐22を​読む。)イエス​が​ここ​で​述べ​て​い​た​の​は,どんな​漁​の​こと​です​か。それ​は,独り​で​釣り糸​を​垂れ,魚​が​かかる​の​を​じっ​と​待つ​方法​で​は​あり​ませ​ん。漁網​を​使い,多く​の​漁師​が​力​を​合わせ​て​行なう​漁​の​こと​でし​た。―ルカ 5:1‐11

5. どんな​4​つ​の​点​を​考える​必要​が​あり​ます​か。そう​する​こと​に​は​どんな​益​が​あり​ます​か。

5 イエス​の​預言​し​た​宣べ伝える​活動​を​行なっ​て​いる​の​が​だれ​か​を​知る​に​は,次​の​4​つ​の​点​を​考える​必要​が​あり​ます。

  • どんな​音信​を​宣べ伝える​べき​か。

  • どんな​動機​で​宣べ伝える​べき​か。

  • どんな​方法​で​宣べ伝える​べき​か。

  • どれ​ほど​の​規模​で,いつ​まで​宣べ伝える​べき​か。

こう​し​た​点​に​つい​て​考える​なら,この​命​を​救う​活動​を​行なっ​て​いる​の​が​だれ​か​を​知る​こと​が​でき​ます。また,その​活動​を​忠実​に​行ない​続ける​決意​も​強まり​ます。―テモ​一 4:16

どんな​音信​を​宣べ伝える​べき​か

6. エホバ​の​証人​は​伝える​べき​音信​を​伝え​て​いる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

6 ルカ 4:43を​読む。イエス​は「王国​の​良い​たより」を​宣べ伝え​まし​た。そして,弟子​たち​が​その​同じ​音信​を​伝える​こと​を​期待​し​て​おら​れ​ます。その​音信​を「すべて​の​国」で​伝え​て​いる​の​は,どの​グループ​です​か。答え​は​明白​です。エホバ​の​証人​だけ​です。反対​者​たち​で​さえ,その​点​を​認め​て​い​ます。例えば,宣教​師​の​一​司祭​は​ある​エホバ​の​証人​に​対し​て,「わたし​は​これ​まで​に​住ん​だ​いろいろ​な​国​の​エホバ​の​証人​に,何​に​つい​て​伝道​し​て​いる​の​か​と​尋ね​た」と​言い​まし​た。証人​たち​から​どんな​答え​が​返っ​て​き​た​でしょ​う​か。司祭​は​こう​述べ​て​い​ます。「愚か​に​も,だれ​も​が『王国​の​良い​たより』など​と​言う」。しかし,これ​は​決して「愚か」な​こと​で​は​あり​ませ​ん。それら​の​証人​たち​は,真​の​クリスチャン​に​ふさわしく,語る​事柄​が​一致​し​て​い​た​の​です。(コリ​一 1:10)エホバ​の​証人​が​用い​て​いる「エホバ​ の​王国​を​告げ知らせる ものみの塔」の​主要​な​テーマ​も​神​の​王国​です。「ものみの塔」誌​は​254​の​言語​で​入手​でき,毎号​平均​5900万​部​近く​出版​さ​れ​て​い​ます。世界​で​最も​出版​部数​の​多い​雑誌​です。

7. キリスト​教​世界​の​聖職​者​たち​は,伝える​べき​音信​を​伝え​て​い​ませ​ん。そう​言える​の​は​なぜ​です​か。

7 キリスト​教​世界​の​聖職​者​たち​は,神​の​王国を​宣べ伝え​て​い​ませ​ん。神​の​王国​に​つい​て​語る​と​し​て​も,それ​は​クリスチャン​の​感情​や​心​の​状態​だ​と​言い​ます。(ルカ 17:21)彼ら​は,神​の​王国​が​イエス​・​キリスト​を​支配​者​と​する​天​の​政府​で​ある​こと​を​教え​て​い​ませ​ん。また,王国​が​人類​の​問題​すべて​を​解決​する​こと​や,間​も​なく​地上​から​すべて​の​悪​を​除き去る​こと​も​伝え​て​い​ませ​ん。(啓 19:11‐21)クリスマス​や​イースター​の​時​に​イエス​の​こと​を​話す​程度​です。イエス​が​地​の​新しい​支配​者​と​し​て​行なう​事柄​に​つい​て​は​知ら​ない​よう​です。どんな​音信​を​伝える​べき​か​を​見失っ​て​いる​の​ですから,どんな​動機​で​伝える​べき​か​を​見失っ​て​いる​の​も​当然​で​は​ない​でしょ​う​か。

どんな​動機​で​宣べ伝える​べき​か

8. どんな​動機​で​宣べ伝える​の​は​間違っ​て​い​ます​か。

8 どんな​動機​で​宣べ伝える​べき​でしょ​う​か。お金​を​集め​たり​豪華​な​建物​を​建て​たり​する​ため​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は​弟子​たち​に,「あなた方​は​ただ​で​受け​た​の​です,ただ​で​与え​なさい」と​命じ​まし​た。(マタ 10:8)神​の​言葉​を​営利​目的​で​用いる​べき​で​は​あり​ませ​ん。(コリ​二 2:17,脚注)イエス​の​追随​者​は,宣べ伝える​活動​に​よっ​て​個人​的​な​利益​を​得​よう​と​す​べき​で​は​あり​ませ​ん。使徒 20:33‐35を​読む。)これ​ほど​はっきり​指示​さ​れ​て​いる​に​も​かかわら​ず,ほとんど​の​教会​は​資金​集め​に​奔走​し,財政​的​に​生き残る​こと​に​必死​に​なっ​て​い​ます。有給​の​聖職​者​や​大勢​の​職員​を​養わ​なけれ​ば​なら​ない​の​です。また,キリスト​教​世界​の​指導​者​の​多く​は,多額​の​財産​を​築い​て​い​ます。―啓 17:4,5

9. エホバ​の​証人​は,正しい​動機​で​宣べ伝え​て​いる​こと​を​どの​よう​に​示し​て​き​まし​た​か。

9 エホバ​の​証人​は​どの​よう​に​資金​を​賄っ​て​いる​でしょ​う​か。その​活動​は​自発​的​な​寄付​に​よっ​て​支え​られ​て​い​ます。(コリ​二 9:7王国​会館​や​大会​会場​で​寄付​が​徴収​さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。エホバ​の​証人​は​昨年​だけ​で​も,良い​たより​を​宣べ伝える​活動​に​19億3000万​時間​を​費やし,無料​の​聖書​研究​を​毎月​900万​件​以上​司会​し​まし​た。注目​できる​の​は,エホバ​の​証人​が​こう​し​た​活動​の​ため​に​給料​を​もらっ​て​い​ない​だけ​で​なく,必要​な​費用​を​喜ん​で​負担​し​て​いる​こと​です。ある​研究​者​は,エホバ​の​証人​の​活動​に​つい​て​こう​述べ​まし​た。「主​な​目的​は​伝道​し,教える​こと​で​ある。……聖職​者​が​い​ないため,経費​が​かなり​抑え​られ​て​いる」。では,わたしたち​は​どんな​動機​で​宣べ伝え​て​い​ます​か。簡単​に​言う​と,エホバ​と​隣人​を​愛し​て​いる​ゆえ​に,自ら​進ん​で​宣べ伝え​て​い​ます。この​精神​は,詩編 110​編​3​節​に​ある​預言​の​成就​です。(読む。)

どんな​方法​で​宣べ伝える​べき​か

どこ​で​も​人々​の​いる​所​で​宣べ伝える(10​節​を​参照)

10. イエス​と​弟子​たち​は,どんな​方法​で​宣べ伝え​まし​た​か。

10 イエス​と​弟子​たち​は,どんな​方法​で​良い​たより​を​宣べ伝え​まし​た​か。公​の​場所​で​も​家々​で​も,人​の​いる​所​なら​どこ​へ​で​も​出かけ​て​行き​まし​た。家​から​家​を​訪ね​て,ふさわしい​人々​を​捜し出す​よう​努力​し​まし​た。(マタ 10:11。ルカ 8:1。使徒 5:42; 20:20)この​組織​的​な​方法​に​は,公平​さ​が​表われ​て​い​ます。

11,12. 宣教​へ​の​取り組み​方​の​点​で,キリスト​教​世界​と​エホバ​の​民​は​どの​よう​に​異なっ​て​い​ます​か。

 11 キリスト​教​世界​の​諸​教会​は,イエス​と​同じ​方法​で​宣べ伝え​て​き​た​でしょ​う​か。ほとんど​の​教会​員​は,宣教​を​有給​の​聖職​者​任せ​に​し​て​い​ます。しかし,キリスト​教​世界​の​聖職​者​は,「人​を​すなどる​者」と​なる​こと​より​も,すでに​いる「魚」を​逃がさ​ない​こと​に​思い​が​向い​て​いる​よう​です。一部​の​聖職​者​たち​が,ある​種​の​福音​伝道​を​推し進め​よう​と​する​こと​が​ある​の​は​事実​です。例えば,2001​年​の​初め,教皇​ヨハネ​・​パウロ​2​世​は​書簡​の​中​で​こう​述べ​まし​た。「ここ​数​年,わたし​は​新しい​福音​宣教​に​加わる​よう​繰り返し​呼びかけ​て​き​まし​た。いま​再び​この​呼びかけ​を​し​ます。……わたしたち​は,パウロ​の​燃える​よう​な​確信​を​自ら​の​内​に​呼び覚まさ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。パウロ​は​こう​述べ​まし​た。『もし​福音​を​宣明​し​ない​と​すれ​ば,わたし​に​とっ​て​災い​と​なる』」。教皇​は​この​務め​に​つい​て,「“専門​家​たち”だけ​に​任せ​て​おく​こと​は​でき​ませ​ん。神​の​民​すべて​の​責任​な​の​です」と​も​述べ​まし​た。しかし,どれ​ほど​の​人​が​この​呼びかけ​に​応じ​て​き​た​でしょ​う​か。

12 エホバ​の​証人​は​宣教​に​どの​よう​に​取り組ん​で​き​まし​た​か。イエス​が​1914​年​以来​王​と​し​て​支配​し​て​いる​こと​を​宣べ伝え​て​いる​の​は,エホバ​の​証人​だけ​です。エホバ​の​証人​は​イエス​の​指示​どおり,宣べ伝える​活動​に​重き​を​置い​て​い​ます。(マル 13:10)「信仰​の​柱 アメリカ​の​諸​教会​と​その​パートナー」(英語)と​いう​本​に​は,「エホバ​の​証人​は,他​の​何事​より​も​伝道​を​中心​と​し​て​いる」と​あり​ます。また,その​本​の​著者​は,ある​エホバ​の​証人​の​語っ​た​事柄​に​基づき,こう​も​述べ​て​い​ます。「[彼ら​は]人​が​空腹​や​寂しさ​や​病気​に​苦しん​で​いる​なら,助け​よう​と​努める。……しかし​自分​たち​の​本分​が,世​の​終わり​と​救い​の​必要​性​に​関する​霊的​メッセージ​を​伝える​こと​で​ある​の​を​片時​も​忘れ​て​い​ない」。エホバ​の​証人​は,イエス​や​弟子​たち​と​同じ​方法​で​その​メッセージ​を​伝え​続け​て​い​ます。

どれ​ほど​の​規模​で,いつ​まで​宣べ伝える​べき​か

13. どれ​ほど​の​規模​で​宣べ伝える​べき​です​か。

13 イエス​は,良い​たより​が「人​の​住む​全地​で」宣べ伝え​られる​と​言い​まし​た。(マタ 24:14)また,「すべて​の​国​の​人々」を​弟子​と​する​よう​命じ​まし​た。(マタ 28:19,20)ですから,この​活動​は​全​世界​で​行なわ​れる​必要​が​あり​ます。

14,15. エホバ​の​証人​は​伝道​活動​の​規模​の​点​で​イエス​の​預言​を​成就​し​て​いる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)

14 エホバ​の​証人​は,伝道​活動​の​規模​の​点​で​イエス​の​預言​を​成就​し​て​い​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。次​の​点​を​考え​て​ください。米国​に​は,キリスト​教​の​様々​な​宗派​の​聖職​者​が​約​60万​人​い​ます​が,エホバ​の​証人​は​120万​人​ほど​い​ます。また,世界​に​は,ローマ​・​カトリック​ 教会​の​司祭​が​40万​人​ほど​い​ます。では,聖書​に​基づく​王国​伝道​を​行なっ​て​いる​エホバ​の​証人​は​どれ​ほど​いる​でしょ​う​か。世界​の​240​の​国​や​地域​で​宣べ伝え​て​いる​奉仕​者​の​数​は​約​800万​人​に​上り​ます。エホバ​に​賛美​と​栄光​を​もたらす,大々的​な​伝道​活動​が​行なわ​れ​て​い​ます。―詩 34:1; 51:15

15 エホバ​の​証人​は,終わり​が​来る​前​に,できる​限り​多く​の​人​に​良い​たより​を​伝え​たい​と​願っ​て​い​ます。その​ため,聖書​文書​の​翻訳​と​出版に​力​を​注い​で​い​ます。多く​の​書籍​や​雑誌​や​パンフレット,また​大会​や​記念​式​の​招待​状​を​無料​で​配布​し​て​い​ます。出版​言語​数​は​700​を​超え​て​い​ます。「新​世界​訳​聖書」は​130​以上​の​言語​で​2億​冊​以上​出版​さ​れ​て​き​まし​た。昨年​だけ​で​も,約​45億​冊​の​聖書​文書​が​出版​さ​れ​まし​た。公式​ウェブサイト​に​載せ​られ​て​いる​情報​の​言語​数​は​750​を​超え​ます。これ​ほど​の​規模​で​活動​し​て​いる​の​は,エホバ​の​証人​だけ​です。

16. エホバ​の​証人​は​神​の​聖霊​を​受け​て​いる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

16 伝道​活動​は​いつ​まで​続く​こと​に​なっ​て​い​ます​か。イエス​は,この​世界​的​な​活動​が​終わり​の​日​の​間​ずっ​と​続き,「それ​から​終わり​が​来る」と​述べ​まし​た。この​重要​な​終わり​の​日​に,良い​たより​の​伝道​を​続け​て​き​た​宗教​団体​が​ほか​に​ある​でしょ​う​か。中​に​は,「あなた方​は​確か​に​伝道​し​て​いる​が,聖霊​を​受け​て​いる​の​は​わたしたち​だ」と​言う​家​の​人​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,わたしたち​が​伝道​を​継続​でき​て​いる​の​は,神​の​霊​を​受け​て​いる​証拠​で​は​ない​でしょ​う​か。(使徒 1:8。ペテ​一 4:14)エホバ​の​証人​と​同じ​よう​な​方法​で​伝道​し​よう​と​する​宗教​団体​も​あり​ます​が,たいてい​失敗​に​終わっ​て​い​ます。一定​期間,宣教​師​と​し​て​活動​し,その​後​は​普通​の​生活​に​戻っ​て​しまう​人​たち​も​い​ます。戸別​伝道​を​する​人​たち​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん​が,その​人​たち​は​王国​の​良い​たより​を​伝え​て​は​い​ない​でしょ​う。ですから,キリスト​の​命じ​た​活動​を​行なっ​て​いる​と​は​言え​ませ​ん。

今日,良い​たより​を​宣べ伝え​て​いる​の​は​だれ​か

17,18. (イ)今日,王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​て​いる​の​は​エホバ​の​証人​で​ある,と​言える​の​は​なぜ​です​か。(ロ)わたしたち​が​この​活動​を​続け​られる​の​は​なぜ​です​か。

17 では​今日,王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​て​いる​の​は​だれ​です​か。強い​確信​を​もっ​て,「エホバ​の​証人​です」と​言え​ます。なぜ​です​か。わたしたち​は​伝える​べき​音信,つまり​王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​て​いる​から​です。また,人々​の​ところ​に​行く​と​いう​正しい​方法​で​宣べ伝え​て​い​ます。そして​正しい​動機​で,つまり,金銭​上​の​利益​を​得る​ため​で​は​なく​愛​に​動かさ​れ​て​宣べ伝え​て​い​ます。エホバ​の​証人​の​活動​は​最大​の​規模​で​行なわ​れ,すべて​の​国​や​言語​の​人々​に​音信​を​伝える​努力​が​払わ​れ​て​い​ます。わたしたち​は​この​活動​を​終わり​が​来る​まで,ずっ​と​行ない​続け​ます。

18 神​の​民​は,この​興奮​を​誘う​時代​に​実​に​驚く​べき​活動​を​行なっ​て​い​ます。しかし,こう​し​た​活動​を​行なえる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。使徒​パウロ​は​フィリピ​人​へ​の​手紙​の​中​で​こう​述べ​て​い​ます。「神​が,ご自分​の​喜び​と​なる​こと​の​ため,あなた方​が​志し​かつ​行動​する​よう​に​と,あなた方​の​中​で​行動​し​て​おら​れる​から​です」。(フィリ 2:13)では,愛​ある​父​に​引き続き​力​を​求め,最善​を​尽くし​て​奉仕​の​務め​を​果たして​ゆき​ましょ​う。―テモ​二 4:5