コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 2:1-17

2  わたしは,みなさんへのつぎほうもんかなしみのほうもんにならないようにしようとめました。  わたしみなさんをかなしませたら,いったいだれわたしげんづけてくれるでしょうか。わたしかなしませたひとしかいません。  わたしがあのようにいたのは,そちらにときみなさんについてかなしむことがないようにし,よろこべるようにするためです。わたしよろこことがらみなさんもよろこぶということをかくしんしているのです。  わたしおおきななんのうなかで,なみだながらにがみきました。みなさんをかなしませたかったのではなく+みなさんへのあいふかさをってもらいたかったからです。  だれかがかなしみをもたらしたのであれば+わたしをではなくみなさんをいくらかかなしませたことになります。いくらかというのはやわらげたかたです。  そのひとにはすうひとからすでにしっせきあたえられており,それでじゅうぶんです。  いまやさしくゆるしてなぐさめるべきです+。そのひとがあまりのかなしみにちのめされてしまわないためです+  それでみなさんにすすめます。みなさんのあいをそのひとかくしんさせてください+  わたしがみいたのは,みなさんがすべてのことについてじゅうじゅんかどうかをたしかめるためでもあります。 10  なにかのことでみなさんがだれかをゆるすなら,わたしもそうします。わたしがこれまでにゆるしたことがらはどれも(わたしなにかをゆるしたのであればですが),キリストのまえみなさんのためにしたことです。 11  わたしたちがサタンにまれない*ようにするためです+わたしたちはサタンのぐち*らないわけではありません+ 12  わたしがキリストについてのらせをひろめるためにトロアス+き,しゅかつどうへのとびらひらかれたとき 13  わたしきょうだいテトス+えなかったのでちがきませんでした。それでみなわかれをげてマケドニア+かいました。 14  かみかんしゃしましょう! かみは,キリストとともしょうこうしんをするようわたしたちをつねみちびき,わたしたちをもちいてごぶんについてのしきかおりをいたところただよわせています。 15  すくわれようとしているひとたちとほろびようとしているひとたちのなかで,わたしたちはかみにとってキリストのあまかおりです。 16  それは,ほろびようとしているひとたちにとってはいたにお+すくわれようとしているひとたちにとってはいのちいたいのちかおりです。では,こうしたつとめをたすかくじゅうぶんにあるのはだれでしょうか。 17  わたしたちです。わたしたちは,おおくのひとがしているようにかみことあるいたりせず+かみからつかわされたものとして,かみまえでキリストとともに,ひたすらせいじつかたっているからです。

脚注

または,「だまされない」。
または,「策略」,「意図」。

注釈

メディア