ルカ​に​よる​福音​書 17:1-37

17  イエスは弟子たちに言った。「信仰の妨げとなるものが生じることは避けられませんが,その経路となる人には災いがあります+  その人にとっては,これら目立たない人1人の信仰を妨げるよりは,石臼を首に掛けられて海に投げ込まれる方がよいのです+  注意していなさい。仲間*が罪を犯すなら強く警告し+,悔い改めるなら許してあげなさい+  その人が1日に7回あなたに罪を犯し,7回戻ってきて『悔い改めます』と言うとしても,許さなければなりません+」。  さて,使徒たちが主イエスに言った。「さらに信仰を与えてください+」。  主は言った。「からしの種ほどの信仰があったなら,この黒桑の木に,『引き抜かれて海に根を下ろせ!』と言っても,この木は従うでしょう+  あなたたちのうちの誰が,畑を耕したり羊の番をしたりする奴隷が戻った時に,『すぐここに来て,食卓に着いて食事をしなさい』と言うでしょうか。  そうではなく,『私の夕食のために何か用意し,前掛けをして,私が食べたり飲んだりし終わるまで給仕しなさい。その後は,食べたり飲んだりして構いません』と言うのではありませんか。  奴隷が割り当てられたことをしたからといって,ありがたく感じたりするでしょうか。 10  あなたたちも,割り当てられたことを全部した時,『私たちは役に立たない奴隷です。当然すべきことをしたまでです』と言いなさい+」。 11  イエスはエルサレムに行く途中,サマリアとガリラヤの間を通っていた。 12  ある村に入っていくと,重い皮膚病の人10人がイエスを見て,離れた所で立ち上がり+ 13  声を上げて言った。「イエス,先生,憐れみをお掛けください!」 14  イエスはその人たちを見て,言った。「自分を祭司に見せに行きなさい+」。その人たちは出掛けていく途中で癒やされた+ 15  そのうちの1人は,癒やされたことに気付き,大声で神をたたえながら戻ってきた。 16  そしてイエスの足元にひれ伏して感謝した。しかも,その人はサマリア人だった+ 17  それでイエスは言った。「10人全員が癒やされたのではありませんか。では,ほかの9人はどこにいるのですか。 18  神をたたえるために戻ってきたのは,この他国の人だけなのですか」。 19  そしてその人に言った。「立って,行きなさい。あなたが良くなった*のは信仰があったからです+」。 20  イエスは,神の王国がいつ来るのか+をパリサイ派の人たちから尋ねられた時,こう答えた。「神の王国は目立つ様子で来るのではなく, 21  また人々が『ここを見なさい!』とか『そこを!』とか言うのでもありません。見なさい,神の王国はあなた方のただ中にあります+」。 22  それからイエスは弟子たちに言った。「あなたたちが人の子の時代を1日でも見たいと願う時が来ます。しかし,見られません+ 23  そして人々が『そこを見なさい!』とか『ここを見なさい!』とか言います。出ていったり後を追い掛けたりしてはなりません+ 24  人の子+は自分の日には,天の一方から他方まで光り輝く稲妻のようだからです+ 25  しかし,まず人の子は必ず多くの苦しみに遭い,この世代から退けられます+ 26  また,人の子の時代にはちょうどノアの時代+のようなことが生じます+ 27  ノアが箱船に入る日まで+,人々は食べたり,飲んだり,結婚したりしていました。そして,洪水が来て全ての人を滅ぼしました+ 28  同じく,ちょうどロトの時代のようなことが生じます+。人々は食べたり,飲んだり,買ったり,売ったり,植えたり,建てたりしていました。 29  しかし,ロトがソドムから出た日に天から火と硫黄が降って全ての人を滅ぼしました+ 30  人の子が現れる日+も同様です。 31  その日,屋上にいる人は,家の中に持ち物があっても取りに下りてはならず,畑に出ている人も,物を取りに帰ってはなりません+ 32  ロトの妻のことを思い出しなさい+ 33  自分の命を安全に守ろうとする人はそれを失いますが,自分の命を失う人はそれを救います+ 34  あなたたちに言いますが,その夜,2人が1つの寝床にいて,一方は連れていかれ,他方は捨てられます+ 35  2人の女性が同じひき臼を回していて,一方は連れていかれ,他方は捨てられます」。 36  ― 37  それで弟子たちは言った。「主よ,どこでですか」。イエスは言った。「死体のある所にはワシも集まります+」。

脚注

直訳,「兄弟」。
または,「救われた」。

注釈

信仰の妨げとなるもの: 「信仰の妨げとなるもの」と訳されているギリシャ語スカンダロンは,元々わなを指していたと考えられている。わなの中の餌の付いた棒のことだと考える人もいる。転じてこの語は,人をつまずかせたり倒れさせたりする障害物を指すようになった。比喩的な意味で,人を誤った歩み,道徳的な堕落,罪へと至らせる行動や状況を指す。この語と関係のある動詞スカンダリゾーはルカ 17:2で「信仰を妨げる」と訳されており,「わなとなる」,「罪を犯させる」とも訳せる。

77: 直訳,「7の70倍」。このギリシャ語の表現は,「70と7(77)」,あるいは「70掛ける7(490)」のどちらの意味にも取ることができる。「77」という訳し方を支持する例として,セプトゥアギンタ訳の創 4:24では,ヘブライ語の「77」という表現がここと同じ言い回しで訳されている。どちらの解釈だとしても,数字の7を繰り返すと,「定めなく」または「無制限に」という意味になる。イエスは,ペテロの言った7回を訂正して77回とすることにより,許す回数に限度はないことを弟子たちに教えていた。対照的に,バビロニア・タルムード(ヨマー 86b)はこう述べている。「人は違反を犯した場合,1回目,2回目,3回目は許され,4回目は許されない」。

1日に7回: ペテロはこの表現を聞いて,以前にイエスが与えた答えを思い出したかもしれない。その時ペテロは,仲間を何回許すべきかを尋ね,イエスは「77回です」と答えた。(マタ 18:22の注釈を参照。)イエスのいずれの言葉も文字通りに取るべきではない。ここで「7回」は,何度でもという考えを伝えている。(詩 119:164の「日に7回」という表現と比較。それは,繰り返し,絶えず,いつもという考えを伝えている。)クリスチャンでも仲間に対して1日のうちに7回罪を犯し,7回悔い改めることがあるかもしれない。それでも叱られて悔い改めるなら,罪を犯したクリスチャンはその都度許されるべき。そのような場合,回数を制限せず何度でも許すべき。(ルカ 17:3

からしの種: イスラエルでは数種類のからしが自生している。広く栽培されているのはクロガラシ(Brassica nigra)。種はかなり小さく,直径1-1.6ミリで重さは1ミリグラムだが,木のようになる。からしの中には,高さ4.5メートルになる種類もある。からしの種はマタ 13:32マル 4:31で「あらゆる種の中で一番小さなもの」と言われ,それはユダヤ人の古代文書の中で最も微小なものの比喩として使われた。現在,もっと小さな種も知られているが,イエスの時代にイスラエルで農業をする人が集めたりまいたりした種の中では一番小さかったと思われる。

からしの種ほどの: または,「からしの種ぐらい小さな」。ルカ 13:19の注釈を参照。

黒桑の木: この木は聖書に1度だけ出ている。ここで使われているギリシャ語は,普通は桑の木を指しており,イスラエルではクロミグワ(Morus nigra)が広く栽培されている。それは6メートルほどの高さに成長するがっしりした木で,大きなハート型の葉と,クロイチゴに似た暗赤色か黒色の実を付ける。この木は根を広く張ることが知られているので,引き抜くのは容易ではない。

身支度を整え: 直訳,「腰に帯を締め」。この慣用句は仕事をしたり走ったりしやすいように長い衣服の裾をたくし上げて帯に挟むことを指す。活動するために支度ができた状態を表すようになった。同様の表現がヘブライ語聖書に何度も出ている。(例えば,出 12:11,王一 18:46,王二 3:21,脚注; 4:29,格 31:17,脚注,エレ 1:17,脚注)この文脈で,動詞の語形は神に仕える人たちが活動のために準備ができている状態を示している。ルカ 12:37で,同じギリシャ語動詞が「前掛けをして」と訳されている。ペ一 1:13の「活動に備えて思考を整え」という表現は字義的には,「思いの腰に帯をし」という意味。

前掛けをして: 直訳,「帯を締め」。ルカ 12:35; 17:8の注釈を参照。

前掛けをして: 「前掛けをして」と訳されているギリシャ語ペリゾーンニュマイは,字義的には「帯を締める」という意味。仕事ができるように,しばしば帯を使って,前掛けを締めたり衣服を縛ったりした。この文脈では,「給仕のために身支度を整えて」とも訳せる。このギリシャ語はルカ 12:35,37エフ 6:14にも出ている。ルカ 12:35,37の注釈を参照。

役に立たない: 直訳,「無用な」,「価値がない」。イエスの例えは,奴隷つまり弟子たちは自分を無用で価値がないと考えるべきだと言っているのではない。文脈からすると,「役に立たない」という語は,奴隷は自分を特別な名誉や称賛に値する者とは考えず,慎み深く見るという考えを伝えている。一部の学者は,この語は「私たちはただの奴隷で特別な注目を受けるような者ではありません」ということを意味する誇張法で,ここでも同じ意味だと考えている。

イエスはエルサレムに行く途中,サマリアとガリラヤの間を通っていた: この旅の最終目的地はエルサレムだったが,イエスはエフライムという町からまず北に行き,サマリアとガリラヤ(恐らくその南部)を通ってペレアに向かった。この旅の途中にサマリアかガリラヤで,ある村に入っていくと,重い皮膚病の人10人に出会った。(ルカ 17:12)イエスが亡くなる前にガリラヤを訪れたのはこれが最後だった。(ヨハ 11:54付録A7参照。

重い皮膚病: 皮膚に重度の病変が生じる病気。今でいうハンセン病が含まれると思われるが,それに限定されてはいない。この病気と診断された人は治るまで社会から離れて生活した。(レビ 13:2,45,46用語集参照。

重い皮膚病の人10人: 聖書時代,重い皮膚病の人は一緒に集まって,あるいは集団生活をして,互いに助け合えるようにしていたと思われる(王二 7:3-5)神の律法では,重い皮膚病の人はほかの人から離れて生活するよう求められていた。また,自分の存在に気付かせるため,「汚れている,汚れている!」と叫ぶべきだった。(レビ 13:45,46)ここに出てくる重い皮膚病の人たちは律法の規定に従って,イエスから離れた所で立ち上がった。マタ 8:2の注釈と用語集の「重い皮膚病」を参照。

自分を祭司に見せ: イエス・キリストは,地上にいる間は律法の下にいて,アロンの家系の祭司職が有効であることを認めていた。そして,自分が癒やした重い皮膚病の人たちに,祭司の所へ行くよう指示した。(マタ 8:4。マル 1:44)モーセの律法に沿って,祭司は重い皮膚病の人が癒やされたことを確認しなければならなかった。治った人は神殿に行き,捧げ物つまり供え物として,生きた清い鳥2羽,杉の枝,緋色の布,ヒソプを差し出さなければならなかった。(レビ 14:2-32

その人たちは……癒やされた: イエスが重い皮膚病の人10人を癒やしたこの時のことはルカだけが記している。

目立つ様子で: ここで使われているギリシャ語表現はギリシャ語聖書に1度だけ出ていて,「じっと見る」,「観察する」という意味の動詞から来ている。一部の学者によれば,医療関係の著述家たちは,病気の症状を見ることに関してこの表現を使った。この語のここでの使い方は,神の王国が誰の目にもすぐ分かる仕方で来るのではないという考えを伝えているようだ。

あなた方のただ中に: または,「あなた方の間に」。明らかに,この「あなた方」はイエスが話していたパリサイ派の人たちを指す。(ルカ 17:20。マタ 23:13と比較。)イエスは,神を代表する王で,王権を受けるために神によって選ばれた者だった。それで,「王国」が彼らのただ中にあると言えた。イエスはそのような者としてそこにいただけでなく,神から指名された王としての力を表す奇跡を行う権威と,見込みを持つ人たちを間もなく来る王国での立場に備えさせる権威も持っていた。(ルカ 22:29,30

人の子は自分の日には: もしかすると,「人の子は」。短い方の読みになっている古代写本もあるが,ここの訳で使われている読みになっている古代写本もある。多くの聖書翻訳も同様。

光り輝く稲妻のよう: イエスの臨在は,王国の権威をもって臨在している証拠が注意深い人たち全てにはっきり見えるという点で稲妻に似ていると言えた。

臨在: ギリシャ語パルーシア(多くの翻訳で「来ること」という意味に訳されている)は字義的には,「傍らにいること」という意味。単なる到来や到着ではなく,ある期間にわたって存在していることを指す。パルーシアが持つこの意味は,マタ 24:37-39で例示されていて,「ノアの時代......洪水前のその時代」と「人の子の臨在の時」が比較されている。フィリ 2:12でパウロはこのギリシャ語を用いて,「いる時」と「いない[時]」を対比している。

ノアの時代: 直訳,「ノアの日」。聖書の中で,ヘブライ語やギリシャ語の「日」という語はある人の生きた時代を指して使われることがある。(イザ 1:1。エレ 1:2,3。ルカ 17:28)ここで,「ノアの時代」と人の子の時代が比較されている。マタ 24:37に記されている同様の句では,「人の子の臨在」という表現が使われている。イエスは,ノアの時代の最終局面として洪水が起きたことだけを言ったのではない。とはいえ,自分の「時代」あるいは「臨在」が同様の最終局面を迎えることを示している。「ノアの時代」は幾年にも及ぶ期間だった。それで,予告された「人の子の時代[あるいは「臨在」]」も,救いを得ようとしない人々の滅びで頂点を迎える,幾年にも及ぶ期間だと理解できる。マタ 24:3の注釈を参照。

箱船: ギリシャ語は「箱」,「ひつ」とも訳すことができ,それが大きな箱のような形だったことを示すのかもしれない。

箱船: マタ 24:38の注釈を参照。

洪水: または,「大洪水」,「大変動」。ギリシャ語カタクリュスモスは破壊力を伴う大きな洪水を指し,聖書でノアの時代の大洪水に関して使われている。(創 6:17,セプトゥアギンタ訳。マタ 24:38,39。ペ二 2:5

屋上: 家の屋根は平らだった。そこは物置(ヨシ 2:6),休息(サ二 11:2),睡眠(サ一 9:26),祭り(ネヘ 8:16-18)など,多くのことに使われた。そのため,へりに低い壁を造ることが求められていた。(申 22:8)住人は一般に,外階段やはしごで屋上から下りることができ,家の中に入らなくてもよかった。このことから,イエスの警告通りにどう行動したらよいか,状況がどれほど緊急なものかがよく分かる。

命: ギリシャ語,プシュケー。用語集の「プシュケー」参照。

連れていかれ: 「連れていかれ」と訳されているギリシャ語は,さまざまな文脈で使われ,良い意味の場合が多い。例えば,マタ 1:20で「迎え入れる」,マタ 17:1で「連れて」,ヨハ 14:3で「迎えます」と訳されている。ここの文脈では,「主」の前で良い立場を得て救われることを指すと思われる。(ルカ 17:37)洪水の日にノアが箱船に入れられたことやロトが手を引かれてソドムから連れ出されたことにも対応するのかもしれない。(ルカ 17:26-29)一方,捨てられるとは,滅びに値する者として裁かれることを意味するのだろう。

「2人の男性が畑にいて,一方は連れていかれ,他方は捨てられます」という語句を含めている古代写本も幾つかある。しかし,それらの語句は最初期の最も信頼できる幾つかの写本には出ておらず,ルカの原文の一部ではないと思われる。とはいえ,同様の言葉がマタ 24:40の聖書本文にある。写字生がマタイの記述にある言葉をルカの記述に挿入したという見方をする学者もいる。付録A3参照。

メディア

臼の上石と下石
臼の上石と下石

この写真にあるような大きな石臼は,ロバなどの家畜を使って回した。臼は穀粒をひいたりオリーブの実をつぶしたりするために使われた。臼の上石は,直径が1.5メートルほどのものもあり,さらに大きい下石の上で回された。

黒桑の木
黒桑の木

この木はクロミグワ(Morus nigra)で,イエスが信仰について使徒たちに述べた言葉に1度だけ出ている。(ルカ 17:5,6)使われているギリシャ語は,普通は桑の木を指しており,イスラエルではクロミグワが広く栽培されている。それは6メートルほどの高さに成長するがっしりした木で,大きなハート型の葉と,クロイチゴに似た暗赤色か黒色の実を付ける。