ルカ​に​よる​福音​書 5:1-39

5  ひとびとがイエスにむらがってきてかみこといていたときのこと,イエスはゲネサレのほとりにっていた+  はんに2そうのふねめてあるのがえ,りょうたちがふねからりて,あみあらっていた+  イエスはそのうちの1そう,シモンのふねり,りくからすこはなすようもとめた。それからこしろし,ふねからぐんしゅうおしはじめた。  はなえると,シモンにった。「おきし,あみろしてりょうをしなさい」。  しかしシモンはこたえた。「せんせいひとばんじゅうはたらいてなにれませんでした+。それでも,おっしゃるとおり,あみろしてみます」。  ろしてみると,じょうおおくのさかなかった。あみはじめるほどだった+  それで,もういっぽうふねにいるなかたちにあいをし,たすけにてもらった。りょうほうふねさかなでいっぱいになり,しずみかけた。  シモン・ペテロはこれをてイエスのまえにひれし,「わたしからはなれてください,しゅよ。わたしつみぶかおとこなのです」とった。  たいりょうだったので,シモンもいっしょにいたひとじょうおどろき,あっとうされてしまったのである。 10  シモンのなかであるゼベダイの息子むすこたち,ヤコブとヨハネ+どうようだった。しかしイエスはシモンにった。「おそれることはありません。こん,あなたはひときたままるのです+」。 11  このひとたちはふねりくもどし,いっさいのものをててイエスのあとしたがった+ 12  イエスがあるまちにいたべつときのこと,ぜんしんおもびょうだんせいがいた。そのだんせいはイエスをけると,ひれしてこうねがった。「しゅよ,あなたは,おのぞみになるだけで,わたしやすことができます+」。 13  イエスはばしてだんせいさわり,「そうのぞみます。くなりなさい」とった。すぐにびょうえた+ 14  イエスはだんせいに,だれにもはなさないようにとめい+,こうった。「ただぶんさいせにき,モーセがしたとおりにささものをしなさい+やされたしょうとしてです+」。 15  それでもイエスにかんするはなしひろまっていくばかりで,おおぜいひとが,イエスのことくため,またびょうなおしてもらうために,あつまってくるのだった+ 16  しかしイエスはひとけのないしょってはいのっていた。 17  そうしたあるのこと,イエスはおしえており,ガリラヤとユダヤのすべてのむらおよびエルサレムからたパリサイひとりっぽうきょうたちもそこにすわっていた。イエスには,やしをおこなうためのエホバのちからがあった+ 18  すると,おとこたちが,からだがまひしただんせいたんはこんできた。なかれてはいってイエスのまえこうとしていた+ 19  おおぜいひとがいてはいっていけなかったので,おとこたちはのぼってかわらがし,そのだんせいたんせたまま,イエスのまえにいたひとびとあいだろした。 20  イエスはかれらのしんこうて,そのだんせいに,「あなたのつみゆるされています」とった+ 21  すると,りっぽうがくしゃとパリサイひとたちはかんがはじめ,こうった。「ぼうとくことくこのおとこなにものか。かみがいだれつみゆるせるのか+」。 22  しかしイエスはそのかんがえをさとり,こうった。「こころなかなにかんがえているのですか。 23  『あなたのつみゆるされている』とうのと,『がってあるきなさい』とうのとでは,どちらがかんたんですか。 24  しかし,ひとつみゆるけんじょうっていることをあなたがたるために―」。イエスはまひしただんせいった。「さあ,がってたんち,いえかえりなさい+」。 25  すると,だんせいひとびとまえがり,たんって,かみをたたえながらいえもどっていった。 26  ひとびと一人ひとりのこらずきょうたんして+かみをたたえるようになり,またおそれにたされて,「今日きょうなことをた」とった。 27  こうしたことのあと,イエスはそとて,レビというちょうぜいにんちょうぜいしょすわっているのをて,「わたしになりなさい」とった+ 28  レビはいっさいのものをあとのこしてがり,イエスのあとしたがうようになった+ 29  そしてイエスのためにぶんいえせいだいえんかいもうけた。おおぜいちょうぜいにんそのひとたちもいっしょしょくをしていた+ 30  パリサイひとやそのりっぽうがくしゃたちがイエスのたちにかってまんくちにしはじめ,「ちょうぜいにんつみびとたちとべたりんだりするのはどうしてか」とった+ 31  イエスはこたえた。「けんこうひとしゃひつようではなく,びょうひとひつようなのです+ 32  わたしは,ただしいひとではなくつみびとあらためにみちびくためにました+」。 33  あるひとたちがイエスにった。「ヨハネのはたびたびだんじきをしてがんささげ,パリサイもそうするのに,あなたのべたりんだりします+」。 34  イエスはった。「はな婿むこいっしょにいるあいだはな婿むこゆうじんたちにだんじきをさせることができますか。 35  しかし,はな婿むこ+がまさにられるときます。そのときには,だんじきをします+」。 36  さらにイエスはつぎたとえをはなした。「ふるふくつくろうために,あたらしいがいって使つかひとはいません。もしそうしたら,そのあたらしいぬのれのせいでふるふくやぶれてしまいますし,そのぬのれはふるいものにいません+ 37  また,あたらしいぶどうしゅふるかわぶくろれるひとはいません。もしそうしたら,あたらしいぶどうしゅのせいでかわぶくろれつし,ぶどうしゅはこぼれて,かわぶくろになってしまいます。 38  やはり,あたらしいぶどうしゅあたらしいかわぶくろれなければなりません。 39  ふるいぶどうしゅんだあとは,だれあたらしいものをしがりません。『ふるいのはうまい』とうのです」。

脚注

注釈

ガリラヤ湖つまりティベリア湖: ガリラヤ湖はティベリア湖と呼ばれることもあった。この呼び名は,ローマ皇帝ティベリウス・カエサルにちなんで名付けられたガリラヤ湖西岸の町の名前から来ている。(ヨハ 6:23)ティベリア湖という名前はこことヨハ 21:1に出ている。マタ 4:18の注釈を参照。

ゲネサレ: ガリラヤ湖の北西岸に沿って5キロ,内陸へ2.5キロほどの小さな平原。ルカ 5:1で,ガリラヤ湖は「ゲネサレ湖」と呼ばれている。

ゲネサレ湖: ガリラヤ湖の別名。イスラエル北部にある内陸の淡水湖。(マタ 4:18)キネレト湖(民 34:11),ティベリア湖とも呼ばれている。(ヨハ 6:1の注釈を参照。)海面より平均210メートル低く,南北21キロ,東西12キロで,最深部は約48メートル。ゲネサレは北西岸に接する小さな平原の名前。また,ゲネサレはキネレトという初期のヘブライ語名のギリシャ語形だろうと考える学者もいる。マタ 14:34の注釈と,付録A7,地図3B,「ガリラヤ湖で行ったこと」を参照。

浜辺に: カペルナウム近くのガリラヤ湖の岸辺に,天然の円形劇場のような場所がある。この場所は音響効果が良く,イエスが舟から話すのを大勢の人が聞けただろう。

舟から群衆に教え: マタ 13:2の注釈を参照。

高い熱で苦しんでいて: マタイとマルコはペテロのしゅうとめが「熱病にかかって寝ている」と書いている。(マタ 8:14。マル 1:30)ルカだけは,医者だったためと思われるが,「高い熱」と述べて,症状が重いことに注意を引いている。「ルカの紹介」参照。

全身重い皮膚病の男性: 皮膚に重度の病変が生じる病気。今でいうハンセン病が含まれると思われるが,それに限定されてはいない。この病気と診断された人は治るまで社会から離れて生活した。(レビ 13:2,45,46。用語集の「重い皮膚病」参照。)福音書筆者のマタイとマルコはこの出来事を記す時,「重い皮膚病」の男性とだけ述べている。(マタ 8:2。マル 1:40)しかし医者ルカはこの病気に幾つかの段階があることを理解していた。(コロ 4:14)ここでルカはこの男性について「全身重い皮膚病」と記し,病気がかなり進行していることを述べていたと思われる。ルカ 4:38の注釈を参照。そこでルカは別の病気の程度について述べている。

イエスは……男性に触り: モーセの律法では,他の人にうつらないように,重い皮膚病の人を隔離することが求められていた。(レビ 13:45,46。民 5:1-4)それに対し,ユダヤ人の宗教指導者たちは細かな規則を加えた。例えば,誰も,その病気の人から4キュビト(約1.8メートル)以内に近づいてはならず,風の強い日には100キュビト(約45メートル)離れていなければならなかった。このような規則のせいで,重い皮膚病の人たちは思いやりのない扱いを受けた。ある伝承では,重い皮膚病の人から身を隠したラビや,その病気の人を近づけまいとして石を投げ付けたラビのことが好意的に扱われている。対照的に,イエスはこの重い皮膚病の人の苦しい境遇に深く心を動かされ,他のユダヤ人にとっては考えられないことをした。その男性に触ったのである。言葉だけで癒やせたにもかかわらず,そのようにした。(マタ 8:5-13

そう望みます: イエスは男性の頼みを受け入れただけでなく,それに応えたいという強い願いを表明し,単なる義務感以上のものに動かされていたことを示した。

イエスは……男性に触り: マタ 8:3の注釈を参照。

そう望みます: マタ 8:3の注釈を参照。

自分を祭司に見せ: マル 1:44の注釈を参照。

自分を祭司に見せ: モーセの律法に沿って,祭司は重い皮膚病の人が癒やされたことを確認しなければならなかった。治った人は神殿に行き,モーセが指示した物を捧げ物として差し出さなければならなかった。レビ 14:2-32でそう指示されていた。

祈っていると: ルカは福音書で,祈りに特別の注意を向けている。ルカだけが記しているイエスの祈りがいくつもある。例えば,ルカはここでイエスがバプテスマの時に祈っていたという点を述べている。この時の祈りでイエスが述べた意味深い言葉の一部を後にパウロが記録したのだろう。(ヘブ 10:5-9)ルカだけが記しているイエスの祈りのほかの例は,ルカ 5:16; 6:12; 9:18,28; 11:1; 23:46

祈りをするため: イエスの姿が変わったことに関連して祈りについて述べているのはルカだけ。次の節にも,イエスが「祈っている」ことが書かれている。(ルカ 9:29)ルカだけが記しているイエスの祈りのほかの例は,ルカ 3:21; 5:16; 6:12; 9:18; 11:1; 23:46

人けのない場所に行っては祈っていた: これは,イエスが祈ったことについてルカだけが記している数例のうちの1つ。(ルカ 3:21; 9:28の注釈を参照。)この節で使われているギリシャ語動詞の語形は祈りがイエスの習慣となっていたことを伝えている。ここで「人けのない場所」と訳されているギリシャ語(エレーモス)はしばしば砂漠や荒野を指すが,「静かな場所」全般も指せる。(マタ 14:13。マル 1:45; 6:31。ルカ 4:42; 8:29)イエスは世捨て人ではなく,人々と一緒にいることを好んだ。(マタ 9:35,36。ルカ 8:1; 19:7-10。ヨハ 11:5)とはいえ,父と一緒にいる方がもっと好きだったので,頻繁にひとりの時間を取った。エホバとふたりだけになって,祈りの中で自由に父に語り掛けたいと思っていた。(マタ 14:23。マル 1:35

エホバの力: ギリシャ語の写本はここでキュリオス(主)という語を使っているが,ここの訳で神の名前を使う十分な理由がある。文脈から明らかなように,キュリオスは神を指して使われている。また,ギリシャ語デュナミスは「力」とか「強さ」と訳せる。セプトゥアギンタ訳でこの語は,ヘブライ語の本文でテトラグラマトンが出ていてエホバの力や強さのことが述べられている箇所で使われている。(詩 21:1,13; 93:1; 118:15)付録C3の序文とルカ 5:17を参照。

瓦を剝がし: 体がまひした男性をイエスが癒やしたことはマタイ(9:1-8),マルコ(2:1-12),ルカの福音書に記されている。その3つの記述は補い合っている。マタイは男性が屋根から下ろされたことについて何も述べていないが,マルコはその男性の友人たちが屋根を剝がして穴を開け,男性を担架に乗せたまま下ろしたと説明している。ルカは,「瓦を剝がし」て下ろしたことを述べている。(マル 2:4の注釈を参照。)「瓦」と訳されているギリシャ語(ケラモス)は「粘土」とも訳せる。粘土は瓦の原料で,ここのギリシャ語は複数形なので「屋根瓦」を指しているようだ。古代イスラエルに瓦屋根があったという証拠がある。マルコとルカがどんな種類の屋根について述べていたか正確なことは言えないが,瓦は屋根土の上に置かれたかいくらか埋め込まれていたのだろう。いずれにしても,体がまひした男性をイエスの前に運ぶために友人たちが労を惜しまなかったことがよく分かる。その行動は彼らの信仰の深さを間違いなく示している。3つの記述全てで,イエスが「彼らの信仰を見」たと述べられている。(ルカ 5:20

屋根を剝がして穴を開け: 1世紀のイスラエルで多くの家の屋根は平らで,階段か屋外のはしごで上った。マルコの記述はこの家の屋根が何でできていたかを特に述べていないが,木の梁に枝やアシを載せ,その上に粘土やしっくいを塗った屋根が多かった。瓦屋根の家もあった。ルカの記述によれば,男性は「瓦を剝がし」てから下ろされた。(ルカ 5:19の注釈を参照。)体がまひした男性の友人たちは,人の集まった部屋に担架を下ろせる大きさの穴を簡単に開けられたのだろう。

彼らの信仰を見て: マタ 9:2の注釈を参照。

彼らの信仰を見て: 複数代名詞「彼ら」が使われていることから分かるように,イエスは体がまひした男性だけでなくそのグループ全員の信仰の大きさに注目した。

知るために―: ダッシュは,イエスが文の途中で言葉を止めた後,人々の前で男性を癒やすことによって自分の言ったことの真実さを証明したことを示している。

人の子: または,「人間の子」。原語で,この表現は福音書に約80回出ている。イエスは自分を指してこの表現を用いた。自分が女性から生まれた紛れもない人間であること,また人類を罪と死から救う力を持つ,アダムにちょうど対応する人間であることを強調したものと思われる。(ロマ 5:12,14,15)この同じ表現は,イエスがメシアすなわちキリストであることも明らかにした。(ダニ 7:13,14用語集参照。

人の子: マタ 8:20の注釈を参照。

知るために―: マタ 9:6の注釈を参照

レビ: この弟子は並行記述のマタ 9:9でマタイと呼ばれている。マルコとルカはこの弟子について,徴税人だった時はレビという名前(マル 2:14),使徒の1人として述べる時はマタイという名前を使っている。(マル 3:18。ルカ 6:15。使徒 1:13)聖書は,レビがイエスの弟子になる前からマタイという名前を持っていたかを明らかにしていない。マル 2:14の注釈を参照。

徴税所: マル 2:14の注釈を参照。

私の弟子になりなさい: マル 2:14の注釈を参照。

レビ: この弟子は並行記述のマタ 9:9でマタイと呼ばれている。マルコとルカはこの弟子について,徴税人だった時はレビという名前(ルカ 5:27,29),使徒の1人として述べる時はマタイという名前を使っている。(マル 3:18。ルカ 6:15。使徒 1:13)聖書は,レビがイエスの弟子になる前からマタイという名前を持っていたかを明らかにしていない。福音書筆者の中でマルコだけが,マタイ・レビがアルパヨの子であることを述べている。マル 3:18の注釈を参照。

私の弟子になりなさい: または,「私の後に従いなさい」。この勧めで使われているギリシャ語動詞には,「後に付いていく」,「後を追う」という基本的な意味があるが,ここでは「弟子として後に従う」という意味。

徴税所: または,「徴税小屋」。小さな建物かスタンドだったかもしれない。徴税人はそこに座って,輸出入品や国を通過する商売品に課される税を集めた。マタイとしても知られるレビはカペルナウムかその近くにある徴税所で働いていた。

食事をして: または,「食卓で横になって」。食卓で一緒に横になるのは親しい交友の印だった。それで,イエスの時代のユダヤ人は通常,ユダヤ人でない人とは決して食卓で一緒に横になる,つまり食事をすることはなかった。

徴税人: マタ 5:46の注釈を参照。

食事をして: マル 2:15の注釈を参照。

徴税人: ローマ当局のために税を徴収するユダヤ人が多くいた。そのようなユダヤ人は,人々が反感を持つ外国勢力に協力していただけでなく,公式の税率以上のものを取り立てたので,嫌われていた。徴税人はたいてい仲間のユダヤ人から避けられ,罪人や娼婦と同格に扱われた。(マタ 11:19; 21:32

断食をして: マタ 6:16の注釈を参照。

断食をする: 一定の期間食物を取らないこと。(用語集参照。)イエスは弟子たちに断食を命じたことも,その習慣を全く避けるよう指示したこともない。モーセの律法下で,正しい動機を持つユダヤ人はエホバの前で謙遜になり,断食によって罪の悔い改めを示した。(サ一 7:6。代二 20:3

花婿の友人たち: 直訳,「婚礼の部屋の子たち」。結婚式の招待客,特に花婿の友人たちを表す慣用句。

花婿の友人たち: マタ 9:15の注釈を参照。

ぶどう酒を……革袋に: マタ 9:17の注釈を参照。

ぶどう酒を……革袋に: 聖書時代,ぶどう酒を動物の革の袋に蓄えるのはよくあることだった。(サ一 16:20)革袋は羊やヤギなどの家畜の皮を丸ごと剝いで作った。古い革袋は硬くなって弾力を失うが,新しい革袋は伸びて膨らむので,新しいぶどう酒の発酵の過程で高まる圧力に耐えられる。用語集の「革袋」参照。

うまい: もしかすると,幾つかの写本にあるように,「もっとうまい」。

メディア

ガリラヤの漁船の遺物
ガリラヤの漁船の遺物

1985年から1986年にかけての干ばつでガリラヤ湖の水位が下がり,泥に埋まっていた古代の舟の一部が姿を現した。出土した舟は長さ8.2メートル,幅2.3メートル,深さは最大1.3メートル。考古学者によれば,この舟は紀元前1世紀から西暦1世紀の間に造られた。動画では,現在イスラエルの博物館に展示されているこの舟を再現し,水に浮かんでいた2000年ほど前の様子をイメージして描いている。

ガリラヤ湖の魚
ガリラヤ湖の魚

聖書には,ガリラヤ湖に関連して,魚,漁,漁師のことが何度も出てくる。ガリラヤ湖には18種ほどの魚がいる。その中で,漁師が獲るのは10種類ほどだけ。この10種類は商業的に重要な3つのグループに分けられる。1番目のグループは,3種類のバーベル(挿絵はBarbus longiceps)(1)で,口の両端にひげがある種類もいる。それでセム語系の名前は「毛」を意味するビーニー。このグループの魚は軟体動物,巻き貝,小魚などを餌にしている。頭が長いバーベルは,体長が75センチになり,体重が7キロを超えることもある。2番目のグループはムシュト(挿絵はTilapia galilea)(2)と呼ばれている。これはアラビア語で「櫛」を意味する。このグループに属する5種類の魚の背びれが櫛のように見えるから。1種類のムシュトは,体長が45センチほど,体重が2キロぐらいになる。3番目のグループは,キネレト・サーディン(Kinneret sardine)と呼ばれる魚(挿絵はAcanthobrama terrae sanctae)(3)で,小型のニシンに似ている。昔から,この魚は酢漬けにして保存されてきた。

1世紀の漁船
1世紀の漁船

この絵は,ガリラヤ湖の岸辺の泥に埋まっていた1世紀の漁船と湖畔の町ミグダルで発見された1世紀の家のモザイク画に基づいている。この種の舟は帆柱と帆があって5人が乗り組んだのではないかと思われる。4人がこぎ,1人が船尾の小さな甲板に立ってかじを取った。この舟は長さが約8メートル,幅は中央部で約2.5メートル,深さは1.3メートルほど。13人以上を乗せられたようだ。