フィリピ​の​クリスチャン​へ​の​手紙 2:1-30

2  キリストと結ばれた皆さんは,励まし合い,愛して慰め合い,気遣い合い,優しい愛情と思いやりを示し合っているに違いありません。  では,同じ思いを持ち,同じ愛を抱き,完全に一致し,同じ考え方をすることによって,私を喜びで満たしてください+  対抗心を抱いたり+,自己中心的になったり*してはなりません+。謙遜になり*,自分より他の人の方が上だと考えてください+  自分のことばかり考えずに+,他の人のことにも気を配りましょう+  キリスト・イエスと同じ考え方をしてください+  キリストは神のような方でしたが+,神の立場を奪って神と同等になろうなどとは考えませんでした+  かえって,全てを捨てて奴隷のようになり+,人間になりました+  その上,人として来た時,謙遜さを示し*,死に至るまで従順でした*+。苦しみの杭*に掛けられて死ぬことを受け入れたのです+  そのため,神はキリストをさらに上の地位に就け+,あらゆる名に勝る名を喜んで与えました+ 10  それは,天の者,地上の者,地下の者*全てがイエスの名によってひざまずくようになるため+ 11  また,全ての者*がイエス・キリストは主であるという確信を言い表し+,父である神をたたえるようになるためでした。 12  私の愛する兄弟たち,皆さんはこれまでいつも従ってきました。私がいる時だけでなく,いない今いっそう進んで従っています。これからも,畏れと敬意を抱きつつ,救われるために懸命に努力してください。 13  神はご自分の望みを実現させるために皆さんを力づけてくださいます。行動するための意欲と力の両方を与えてくださるのです。 14  何事も,不満を口にしたり+言い争ったりせずに行っていきましょう+ 15  そうすれば,曲がった不健全な世代+の中で,非難されるところがない潔白な人,傷のない神の子供になれるでしょう+。皆さんは世の中で光り輝き+ 16  命の言葉をしっかりつかんでいます+。私はキリストの日に喜べるでしょう。かつて走ったり努力したりしたことが無駄ではなかったと確信できるからです。 17  私は,皆さんの信仰による犠牲+と聖なる*奉仕の上に,自分が飲み物の捧げ物のように注ぎ出されるとしても+,そのことをうれしく思い,皆さんと一緒に喜びます。 18  皆さんも同じようにうれしく思い,私と一緒に喜んでください。 19  主イエスが望むなら,私はテモテ+を間もなくそちらに遣わしたいと思っています。皆さんの様子を聞いて励みを得たいのです。 20  テモテほど皆さんのことを心から気遣える人は,ほかにいません。 21  他の人は皆,自分のことばかり考え,イエス・キリストのことを考えていません。 22  一方,皆さんも知っている通り,テモテはこれまで立派にやってきました。父親と一緒に働く子供のように+,私と一緒に一生懸命良い知らせを広めてきました。 23  それで私は,自分がどうなるかが分かり次第,すぐにテモテを遣わしたいと思っています。 24  また,主が望むなら自分も間もなくそちらに行けるに違いないと思っています+ 25  とはいえ,まずは,私の兄弟,共に働く仲間,共に戦う兵士であるエパフロデトを,そちらに帰してあげた方がよいと考えています。彼は皆さんから遣わされて,私のために仕えてくれています+ 26  エパフロデトは皆さんに会うことを心から願っていて,自分が病気になったのを皆さんに知られたことで気落ちしています。 27  確かに彼は病気になり,死にそうになりましたが,神から憐れみを示されました。そして神は,彼だけでなく私にも憐れみを示し,私が悲しみに悲しみを重ねることがないようにしてくださいました。 28  それで,至急彼を帰します。皆さんは彼との再会を喜べますし,私の心配も和らぐでしょう。 29  主に従う人を迎える時に皆さんがいつもしているように,エパフロデトを温かく歓迎してください。そして,彼のような人をいつも敬ってください+ 30  エパフロデトは皆さんの代わりにこちらに来て私に仕え+,キリストの*活動のために命を懸け,死にそうになったのです。

脚注

または,「うぬぼれたり」。
または,「自分を低く見て」。
または,「自分を低く見て」。
または,「になりました」。
用語集参照。
復活してくる死者のこと。
直訳,「舌」。
または,「人々のための」。
もしかすると,「主の」。

注釈

メディア