コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 9:1-15

9  実のところ,皆さんへの手紙に,聖なる人たちのための奉仕+について書く必要があるわけではありません。  皆さんの進んで行う気持ちを知っているからです。私はマケドニアの人たちに,アカイアでは1年前からもう用意ができていると言って,皆さんのことを誇りました。皆さんの熱意は彼らの多くを奮い立たせました。  それでも兄弟たちを遣わすのは,私たちが皆さんについて誇った事がむなしくならないようにするためです。私が言っていた通り,皆さんの用意ができていてほしいのです。  そうでないと,もしマケドニアの人たちが私と一緒に行って,皆さんの用意ができていないのを見るとしたら,皆さんはもちろんのこと,皆さんを信頼していた私たちも恥をかくことになります。  それで私は,兄弟たちに先にそちらに行くよう勧める必要があると考えました。以前申し出てくださった親切な贈り物を皆さんに用意していただくためです。そうすれば,それは強要された物ではなく,気前よく与える贈り物になるでしょう。  この点で,惜しんで少なくまく人は少なく刈り取り,惜しまずに豊かにまく人は豊かに刈り取ります+  一人一人が,嫌々ながらでも強いられてでもなく+,心に決めた通りに行ってください。神は快く与える人を愛されます+  さらに神は,皆さんにあらゆる惜しみない親切を豊かに示してくださいます。皆さんが全ての面で決して事欠くことなく,どんな良い活動のためにも十分なものを持てるようにしてくださるのです+  (「その人は広く*分配し,貧しい人に与えた。その人の正しさは永遠に変わらない+」と書かれている通りです。 10  まく人に種を豊かに与え,食物としてパンを豊かに与えてくださる方は,皆さんのまく種も豊かに与え,正しい行いによる収穫物を増やしてくださいます。) 11  皆さんは全ての面で豊かにされていて,あらゆる方法で気前よく与えることができるので,その結果,私たちを通して神への感謝の言葉が語られるようになります。 12  人々のために行うこの奉仕は,聖なる人たちに必要な物を十分に与えるためだけでなく+,神への感謝の言葉が豊かに語られるようになるためのものなのです。 13  この救援奉仕によって示される証拠を見て,彼らは神をたたえます。皆さんが,広く伝えてきたキリストについての良い知らせに従順であり,彼らや他の全ての人に気前よく寄付するからです+ 14  そして,皆さんに示される神の際立った惜しみない親切のゆえに,彼らは皆さんに愛情を表し,皆さんのために祈願します。 15  言葉にできないほど素晴らしい無償の贈り物を下さる神に感謝しましょう。

脚注

または,「気前よく」。

注釈

メディア