コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 8:1-24

8  さて,きょうだいたち,マケドニアのしょかいしゅうしめされた,かみしみないしんせつについてってほしいとおもいます+  かれらはおおきなれんってのうするなかじょうまずしいにもかかわらず,よろこびにあふれ,まえよくあたえるせいしんゆたかにしめしました。  かれらはりょくおうじて+,というより,りょくえてあたえた+,とわたしれます。  かれらはぶんから,しんせつあたえるかいくださいとわたしたちにこんがんつづけました。せいなるひとたちのためのきゅうえんほうくわわることをねがったのです+  そして,かみ沿ってまずぶんしゅわたしたちにし,たいじょうのことをおこなってくれました。  それでわたしたちは,みなさんのところでこのかつどうはじめたテトス+に,みなさんがしんせつあたえるのをさいまでとどけるようすすめました。  みなさんが,しんこうことしきしんけんさ,わたしたちからのあいなど,あらゆるめんゆたかであるのとおなじく,しんせつあたえるめんでもゆたかでありますように+  こうしたことをうのは,めいれいするためではなく,ほかのひとたちのしんけんさをってもらうため,またみなさんのあいじゅんすいさをためすためです。  みなさんは,わたしたちのしゅイエス・キリストのしみないしんせつっています。キリストはゆたかだったのにみなさんのためにまずしくなり+,そのまずしさによってみなさんがゆたかになれるようにしてくださいました。 10  このかつどうについてわたしかんがえをべます+。このかつどうみなさんのためになります。すでにみなさんは1ねんまえこうどうこし,おこないたいというねがいもあらわしました。 11  ではいまはじめたことをやりげてください。すすんでおこなちをつらぬき,りょくおうじてあたえましょう。 12  すすんであたえるちがあるなら,れられます。っているものあたえればよいのです+っていないものまではたいされていません。 13  ほかのひとたちにはらくをさせ,みなさんにはたいへんおもいをさせる,というつもりはありません。 14  きんとうはかることがもくてきです。みなさんがげんざいおおめにっているぶんかれらのりないぶんわせ,かれらがおおめにっているぶんみなさんのりないぶんわせると,きんとうになります。 15  「おおっているひとおおぎることがなく,すこししかっていないひとすくぎることがなかった+」とかれているとおりです。 16  わたしかみかんしゃしています。わたしたちがいだいている,みなさんへのせいじつづかいを,テトス+こころなかれてくださったからです。 17  テトスはすすめにおうじてくれただけでなく,とてもねっしんで,ぶんからすすんでみなさんのところこうとしています。 18  わたしたちはテトスといっしょきょうだい1人ひとりつかわします。らせのためのはたらきがどのかいしゅうでもひょうばんになっているきょうだいです。 19  それだけでなく,かいしゅうからにんめいされて,わたしたちのたびどうこうしゃになったきょうだいでもあります。わたしたちは,しゅえいこうのために,またすすんでえんじょするちをしめすために,しんせつおくものあつかいます。 20  こうして,このしみないあつかいについてだれからもなんされないようにしています+ 21  わたしたちは,「エホバ*まえだけでなくひとまえでも,なにごとしょうじきあつか+」からです。 22  かれらといっしょきょうだいをもう1人ひとりつかわします。わたしたちがなんためして,おおくのことがらかんしてきんべんであることをたしかめたひとです。きょうだいみなさんをこころからしんらいしているので,いっそうきんべんになっています。 23  テトスについてなにもんがあるでしょうか。テトスはわたしともいっしょはたらなかで,みなさんのためにつかえています。わたしたちのきょうだいたちについてなにもんがあるでしょうか。きょうだいたちはかくかいしゅう使で,キリストのえいこうです。 24  ですから,かれらにみなさんのあいしょうしめ+わたしたちがなぜみなさんのことをほこったかがかくかいしゅうかるようにしてください。

脚注

付録A5参照。

注釈

メディア