使徒​の​活動 5:1-42

5  しかし,アナニアという男性は妻のサッピラと一緒に所有物を売り,  妻も承知の上で,その代金の一部をひそかに取っておいて,残りを持ってきて使徒たちの足元に置いた+  ペテロは言った。「アナニア,なぜサタンのなすがままに大胆になって,聖なる力をだまそうとし+,畑の代金の一部をひそかに取っておいたのですか。  畑は売る前,あなたのものだったのではありませんか。売った後も,代金はあなたが自由にできたはずです。どうしてこのようなことをしようと思ったのですか。あなたは,人ではなく神にうそをつきました」。  この言葉を聞くと,アナニアは倒れて死んだ。そのことを聞いた人は皆,非常に畏れた。  若者たちが立ち上がり,アナニアを布に包んで運び出し,葬った。  3時間ほどたってから,妻のサッピラが,起きたことを知らずに入ってきた。  ペテロは言った。「教えてください。あなた方はこの金額で畑を売ったのですか」。サッピラは,「はい,その額です」と言った。  ペテロは言った。「なぜあなた方は2人で一緒になってエホバ*の聖なる力を欺こうとしたのですか。あなたの夫を葬った人たちが戸口の所にいて,あなたを運び出します」。 10  サッピラはたちまちペテロの足元に倒れて死んだ。若者たちが入ってきて,サッピラが死んでいるのを見,運び出して夫の脇に葬った。 11  会衆*全体,またそのことを聞いた人は皆,非常に畏れた。 12  また,使徒たちはその後も民の間で多くの奇跡*や不思議なことを行った+。皆ソロモンの柱廊+によく集まっていた。 13  弟子たちに加わる勇気がある人はいなかった。それでも人々は弟子たちを褒めるのだった。 14  そして主を信じる者が,男性も女性もますます増えていった+ 15  人々は病人を大通りに連れ出して小さな寝床や敷物に横にならせ,ペテロがそばを通る時にせめてその影が病人の誰かに掛かるようにした+ 16  また,エルサレム周辺の町から大勢の人が,病気の人や邪悪な天使に苦しめられている人たちを連れてきた。その人たちは一人残らず治された。 17  しかし,大祭司とその仲間たち,すなわちサドカイ派の人たちは激しく嫉妬して立ち上がり, 18  使徒たちを捕らえて牢屋に入れた+ 19  ところが,夜にエホバ*の天使が牢屋の戸を開き+,使徒たちを連れ出して,こう言った。 20  「行って,神殿の中に立ち,この命に関する言葉全てを人々に語り続けなさい」。 21  これを聞いた使徒たちは,夜明けに神殿に入って教え始めた。 一方,大祭司とその仲間たちはやって来て,サンヘドリンとイスラエル人の長老会の全員を招集し,使徒たちを連れてこさせるため下役たちを牢屋に遣わした。 22  しかし下役たちが着いた時,牢屋に彼らはいなかった。それで戻って報告し, 23  こう言った。「牢屋にはしっかり鍵が掛かっていて,戸の所には見張りが立っていましたが,開けてみると,中には誰もいませんでした」。 24  神殿の指揮官も祭司長たちもこの報告を聞くと,これからいったいどうなるのかと当惑した。 25  そこに,ある人が来て,「あなた方が牢屋に入れた人たちが神殿で民を教えています」と報告した。 26  そこで指揮官は下役たちと出掛け,使徒たちを連れてきたが,手荒なことはしなかった。民に石打ちにされるのが怖かったからである+ 27  こうして使徒たちは連れてこられ,サンヘドリンの前に立たされた。大祭司が質問して, 28  言った。「もうあの名によって教えてはならないときっぱり命じたのに+,あなたたちはエルサレム中で教えを広め,あの男が死んだ責任を私たちに負わせようとしている+」。 29  ペテロとほかの使徒たちは答えた。「私たちは,人ではなく神に従わなければ*なりません+ 30  私たちの父祖の神は,あなた方が杭*に掛けて殺したイエスを生き返らせました+ 31  神はこの方を,命と救いへと導く方+として自分の右の地位に就けました+。イスラエルが悔い改めて罪の許しを受けるためです+ 32  私たちはこれらのことの証人であり+,聖なる力が助けてくれます+。神はご自分に従う人に聖なる力を与えました」。 33  これを聞くと,そこにいた人たちは激怒し*,使徒たちを殺してしまいたいと思った。 34  しかし,民に重んじられている律法教師で,パリサイ派のガマリエル+という人がサンヘドリンで立ち上がり,使徒たちをしばらく外に出すようにと命令した。 35  それから,こう言った。「イスラエルの皆さん,この人たちをどうするかについては注意してください。 36  例えば,以前チウダが立ち上がって自分は偉い人物だと主張し,約400人の男が一味に加わりました。しかし,彼は殺され,従っていた者たちも皆追い散らされて,跡形もなくなりました。 37  その後,登録があった頃にガリラヤ人ユダが立ち上がり,人々を自分に付かせました。しかし,その男も死に,従っていた者たちも皆散り散りになりました。 38  ですから,今のところ,この人たちに手出しせず,放っておきなさい。この計画や活動が人間から出たものであれば,それは阻止されます。 39  しかし,それが神からのものであれば,阻止することはできません+。手出しするなら,神に対して戦う者となってしまいかねません+」。 40  皆はガマリエルの意見を受け入れ,使徒たちを呼び出して打ちたたき+,イエスの名によって語るのをやめるようにと命じてから去らせた。 41  使徒たちは,イエスの名のために辱められるという栄誉を与えられたことを喜びつつ+,サンヘドリンの前から出ていった。 42  そして毎日,神殿で,また家から家へと行って教え+,キリストであるイエスについての良い知らせを広め続けて,やめなかった+

脚注

付録A5参照。
用語集参照。
直訳,「しるし」。
付録A5参照。
または,「統治者に従うように従わなければ」。
または,「木」。
または,「切られるように感じ」。

注釈

メディア

ソロモンの柱廊
ソロモンの柱廊

この3D動画は,ソロモンの柱廊がどのようなものだったかを想像して作ったもの。ソロモンの柱廊は,1世紀のエルサレム神殿の外側の庭の東側にあった屋根付きの広い通路。聖書にはこの場所の名前が3回出てくる。ヨハネの記述によると,この柱廊を歩いていたイエスをユダヤ人たちが取り巻いて,自分がキリストかどうかを言うよう迫った。(ヨハ 10:22-24)後に,生まれた時から足が不自由な男性が癒やされたことに驚いた人々は,どのように癒やしたか,ペテロから説明を聞くためにソロモンの柱廊の所に集まった。(使徒 3:1-7,11)また初期クリスチャンは,人々のいるソロモンの柱廊に集合した。(使徒 5:12,13用語集参照。