内容へ

だれかが設計?

人体

人体の治癒力

科学者たちはこの能力をまねて,新しいプラスチックを作りました。どのようにまねたのでしょうか。

DNAの記憶容量

DNAは「究極のハードディスク」と呼ばれています。なぜでしょうか。

陸生動物

ラッコの毛皮

ある種の海洋哺乳類は,厚い脂肪層によって体温を保っています。でも,ラッコは別の断熱法を使っています。

ネコのひげの機能

科学者たちは,電子ひげと呼ばれるセンサー付きのロボットを設計しています。なぜでしょうか。

イヌの嗅覚

科学者たちはイヌの嗅覚を応用しようとしています。イヌの嗅覚にはどんな優れた点があるでしょうか。

ウマの脚

技術者たちがその造りをそっくり模倣できないのはなぜでしょうか。

接着力抜群のナメクジの粘液

ナメクジの粘液をまねた接着剤は手術道具の必需品になり,針やステープラーは必要なくなると考えられています。

水生生物

頑丈なカサガイの歯

カサガイの歯はクモの糸よりも高い強度を持っています。なぜでしょうか。

高性能なナマコの皮膚

この海洋生物の優れた柔軟性の秘密はどこにあるのでしょうか。

フジツボの接着剤

フジツボの接着剤はどんな人工の接着剤よりもはるかに優れています。しかし,フジツボがぬれた表面に接着できるメカニズムは,最近まで謎に包まれていました。

貝殻の形状

貝殻の形状や構造は,貝の軟らかい体を保護します。

ムール貝の足糸

ムール貝は,糸を出して体を固定させます。この仕組みを理解することは,建物に何らかの装置を張り付けたり,腱(けん)を骨と癒合させたりする革新的な方法を考え出すのに役立っています。

コウイカの体色変更能力

研究者たちはコウイカの体色変更能力を模倣して,瞬時に色が変わる衣服を作ろうとしています。

ハワイの浅瀬にすむダンゴイカの発光器

この生物は,自分の姿を見せるためではなく,姿を消すために発光します。

驚くべきタコの腕

エンジニアたちはタコの腕を模倣して,びっくりするような能力を持つロボットアームを開発しています。

ザトウクジラのひれ

この巨大な動物のひれの構造は,わたしたちの生活にどのように役立つでしょうか。

ゴンドウクジラの皮膚のセルフクリーニング機能

海運業者はこの素晴らしい機能に注目しています。どうしてでしょうか。

イルカのソナー

科学者たちは,この動物の持つ,周囲の様子を判別する特異な能力を再現しようとしています。

クモヒトデの骨格にある“目”

浅瀬にいるこの生物の骨格は,どんな驚くべき構造になっているのでしょうか。

タツノオトシゴのしっぽ

タツノオトシゴはとても珍しいしっぽを持つ魚です。このしっぽを新しいロボット開発に応用することが期待されています。

魚群の泳ぎ

魚から,自動車事故を減らすためのどんなヒントを学べますか。

石油を分解する微生物

微生物は現代の技術と比べ,流出した原油を除去するのにどれほど効果的でしょうか。

カツオドリの高速ダイブ だれかが設計?

この大型の海鳥が重力の20倍を超える衝撃に耐えられるのはなぜでしょうか。

色あせない鳥の羽

色あせない鳥の羽の構造を応用すれば,色落ちしないペンキや生地を作れるかもしれません。

フクロウの翼

フクロウの翼の驚くべき構造には,風力発電の騒音を減らすためのかぎが隠されていました。

滑空する鳥の翼の先端にある上向きの羽根

航空機のエンジニアは,それを模倣して,世界のジェット機の燃料を1年間に76億㍑も節約することができました。

エンペラーペンギンの羽毛

ペンギンの羽毛に関して海洋生物学者はどんなことを発見したでしょうか。

ワタリアホウドリの省エネ飛行

この鳥は翼を一回も羽ばたかずに何時間も続けて飛ぶことができます。どのようにしているのでしょうか。

オオソリハシシギのナビゲーション・システム

八日で渡りをするこの鳥の驚異的な能力について紹介します。

は虫類と両生類

水分を集める,モロクトカゲの皮膚

モロクトカゲは水分をどうやって足から口にまでくみ上げるのでしょうか。

アガマトカゲのしっぽ

このトカゲは水平な面から垂直の壁へとどのようにして跳び移ることができるのでしょうか。

ワニのあごと口

そのかむ力は,ライオンやトラのほぼ3倍もあります。それでも,人間の指先より敏感です。どのようにでしょうか。

イブクロコモリガエルの繁殖の仕組み

「生殖生物学の観点からすると,それがゆっくりと徐々に変化したと考えることは到底できない」と進化論者が言うのはなぜでしょうか。

ヘビの皮膚

ヘビの皮膚が,ごつごつした木の幹を登ることにも,ざらざらした砂の中に潜り込むことにも耐えられるのは,なぜでしょうか。

昆虫

マルハナバチの飛行能力 だれかが設計?

この小さなハチがベテランのパイロットよりも上手に飛べるのはなぜでしょうか。

渋滞しないアリの行列

アリの行列は渋滞しません。なぜでしょうか。

ミツバチのランディング

それが飛行ロボットの誘導システムで使用するのに理想的なのは,なぜでしょうか。

ハチの巣

ハチは,空間効率の良い利用法に関して,数学者たちが1999年まで証明できなかった,どんなことを知っていましたか。

アリの首

アリが自分の体重の何倍もある物を運べるのはなぜでしょうか。

オオアリの触角クリーナー

この小さな昆虫にとって汚れは命取りになります。どうやって触角をきれいにしているのでしょうか。

サハラギンアリの熱シールド

この虫は,最も暑さに強い陸生生物に数えられます。なぜ厳しい暑さを生き延びることができるのでしょうか。

周期ゼミのライフサイクル

この魅力的な昆虫は,孵化して13年後もしくは17年後にたった2,3週間だけ地上に現われます。

ウンカの幼虫の歯車

そのおかげで,この虫は勢いよく,適切な方向にジャンプできます。

ハチノスツヅリガの驚くべき聴覚

単純な聴覚器官ですが,どんな生物よりも優れた聴覚を持っています。

バッタの脳にある動作検知ニューロン

群れを成して飛ぶバッタは,どのようにして互いにぶつからないようにしているのでしょうか。

チョウの羽

ディディウスモルフォチョウの羽の表面は滑らかに見えますが,それには顕微鏡でしか見えない特色があります。それらの特色は何のためにあるのでしょうか。

光を吸収するチョウの羽

ある種のチョウの羽には,色が黒いこと以上の何かがあります。

V字に開いたモンシロチョウの羽

効率の良いソーラーパネルを設計する際,エンジニアたちはモンシロチョウからどんなヒントを得たのでしょうか。

ナガヒラタタマムシのセンサー

研究者はこの不思議なタマムシから何かヒントが得られるでしょうか。

フンコロガシのナビゲーション能力

フンコロガシのビジュアル・ナビゲーション・システムは,どんなものでしょうか。人間はその仕組みから何を学べるでしょうか。

ホタルの発光器

科学者たちは,多くの電子機器に使われているLEDの光を一層明るいものにするため,この小さな昆虫のどんな優れた点を応用しようとしているのでしょうか。

キリギリスの注目に値する聴覚

この小さな昆虫の耳は,人間の耳と同じような仕組みになっています。この特異な聴覚システムについての研究は,現代の理工学にどんな益をもたらせるでしょうか。

ハエの平均棍

ハエが複雑なアクロバット飛行をこなせるのはなぜでしょうか。その秘密をご説明しましょう。

ショウジョウバエのアクロバット飛行

ショウジョウバエは,ジェット戦闘機のように素早く方向転換することができます。しかも,ほんの一瞬で。

クモ

オオヒメグモ ― 粘着力の秘密

オオヒメグモの網は,必要に応じて強くも弱くもなります。どうしてでしょうか。

ハエトリグモのぼやけた視界

このクモはどうやって距離を正確に測るのでしょうか。研究者たちがその仕組みをまねたいと思っているのはなぜですか。

植物

衝撃を吸収するブンタンの皮 だれかが設計?

科学者はブンタンの衝撃を吸収する仕組みを応用しようとしています。

青い宝石 ポリア・コンデンサータ

この実には,青い色素が含まれていませんが,どんな植物よりも美しい青色を放ちます。その輝くような色はどこから来るのでしょうか。

植物の計算能力

研究者たちは,アブラナ科の植物にすごい能力があることを発見しました。