内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

生命の起源に対する見方

脳病理学者が自分の信仰について語る

ラジェシュ・カラリア教授が自分の仕事と信仰について語ります。教授は,どんなきっかけで科学に興味を持ったのでしょうか。どうして生命の起源について考え直したのでしょうか。

イレーヌ・ホフ・ロランソー: 整形外科医が自分の信仰について語る

人工装具を扱う仕事をしていく中でそれまで信じてきた進化論に疑問を抱くようになりました。

モニカ・リチャードソン: 医師が自分の信仰について語る

モニカは,生命の誕生が偶然の奇跡によるのか,それとも設計者によるものなのか疑問に思いました。彼女は医師としての経験からどんな結論を導き出したでしょうか。

発生学者が自分の信仰について語る

許 岩得 教授は,かつて進化論を信じていましたが,研究者になってから考えを変えました。

外科部長が自分の信仰について語る

ギエルモ・ペレス医師は長年,進化を信じていましたが,今では,人体は神によって設計されたものだと確信しています。そのように変化したのはなぜでしょうか。

腎臓専門医が自分の信仰について語る

無神論者だった医師が神や人生の意味について考え始めました。なぜでしょうか。何がきっかけで見方が変わったのでしょうか。

ソフトウェアデザイナーが自分の信仰について語る

喩<ユ> 蕃<ハン> 博士は,数学者としてのキャリアをスタートさせた当時,進化論を信じていましたが,今では,生命は神によって設計され,創造されたと信じています。なぜでしょうか。

マッシモ・ティスタレリ: ロボット工学者が自分の信仰について語る

彼は科学を大いに重んじていたので,進化論への疑問を抱くようになりました。

実験物理学者が自分の信仰について語る

何 文龍は,自然界の主な2つの事実から創造者の存在を確信しました。

創造者がいるという確信は強くなっています

フレデリック・デュムランは,宗教にうんざりして無神論者になりました。しかし,生物の造りと聖書とを研究して,創造者の実在を確信しました。

バイオテクノロジー研究者が自分の信仰について語る

ハンツ・クリスティアン・コトラル博士は,免疫系の研究を通して,生命の起源に関する疑問を抱きました。その疑問は,聖書を研究することにより解けたでしょうか。

微生物学者が自分の信仰について語る

台湾の科学者,楊 鳳玲は,細胞の化学的性質の意外な複雑さを知って,進化論に対する自分の見方を改めました。なぜでしょうか。

生化学者が自分の信仰について語る

どんな科学的事実を考察したのでしょうか。なぜ聖書を信じるようになったのでしょうか。

生化学者が自分の信仰について語る

この研究者は生命の起源について再考しました。なぜでしょうか。聖書は神からのものである,という確信を抱きました。どうしてでしょうか。

数学者が自分の信仰について語る

ジーン・ホワン教授は,自分の宗教信念と大学での研究が相反することはないと考えています。なぜでしょうか。

クラシック音楽のピアニストが自分の信仰について語る

無神論者だったこの人が,音楽そのものから創造者の存在を確信するようになりました。聖書を神からのものと信じるようになったのは,どうしてでしょうか。

ペトル・マズニー: 法律学の教授が自分の信仰について語る

ペトルは共産主義体制下で生まれました。創造者の概念をばかげていると考えていました。何が彼の考えを変えたのでしょうか。

「生命は神によって設計されたと確信するようになりました」

ある科学者は,聖書,進化論,生命の起源についての見方が変わりました。なぜでしょうか。