内容へ

目次へ

 だれ​か​が​設計?

ワタリアホウドリの省エネ飛行

ワタリアホウドリの省エネ飛行

空​高く​飛翔​する​鳥​は,最小限​の​力​で​空中​に​とどまる​こと​が​でき​ます。その​点​で,ワタリアホウドリ​は​際立っ​て​い​ます。この​鳥​は,翼長​が​約​3.4​㍍​で​体重​が​8.5​㌔​弱​です​が,エネルギー​を​ほとんど​使わ​ず​に​何千​キロ​も​飛ぶ​こと​が​できる​の​です。その​秘密​は,この​鳥​の​生体​構造​と​飛翔​法​と​に​あり​ます。

考え​て​み​て​ください: アホウドリ​は,飛ん​で​いる​間,特殊​な​腱​を​使っ​て​翼​を​いっぱい​に​広げ​た​状態​に​固定​し,筋肉​を​休ま​せる​こと​が​でき​ます。この​鳥​が​何​時間​も​飛び​続け​られる​の​は,海洋​風​に​乗る​から​で​も​あり​ます。

海上​を​飛ぶ​時​の​アホウドリ​は,絶え​ず​弧​を​描い​て​上昇​し​たり​旋回​し​たり​下降​し​たり​し​ます。その​よう​に​し​て,空気​抵抗​に​よっ​て​失わ​れ​た​推進​力​を​補う​の​です。どの​よう​に​し​て​そう​する​の​か​を​科学​者​たち​が​探り当て​た​の​は,ごく​最近​の​こと​です。高​感度​の​追跡​装置​と​特別​な​コンピューター​・​ソフト​を​用い​て​発見​し​た​ところ​に​よる​と,アホウドリ​は​上昇​し​た​最も​高い​所​で​風上​から​風下​へ​回転​し,必要​な​エネルギー​を​得​て​い​まし​た。「エネルギー​を​引き出す​その​方法」は「スムーズ​かつ​継続​的」で​ある,と​科学​者​たち​は​述べ​て​い​ます。この​鳥​は​その​よう​に​し​て,翼​を​一​回​も​羽ばたか​ず​に​何​時間​も​続け​て​飛ぶ​こと​が​できる​の​です。

こう​し​た​情報​は,技師​たち​に​とっ​て,燃料​効率​の​良い​航空​機,さらに​は​エンジン​が​なく​て​も​推進​力​の​ある​もの​を​設計​する​の​に​役立つ​か​も​しれ​ませ​ん。

どう​思わ​れ​ます​か: アホウドリ​の​省エネ​飛行​は,また​その​特殊​な​生体​構造​は,進化​に​よる​もの​でしょ​う​か。それとも,だれ​か​が​設計​し​た​の​でしょ​う​か。