内容へ

だれかが設計?

高性能なナマコの皮膚

ナマコは海底やサンゴ礁に生息する生き物です。見た目はごつごつ,ぼこぼこしていて,いぼ足が付いています。ナマコは,数分またはわずか数秒で,ワックスのようにどろどろに溶けることもあれば,板のように硬くなることもあります。ナマコの体はとてもしなやかなので,狭い隙間に入り込んで体を硬くし,捕食動物が引っ張り出せないように身を守ることができます。その秘密は素晴らしい皮膚の造りにあります。

考えてみてください: ナマコの皮膚の硬さには,硬い状態,標準状態,軟らかい状態の3つの状態があります。ナマコは硬さを変えるとき,皮膚の中にある繊維をつなぎ合わせたり,ほどいたりします。その際に,皮膚を硬化させるタンパク質か,軟化させるタンパク質のどちらかを活性化させます。

皮膚を硬化させるタンパク質は,結合組織の中にある繊維の間に小さな橋や鎖を形成して,皮膚を硬くします。軟化させるタンパク質は,繊維の鎖をほどいて皮膚を軟らかくします。ナマコの皮膚はとても軟らかくなると,溶けているように見えます。

科学者たちはナマコの皮膚の適応能力をまねた物を開発しています。1つの目的は,脳の外科手術で使う電極を作ることです。この電極は,脳の定位置に正確に埋め込める硬さがあり,軟らかくもなります。この適応性は拒絶反応を抑えるのに役立ちます。

どう思われますか: 高性能なナマコの皮膚は進化によるものでしょうか。それとも,だれかが設計したのでしょうか。