内容へ

目次へ

 だれ​か​が​設計?

ミツバチのランディング

ミツバチのランディング

ミツバチ​は,事実​上​どんな​角度​から​も​安全​に“着地”でき​ます。なぜ​でしょ​う​か。

考え​て​み​て​ください: 無事​に​着地​する​ため,ミツバチ​は,目標​地点​に​到達​する​直前​に​速度​を​ほぼ​ゼロ​に​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​ため​に​は,飛行​速度​と​ターゲット​まで​の​距離​と​いう​2​つ​の​要素​を​測定​し,それ​に​応じ​て​スピード​を​落とす​こと​が​必要​です。ところ​が​ほとんど​の​昆虫​は,そう​する​こと​が​でき​ませ​ん。両目​の​間隔​が​非常​に​狭く,ピント​調整​も​でき​ない​ため,距離​感​を​正確​に​つかめ​ない​から​です。

ミツバチ​は,人間​の​よう​に​立体​的​に​物​を​見る​こと​が​でき​ませ​ん​が,次​の​よう​な​単純​な​事実​を​利用​し​て​いる​よう​です。それ​は,物体​は​近づけ​ば​大きく​見え,近づけ​ば​近づく​ほど​大きく​見え​て​くる​スピード​も​速く​なる,と​いう​こと​です。オーストラリア​国立​大学​で​行なわ​れ​た​実験​に​よれ​ば,ミツバチ​は,目標​物​の​見える​大きさ​の​変化​率​を​一定​に​保つ​ため,飛行​速度​を​徐々​に​落とし​ます。こう​し​て,ターゲット​に​到達​する​とき​に​は​速度​が​ほぼ​ゼロ​に​なり,無事​に​着地​できる​の​です。

「全米​科学​アカデミー​紀要」と​いう​機関​誌(英語)は,「この​着地​法​は,その​単純​さ​と​普遍​性​ゆえ​に,……飛行​ロボット​の​誘導​システム​で​使用​する​の​に​理想​的​で​ある」と​述べ​て​い​ます。

どう​思わ​れ​ます​か: ミツバチ​の​ランディング​は,進化​に​よる​もの​でしょ​う​か。それとも,だれ​か​が​設計​し​た​の​でしょ​う​か。