内容へ

目次へ

 だれ​か​が​設計?

チョウの羽

チョウの羽

チョウ​の​羽​は,少し​の​塵​や​数​滴​の​水​が​付着​する​だけ​で​飛べ​なく​なる​ほど,薄く​て​弱い​もの​です。ところが,汚れ​や​水​が​付い​た​まま​に​は​なり​ませ​ん。一体​なぜ​でしょ​う​か。

チョウ​の​羽​は​細か​な​鱗粉​で​覆わ​れ​て​いる

考え​て​み​て​ください: ディディウスモルフォ(Morpho didius)に​つい​て​研究​し​て​いる,オハイオ​州立​大学​の​研究​者​たち​は,この​チョウ​の​羽​は​肉眼​で​は​滑らか​に​見える​と​は​いえ,表面​が​かわら​に​似​た​細か​な​鱗粉​で​覆わ​れ​て​いる,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。それら​の​鱗粉​の​表面​に​は​平行​に​並ん​だ​微細​な​溝​が​ある​ため,汚れ​や​水滴​は​すぐ​転げ落ち​ます。技術​者​たち​は​目下​チョウ​の​羽​を​まね​て,産業​機器​や​医療​機器​に​汚れ​や​水​の​付着​を​防ぐ​ハイテク​・​コーティング​を​施そ​う​と​し​て​い​ます。

人​は​様々​な​生き物​の​造り​を​科学​的​に​模倣​し​よう​と​し​て​い​ます​が,チョウ​の​羽​も​その​一つ​に​すぎ​ませ​ん。「自然​界​は,極小​の​物​から​極大​の​物​に​至る​まで,工学​技術​の​驚異​で​満ち​て​おり,これ​まで​幾​世紀​に​も​わたっ​て​人間​を​啓発​し​て​き​た」と,研究​者​の​バラト​・​ブシャン​は​述べ​て​い​ます。

どう​思わ​れ​ます​か: チョウ​の​羽​は,進化​に​よる​もの​でしょ​う​か。それとも,だれ​か​が​設計​し​た​の​でしょ​う​か。