内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

だれかが設計?

ショウジョウバエのアクロバット飛行

ハエをたたき落とすのは至難の業です。目にもとまらぬ速さで,大抵の攻撃をかわされてしまいます。

科学者によると,ショウジョウバエは,ジェット戦闘機のように素早く方向転換することができます。しかも,ほんの一瞬で。生まれた時から「エースパイロットです。それはまるで,生まれたての赤ちゃんを戦闘機のコックピットに座らせたら,それを手足のように操ってしまったようなものです」と,マイケル・ディキンソン教授は述べています。

研究者たちがハエのアクロバット飛行を録画して分かったことですが,ハエは1秒につき約200回も羽ばたいています。にもかかわらず,たった1回の羽ばたきで,方向転換して危険を回避することができます。

反応速度はどうですか。ハエが攻撃された時の反応速度は,人間のまばたきの50倍の速さと言われています。ディキンソン教授によると,「どこに危険があるか,どの方向に飛べば上手に逃げられるかを判断するために,ハエはとても短い時間で非常に高度な計算をします」。

ショウジョウバエは小さな脳でどうしてそのような計算ができるのか,だれにもわかりません。研究者たちが知りたいのはそこです。

ショウジョウバエはほんの一瞬で危険から身をかわすことができる

どう思われますか: ショウジョウバエのアクロバット飛行は進化によるものでしょうか。それとも,だれかが設計したのでしょうか。