内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

イエスは何のために死にましたか

聖書​の​答え

イエス​の​死​に​より,人類​は​罪​の​許し​と​終わり​の​ない​命​を​受け​られる​よう​に​なり​まし​た。(ローマ 6:23。エフェソス 1:7)さらに,人間​は​極度​の​試練​に​直面​し​て​も​神​へ​の​忠節​を​保つ​こと​が​できる,と​いう​こと​が​証明​さ​れ​まし​た。(ヘブライ 4:15

どうして​1​人​の​人​の​死​に​よっ​て​これ​ほど​の​こと​が​成し遂げ​られ​た​の​でしょ​う​か。考え​て​み​ましょ​う。

  1. イエス​は「罪​の​許し」の​ため​に​死ん​だ(コロサイ 1:14

    最初​の​人間​アダム​は,の​ない​完全​な​者​と​し​て​創造​さ​れ​まし​た。しかし,アダム​は​神​に​背く​こと​を​選び​まし​た。アダム​の​不​従順,つまり​罪​は,子孫​すべて​に​大きな​影響​を​及ぼし​まし​た。聖書​は,「一​人​の​人​の​不​従順​を​通し​て​多く​の​者​が​罪人​と​され​た」と​説明​し​て​い​ます。(ローマ 5:19

    イエス​も​完全​でし​た。しかし,罪​を​犯す​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。それで,イエス​は「わたしたち​の​罪​の​ため​の​なだめ​の​犠牲」と​なる​こと​が​でき​まし​た。(ヨハネ​第​一 2:2)アダム​の​不​従順​に​よっ​て,人類​は​罪​で​汚染​さ​れ​まし​た​が,イエス​の​死​に​よっ​て,イエス​に​信仰​を​働か​せる​人​は​皆,罪​と​いう​汚点​を​取り除か​れ​た​の​です。

    アダム​は​ある​意味​で,人類​を​罪​に​売り渡し​まし​た。イエス​は​わたしたち​の​ため​に​進ん​で​死ぬ​こと​に​より,人類​を​ご自分​の​もの​と​し​て​買い戻し​て​ください​まし​た。ですから,「もし​だれ​か​が​罪​を​犯す​こと​が​あっ​て​も,わたしたち​に​は​父​の​もと​に​助け手,すなわち​義​なる​方​イエス​・​キリスト​が​おら​れ」る​の​で​す。(ヨハネ​第​一 2:1

  2. イエス​は,死ぬ​こと​に​より「だれ​で​も​彼​に​信仰​を​働か​せる​もの​が​滅ぼさ​れ​ない​で,永遠​の​命​を​持てる​よう​に​され​た」(ヨハネ 3:16

    アダム​は​永遠​に​生きる​よう​に​創造​さ​れ​まし​た​が,罪​を​犯し​た​ため,死​と​いう​罰​を​受け​まし​た。アダム​を​通し​て「罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広​が」り​ま​し​た。(ローマ 5:12

    対照​的​に​イエス​の​死​は,イエス​に​信仰​を​働か​せる​すべて​の​人​の​罪​の​汚点​を​取り除い​た​だけ​で​なく,死刑​宣告​も​取り消し​まし​た。聖書​は​次​の​よう​に​まとめ​て​い​ます。「罪​が​死​を​伴っ​て​王​と​し​て​支配​し​た​の​と​同じ​よう​に,過分​の​ご親切​も​また,わたしたち​の​主​イエス​・​キリスト​を​通し​て​来る​永遠​の​命​の​見込み​を​伴い​つつ,義​に​よっ​て​王​と​し​て​支配[し​まし​た]」。(ローマ 5:21

    もちろん,人間​の​寿命​は​今​の​ところ​限ら​れ​て​い​ます​が,神​は​心​の​正しい​人​に​永遠​の​命​を​与える​と​約束​し​て​おら​れ​ます。イエス​の​犠牲​の​死​から​恩恵​を​受け​られる​よう,神​は亡くなっ​た​人​も​復活させ​ます。(詩編 37:29。コリント​第​一 15:22

  3. イエス​は「死​に​至る​まで​従順​に​な[っ​た]」の​で,どんな​試み​や​試練​の​もと​で​も​人間​は​神​へ​の​忠実​を​保てる​こと​を​証明​し​た(フィリピ 2:8

    アダム​は,完全​な​心​と​体​を​持っ​て​い​た​に​も​かかわら​ず,利己​的​に​も​自分​の​もの​で​は​ない​もの​を​欲し​た​ため,神​に​背き​まし​た。(創世記 2:16,17; 3:6)後​に,神​の​主要​な​敵​で​ある​サタン​は,無私​の​態度​で​神​に​従っ​て​いる​人間​など​1​人​も​おら​ず,自分​の​命​が​かかっ​て​いれ​ば​なおさら​従わ​ない​だろ​う​と​ほのめかし​まし​た。(ヨブ 2:4)しかし,完全​な​人​で​あっ​た​イエス​は,不​名誉​で​苦痛​を​伴う​死​を​遂げる​こと​に​なっ​て​も,神​に​従い,忠節​を​保ち​まし​た。(ヘブライ 7:26)どんな​試練​や​試み​が​降りかかっ​た​と​し​て​も,人間​が​神​へ​の​忠実​を​保つ​こと​は​可能​で​ある,と​いう​こと​が​はっきり​証明​さ​れ​た​の​です。

イエス​の​死​に​関する​疑問

  • 人類​を​買い戻す​ため​に​イエス​が​苦しん​で​死ぬ​必要​が​あっ​た​の​は​なぜか 神​が​死​の​宣告​を​取り消す​だけ​で​よかっ​た​の​で​は​ない​か

    「罪​の​報い​は​死」で​ある,と​神​の​律法​は​述べ​て​い​ます。(ローマ 6:23)神​は,この​律法​を​アダム​に​隠す​こと​なく,不​従順​の​罰​は​死​で​ある​と​告げ​て​おら​れ​まし​た。(創世記 3:3)神​は「偽る​こと​の​でき​ない」方​な​の​で,アダム​が​罪​を​犯し​た​時,ご自分​の​言葉​を​曲げる​こと​は​され​ませ​ん​でし​た。(テトス 1:2)アダム​は​子孫​に​罪​だけ​で​なく,罪​の​報い,つまり​死​も​伝える​こと​に​なり​まし​た。

    罪​を​受け継い​だ​人間​は,死​と​いう​罰​を​受け​て​当然​です​が,神​は「過分​の​ご親切​の​富」を​差し伸べ​て​ください​まし​た。(エフェソス 1:7)人類​を​買い戻す​ため​の​神​の​備え,つまり​イエス​を​完全​な​犠牲​と​し​て​地​に​遣わす​こと​は,全く​公正​で,極めて​憐れみ深い​こと​でし​た。

  • イエス​は​いつ​亡くなっ​た​か

    イエス​は,ユダヤ​人​の過ぎ越しの​日​に​亡くなり​まし​た。時刻​は​日​の​出​から​数え​て「第​九​時」,つまり​午後​3​時​ごろ​でし​た。(マルコ 15:33‐37,脚注)現代​の​暦​に​よれ​ば,その​日​は​西暦​33​年​4​月​1​日​の​金曜​日​に​当たり​ます。

  • イエス​は​どこ​で​亡くなっ​た​か

    イエス​は,「いわゆる“どくろ​の​場所”……ヘブライ​語​で​ゴルゴタ​と​呼ば​れる​所」で​処刑​さ​れ​まし​た。(ヨハネ 19:17,18)イエス​の​時代,この​場所​は​エルサレム​の「門​の​外」に​あり​まし​た。(ヘブライ 13:12)イエス​の​処刑​を「やや​離れ​た​ところ」から​見​て​い​た​人​たち​も​い​た,と​聖書​は​述べ​て​いる​こと​から,丘​の​上​に​位置​し​て​い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。(マルコ 15:40)しかし​現在​で​は,ゴルゴタ​の​場所​に​つい​て​確か​な​こと​は​分かり​ませ​ん。

  • イエス​は​どの​よう​に​亡くなっ​た​か

    イエス​は​十字架​に​磔(はりつけ)に​され​て​処刑​さ​れ​た,と​多く​の​人​は​信じ​て​い​ます​が,聖書​に​は「あなたがた​が​木​に​つけ​て​殺し​た​イエス」と​書か​れ​て​い​ます。(使徒 5:30,「新​共同​訳」,日本​聖書​協会)聖書​筆者​は​イエス​の​処刑​に​使わ​れ​た​道具​を​示す​の​に,スタウロス​と​クシュロン​と​いう​ギリシャ​語​の​2​つ​の​言葉​を​使い​まし​た。これら​は​1​本​の​梁材(はり​ざ​い),または​まっすぐ​な​杭​を​指し​て​いる​と​多く​の​学​者​は​結論​し​て​い​ます。

  • イエス​の​死​を​どの​よう​に​記念​す​べき​か

    ユダヤ​人​の​年​ごと​の​過ぎ越し​の​日​の​夜,イエス​は​追随​者​たち​の​ため​に​シンプル​な​手順​を​制定​し,「わたし​の​記念​と​し​て​これ​を​行なっ​て​ゆき​なさい」と​命じ​まし​た。(コリント​第​一 11:24)数​時間​後,イエス​は​処刑​さ​れ​まし​た。

    聖書​筆者​たち​は,イエス​を​過ぎ越し​で​ささげ​られ​た​子羊​に​例え​て​い​ます。(コリント​第​一 5:7)過ぎ越し​の​祝い​が,イスラエル​人​たち​に​奴隷​状態​から​の​解放​を​思い起こさ​せ​た​の​と​同じ​よう​に,イエス​・​キリスト​の​死​の​記念​式​も,クリスチャン​に​罪​と​死​から​の​解放​を​思い起こさ​せ​ます。過ぎ越し​は,太陰​暦​の​ニサン​14​日​に​毎年​祝わ​れ​まし​た。同様​に,初期​クリスチャン​たち​も​年​ごと​に​記念​式​を​守り行ない​まし​た。

    毎年,ニサン​14​日​に​当たる​日​に,世界​中​で​何百万​も​の​人々​がイエス​の​死​を​記念し​ます。

もっと調べる

聖書の質問に答える

イエスの死が「多くの人の身代金」と言えるのはなぜですか

その身代金によって,罪ある状態からどのように請け戻されるのでしょうか。

聖書は実際に何を教えていますか

贖い ― 神からの最大の贈り物

贖いとは何ですか。どうすればその益にあずかれますか。