ローマ​の​クリスチャン​へ​の​手紙 5:1-21

5  従って,私たちは信仰のゆえに正しいと認められたのですから+,主イエス・キリストを通して神との平和を楽しみましょう*+  私たちはさらに,キリストを通して,信仰により,惜しみない親切を受けられるようになりました。その親切を今味わっています+。神によって栄光に輝くという希望があるのですから,喜びましょう*  それだけでなく,苦難に遭っても喜びましょう*+。私たちが知っている通り,苦難によって忍耐力が身に付くからです+  そして,忍耐すると神から良いと認められ+,神から良いと認められると希望を持てます+  その希望が失望に至ることはありません+。私たちに与えられた聖なる力によって,神の愛が心の中に注がれているからです+  私たちがまだ弱かった間+,キリストは定められた時に,神を敬わない人たちのために死んでくださいました。  正しい人のために死ぬ人はまずいません。もしかすると,善い人のためなら,死のうとする人がいるかもしれません。  しかしキリストは,私たちがまだ罪人だった間に,私たちのために死んでくださいました。そのことにより,神はご自分の愛を私たちに示してくださっています+  それで,今や私たちは,キリストの血によって正しいと認められたのですから+,ましてこの方を通して憤りから救われるはずです+ 10  敵だった時に神の子の死によって神と和解したのですから+,まして和解した今,神の子の命によって救われるはずなのです。 11  それだけでなく,私たちは,主イエス・キリストのおかげで,神との関係を喜んでいます。キリストを通して神と和解したからです+ 12  このような訳で,1人の人によって人類に罪*が入り,罪によって死が入り+,こうして,全ての人が罪人になったために+,死が全ての人に広がったように―。 13  律法以前にも人類は罪を抱えていました。もちろん,律法がなければ誰も罪に問われません+ 14  それでも死は,アダムからモーセに至るまで,王として支配しました。アダムの違反と同様の罪を犯さなかった人に対してもです。アダムには,来ることになっていた方との類似点がありました+ 15  しかし,神の贈り物の場合は,アダムの過ちの場合とは異なっています。1人の人の過ちによって多くの人が死にましたが,神の惜しみない親切と,1人の人+イエス・キリストの惜しみない親切による神の無償の贈り物とは,多くの人に+あふれるほど豊かに与えられたからです。 16  また,無償の贈り物がもたらした結果は,1人の人が罪を犯した結果+とは違います。1つの過ちの後に下された判決は有罪+でしたが,多くの過ちの後に与えられた贈り物は,正しいと認めることだった+からです。 17  1人の人の過ちにより,その人を通して死が王として支配したのですから+,まして,惜しみない親切を豊かに示され,無償の豊かな贈り物として正しいと認められる人たちは+,1人の人イエス・キリストを通して命を得+,王として治める+のです。 18  こうして,1つの過ちによってあらゆる人が有罪宣告を受けたように+,1つの正しい行いによってあらゆる人が+正しいと認められ,命を得られるようになりました+ 19  1人の人の不従順によって多くの人が罪人になったように+,1人の人の従順によって多くの人が正しい人になるのです+ 20  律法が登場したことにより,多くの過ちが明らかになりました+。しかし,罪が増すと,惜しみない親切がいっそう豊かに示されました。 21  何のためでしょうか。罪が死と共に王として支配したように+,惜しみない親切も正しさを通して王として治め,主イエス・キリストによって永遠の命に導くためです+

脚注

もしかすると,「平和な関係にあります」。
もしかすると,「喜びます」。
もしかすると,「喜びます」。
用語集参照。

注釈

メディア