ヨハネ​に​よる​福音​書 19:1-42

19  それからピラトはイエスを連れていき,むち打った+  兵士たちはいばらで冠を編んでイエスにかぶらせ,紫の長い衣を着せた+  そして近寄っていっては,「ごあいさつ申し上げます*,ユダヤ人の王よ!」と言った。また,顔を平手打ちするのだった+  ピラトはまた外へ行って,ユダヤ人たちに言った。「さあ,彼をあなた方の前に連れ出す。何の過失も見つけられないのだ+」。  イエスは,いばらの冠と紫の長い衣を身に着けて外に出てきた。ピラトはユダヤ人たちに言った。「見なさい,この人だ!」  しかし,祭司長や下役たちはイエスを見ると,「杭に掛けろ*! 杭に掛けろ+!」と叫んだ。ピラトは言った。「自分たちで連れていって杭に掛けなさい。私は彼に何の過失も見つけられない+」。  ユダヤ人たちは答えた。「私たちには律法があり,その律法によれば,彼は死に値します+。自分を神の子としたからです+」。  ピラトはそれを聞いて,ますます恐ろしくなった。  そして,また総督の邸宅に入り,イエスに言った。「あなたはどこから来たのか」。しかしイエスは何も答えなかった+ 10  それでピラトは言った。「黙っているつもりか。あなたを釈放する権限も処刑*する権限も私にあることを知らないのか」。 11  イエスは答えた。「天から与えられていなかったなら,あなたは私に対して何の権限もないでしょう。それで,私をあなたに引き渡した人の罪はもっと重いのです」。 12  そのため,ピラトはイエスを何とか釈放しようとしたが,ユダヤ人たちはこう叫んだ。「この男を釈放するなら,あなたはカエサルの友ではありません。自分を王とする者は皆,カエサルに逆らっているのです+」。 13  ピラトはこうした言葉を聞いてから,イエスを連れ出し,石畳,ヘブライ語ではガバタと呼ばれる場所にある裁きの座に座った。 14  それは過ぎ越しの準備の日+で,昼の12時ごろだった。ピラトはユダヤ人たちに言った。「見なさい,あなた方の王だ!」 15  しかし彼らは,「殺せ! 殺せ! 杭に掛けろ!」と叫んだ。ピラトは言った。「あなた方の王を私が処刑するのか」。祭司長たちは,「私たちにはカエサルのほかに王はいません」と答えた。 16  それで,ピラトはイエスを杭に掛けて処刑するために引き渡した+ 兵士たちはイエスを連れていった。 17  イエスは自分で苦しみの杭*を担いで,どくろの場所といわれる所へ出ていった+。そこはヘブライ語でゴルゴタと呼ばれている+ 18  兵士たちはそこでイエスを杭にくぎ付けにした+。ほかに2人の男をイエスの両側に1人ずつくぎ付けにした+ 19  またピラトは罪名を書いて,苦しみの杭に掲げた。それには,「ナザレ人イエス,ユダヤ人の王」と書かれていた+ 20  大勢のユダヤ人がこれを読んだ。イエスがくぎ付けにされた場所は都に近かったからである。それはヘブライ語,ラテン語,ギリシャ語で書かれていた。 21  しかし,ユダヤ人の祭司長たちはピラトに言った。「『ユダヤ人の王』とではなく,『自称ユダヤ人の王』と書いてください」。 22  ピラトは答えた。「私が書いたことだ」。 23  兵士たちはイエスを杭にくぎ付けにしてから,イエスの外衣を取って4つに分け,1人1つずつ手に入れた。内衣も取ったが,それは縫い目がなく,上から下まで織ったものだった。 24  そこで彼らは互いに言った。「これは裂かないで,誰のものにするかをくじで決めよう+」。これは次の聖句が実現するためだった。「彼らは私の服を分け合い,私の衣服のためにくじを引いた+」。兵士たちはこの通りにしたのである。 25  ところで,イエスの苦しみの杭のそばには,イエスの母親+と母親の姉妹,クロパの妻マリアとマリア・マグダレネが立っていた+ 26  イエスは,自分の母親と,愛する弟子+がそばに立っているのを見て,母親に言った。「見なさい,あなたの子です!」 27  次に,その弟子に言った。「見なさい,あなたの母親です!」 その時から,その弟子はイエスの母親を自宅に引き取った。 28  この後,イエスは,それまでに全てのことが成し遂げられたのを知って,聖句が実現するために,「喉が渇いた+」と言った。 29  そこには,酸味の強いぶどう酒がいっぱい入ったつぼが置いてあった。それで人々は,そのぶどう酒を海綿に十分含ませてヒソプ*の茎に付け,イエスの口元に持っていった+ 30  イエスはそのぶどう酒を口にしてから,「成し遂げられた+!」と言い,頭を垂れて息を引き取った*+ 31  それは準備の日+だったので,安息日に死体が苦しみの杭に残ったままにならないように+(その安息日は大安息日だった+),ユダヤ人たちは,脚を折って死体を下ろしてくれるようピラトに頼んだ。 32  それで兵士たちが来て,イエスの両脇で杭に掛けられた2人の男の両脚を折った。 33  しかし,イエスの所に来てみると,すでに死んでいたので,脚を折らなかった。 34  けれども,兵士の1人が脇腹をやりで突き刺した+。すると,すぐに血と水が出た。 35  目撃した人がこう証言しているのであり,その証言は真実である。その人は,自分が言うことが真実だと知っていて,あなた方も信じるために,語った+ 36  事実,これらのことは,「その骨は一つも折られ*ない+」という聖句が実現するために起きた。 37  また別の聖句に,「彼らは自分たちが刺し通した人を見つめる+」とある。 38  こうしたことの後,アリマタヤのヨセフがピラトに,イエスの体を下ろさせてほしいと頼んだ。ユダヤ人たちを恐れてひそかにイエスの弟子となっていた男性である+。この男性はピラトの許可を得ると,行ってイエスの体を下ろした+ 39  以前,夜にイエスの所に来たニコデモ+も,没薬と沈香を混ぜ合わせた*ものを30キロほど持ってやって来た+ 40  こうして彼らはイエスの体を受け取り,葬る際のユダヤ人の習慣通り,香料と一緒に亜麻布に包んだ+ 41  ところで,イエスが処刑された場所には庭園があり,そこに,まだ誰も葬られたことがない新しい墓*+あった。 42  ユダヤ人の準備の日+で,その墓が近かったので,そこにイエスを葬った。

脚注

または,「万歳」。
または,「杭に掛けて処刑しろ」。
または,「杭に掛けて処刑」。
用語集参照。
用語集参照。
または,「自分の生命力を引き渡した」。
または,「砕かれ」。
もしかすると,「巻いた」。
または,「記念の墓」。

注釈

メディア

かかとの骨のくぎ
かかとの骨のくぎ

この写真は,11.5センチの鉄のくぎが突き刺さった,人間のかかとの骨の複製。実物は,1968年にエルサレム北部で発掘されたローマ時代のもの。これは,処刑の際,人を木の杭に留めるために恐らくくぎが使われたことを示す考古学的証拠になっている。ローマの兵士たちはイエス・キリストを杭に掛けた時,同様のくぎを使用したかもしれない。このかかとの骨は石の納骨箱の中で発見された。納骨箱には,遺体が朽ちた後の乾いた骨が納められた。このことは,杭に掛けられて処刑された人でも葬られる場合があったことを示している。

墓室
墓室

ユダヤ人は通常,亡くなった人を洞窟か,岩をくりぬいた穴倉に葬った。そのような墓は王の墓を除けば,普通は町の外にあった。発見されているユダヤ人の墓は簡素なことでよく知られている。ユダヤ人の崇拝で死者をあがめることは行われず,死後も霊界で意識ある存在であり続けるという概念は育たなかったからだと思われる。