内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

罪とは何ですか

聖書の答え

罪とは,神の規準に反する行動,感情,考えを指します。それには,神の目から見た悪,すなわち不義を行なって,神の律法を破ることが含まれます。(ヨハネ第一 3:4; 5:17)聖書はさらに,怠慢の罪,つまり正しいことをしないという罪についても述べています。―ヤコブ 4:17

聖書の原語で罪に相当する言葉には,「的を外す」もしくは標的を逸する,という意味があります。例えば,古代イスラエル軍の兵士たちは石投げに大変熟達しており,石を投げて「逸することのない」者たちでした。この「逸することのない」という表現を字義通りに翻訳すると,「罪を犯すことのない」となります。(裁き人 20:16)ですから,罪を犯すとは,神の完全な規準という的を外すことです。

創造者である神は,人間のために規準を定める権利を持っておられます。(啓示 4:11)わたしたちには,自分の行動について神に対して言い開きをする責任があります。―ローマ 14:12

罪を全く犯さないようにすることはできるか

いいえ,できません。聖書は「すべての者は罪をおかしたので神の栄光に達しない」と述べています。(ローマ 3:23。列王第一 8:46。伝道の書 7:20。ヨハネ第一 1:8)なぜでしょうか。

最初の人間アダムとエバにはもともと,罪はありませんでした。二人は完全な人間として神の像(かたち)に創造されたからです。(創世記 1:27)しかし,神に不従順になり,人間としての完全さを失いました。(創世記 3:5,6,17‐19)二人に子どもが生まれたとき,罪と不完全さという欠陥が子どもたちに受け継がれました。(ローマ 5:12)イスラエルの王ダビデが,「わたしはとがと共に……産み出され[た]」と述べたとおりです。―詩編 51:5

罪には程度の差があるのか

確かにあります。一例として聖書には,古代ソドムの人々が「悪く,……はなはだしい罪人」であり,その罪は「まことに重い」とあります。(創世記 13:13; 18:20)では,罪の重さを判断するための3つの要素を考えてみましょう。

  1. 重大さ。聖書は,性の不道徳,偶像崇拝,盗み,酔酒,ゆすり取ること,殺人,心霊術などの重い罪を避けるようにと警告しています。(コリント第一 6:9‐11。啓示 21:8)聖書は,これらのゆゆしい罪と,思慮に欠けた意図的でない罪(他の人を傷つけてしまう言動など)とを対比させています。(箴言 12:18。エフェソス 4:31,32)とはいえ聖書は,どんな罪も軽く見ないよう強く勧めています。そうした罪も神の律法に対するゆゆしい違反へと発展することがあるからです。―マタイ 5:27,28

  2. 動機。神が何を求めておられるかを知らないために犯される罪もあります。(使徒 17:30。テモテ第一 1:13)聖書はそうした罪を大目に見てはいませんが,故意に神の律法を破るような罪と区別しています。(民数記 15:30,31)故意の罪は「悪い心」から生じるからです。―エレミヤ 16:12

  3. 頻度。聖書はさらに,一度の罪と,長期にわたる常習的な罪を区別しています。(ヨハネ第一 3:4‐8)正しい行ないについて知った後も「故意に罪を習わしにする」人たちは,神から有罪の裁きを受けることになります。―ヘブライ 10:26,27

ゆゆしい罪を犯した人は,自分の過ちの重大さに打ちのめされることがあります。例えば,ダビデ王はこう書きました。「わたしのとががわたしの頭を越えたからです。重い荷のように,それらはわたしにとって重すぎるのです」。(詩編 38:4)それでも,聖書は次のような希望を差し伸べています。「邪悪な者はその道を,害を加えようとする者はその考えを捨て,エホバのもとに帰れ。神はその者を憐れんで(あわれんで)くださる。わたしたちの神のもとに帰れ。神は豊かに許してくださるからである」。―イザヤ 55:7