創世記 2:1-25

2  こうして,てんすべてのもの*かんせいした+  かみは7になるまえに,それまでおこなってきたごとかんりょうし,7に,そのごとをやめてやすはじめた+  それからかみは7しゅくふくし,そのしんせいなものとした。あらゆるものをもくてきどおりにそうぞうすることをえて,かみはそのやすんでいるのである。  これが,てんそうぞうされたときろく,エホバ*かみてんつくったきたことである+  じょうくさはなく,まだなにえていなかった。エホバかみじょうあめらせておらず,めんたがやひともいなかったからである。  ただ,きりひょうからのぼってめんうるおしていた。  エホバかみめんつちひとかたちづく+,そのはないきんでいのちあたえた+。するときたひと*になった+  さらにエホバかみとうほうのエデンにていえんつく+ぶんかたちづくったひとをそこにいた+  エホバかみは,べられるけるさまざまなうつくしいめんからえるようにし,ていえんなかいのちえさせた+。また,ぜんあくしきえさせた+ 10  エデンから1ぽんかわながていた。かわていえんうるおし,そこからかれて4ほんかわ*になっていた。 11  だい1のかわはピションという。きんさんしゅつするハビラのぜんたいめぐかわである。 12  そのほうきんりょうしつであり,そこはブデリウムじゅやしまめのうもさんしゅつする。 13  だい2のかわはギホンという。クシュのぜんたいめぐかわである。 14  だい3のかわはチグリス*という+。アッシリアのひがしながれるかわである+だい4のかわはユーフラテスである+ 15  エホバかみひとをエデンのそのませた。そこをたがやさせ,かんさせるためだった+ 16  エホバかみひとにこうめいじた。「ていえんすべてのまんぞくするまでべてよい+ 17  しかし,ぜんあくしきは,べてはならない。それをべたにあなたはかならぬからである+」。 18  その,エホバかみった。「ひとひとりのままでいるのはくない。かれおぎなってたすけるひとつくろう+」。 19  さて,めんからさまざまなせいどうぶつそらものかたちづくったエホバかみは,ものたちをひとところれてきて,ひとがそれぞれをなんぶかをろうとした。そして,ひとんだがそのものまえになった+ 20  ひとはあらゆるちくそらものせいどうぶつまえけたが,ひとにはおぎなってたすけてくれるひとがいなかった。 21  そこでエホバかみひとふかねむらせた。そしてねむっているあいだにあばらぼねを1ぽんり,そのしょじた。 22  それからエホバかみは,ひとからったあばらぼねじょせいつくり,じょせいひとところれてきた+ 23  するとひとった。 「これこそわたしほねほねわたしにくにくこれはおんな*ばれる。おとこ*からられたから+」。 24  それで,おとこちちははからはなれてつまにしっかり*2人ふたりいったいとなるのである+ 25  ひととそのつま2人ふたりともはだかだったが+ずかしいとはおもわなかった。

脚注

直訳,「その全軍」。
神固有の名前יהוה(YHWH)が最初に出てくる箇所。付録A4参照。
または,「呼吸する生き物」。ヘブライ語,ネフェシュ。用語集参照。
直訳,「4つの頭」。
直訳,「ヒデケル」。
ヘブライ語,イッシャー。
ヘブライ語,イーシュ。
または,「妻とずっと一緒にいて」。

注釈

メディア