内容へ

高齢の親の介護について聖書は何と述べていますか

聖書の答え

成人した子供は,高齢の親の暮らしを支えなければなりません。聖書はこう述べています。成人した子供に「自分の家族を大切にし,親の恩に報いることを学ばせなさい。それが神に喜ばれることだからです」。(テモテ第一 5:4,「聖書協会共同訳」,日本聖書協会)高齢の親がきちんと世話されているなら,親を敬いなさいという聖書の命令に従っていることにもなります。(エフェソス 6:2,3

聖書には,高齢の親の介護に関する細かい指示はありませんが,神を敬う男女が親の世話をした記録はあります。また,介護者に役立つアドバイスも載せられています。

 高齢の親を世話した聖書中の人物

状況に応じ,さまざまな方法で世話した人たちがいます。

  • ヨセフは年老いた父親のヤコブから離れた所に住んでいましたが,状況が整うと,ヤコブを自分の近くに呼び寄せる手配をしました。住まいと食べ物も用意し,世話をしました。(創世 45:9-11; 47:11,12

  • ルツは義理の母の故郷に移住し,世話をするために一生懸命働きました。(ルツ 1:16; 2:2,17,18,23

  • イエスは亡くなる直前,母親のマリアを世話する人を選びました。当時マリアは夫を亡くしていたと思われます。(ヨハネ 19:26,27 *

 介護者に役立つどんな聖書のアドバイスがありますか

聖書のアドバイスを実践するなら,高齢の親の介護に伴いがちな心身の疲れに対処できます。

  • 親を敬う

    聖書のアドバイス 「父と母を敬いなさい」。(出エジプト 20:12

    実践するには 親が自分でできることには干渉しないようにしましょう。可能な限り,介護について親の意向を尊重します。同時に,助けが必要なときには手伝いましょう。そのようにして,親を敬うことができます。

  • 思いやり深く,寛容である

    聖書のアドバイス 「洞察力があればすぐに怒ることはない。過ちを見過ごす人は美しい」。(格言 19:11

    実践するには 嫌なことを言われたり,感謝されなかったりした場合,次のように考えてみましょう。「自分が親と同じ状況だったら,どう感じるだろうか」。思いやり深く寛容に接するなら,状況をさらに悪化させずに済みます。

  • 相談する

    聖書のアドバイス 「相談しないと計画は失敗し,助言者が多ければ達成される」。(格言 15:22

    実践するには 親が抱えている健康上の問題に対処する方法について,調査しましょう。地元の地域で提供されている介護支援のサービスがないか,探してください。介護経験者に聞くこともできます。きょうだいがいるなら,親が何を必要としているか,どんな介護がいいか,どのように分担できるかなどを家族みんなで話し合うこともできます。

    高齢の親の介護について,家族みんなで話し合えるかもしれない。

  • 限界をわきまえる

    聖書のアドバイス 「知恵は,慎みのある人たちと共にある」。(格言 11:2

    実践するには 自分の限界を認めましょう。誰しも時間や体力には限りがあります。親をどれほど介護できるかは,こうした限界の程度に応じて決まります。親の介護で押しつぶされそうに感じるなら,家族の誰かに助けを求めたり,専門家に相談したりできるかもしれません。

  • 自分をいたわる

    聖書のアドバイス 「誰も自分の体を憎んだりはせず,養って大切にします」。(エフェソス 5:29

    実践するには 親を世話することも大切ですが,自分自身や,結婚しているなら,自分の家族を世話することも大切です。食事をしっかり取ることに加え,適度な休息や睡眠も必要です。(伝道 4:6)可能な範囲で気分転換をしましょう。こうしたことを実践するなら,心も体もリフレッシュし,親の介護を続けることができます。

 高齢の親を家で介護すべきだと聖書は述べていますか

この点について,聖書は何も具体的なことを述べていません。できるだけ長く家で介護したいと思う家族もいます。ですが,ある時点で,介護施設の方がいいと思うかもしれません。家族みんなが集まり,関係者にとって何が一番良いかを話し合えるかもしれません。(ガラテア 6:4,5

^ 12節 この記述について,ある聖書注解書にはこうあります。「恐らくヨセフ[マリアの夫]はずっと前に死んでいて,息子のイエスがマリアの面倒を見ていた。イエスが死んでしまったら,マリアはどうなるのだろうか。……ここでキリストは,子供たちが老齢の親を支えるべきことを教えている」。「新国際訳 マシュー・ヘンリーの注解全1巻」(英語)428,429ページ。