ルツ​記 2:1-23

2  さて,ナオミには,夫の親族でとても裕福な人がいた。ボアズ+という名前で,エリメレクと同じ氏族の人だった。  モアブ人のルツはナオミに言った。「畑に行かせてください。どなたか親切に受け入れてくださる方の後ろに付いて落ち穂を拾います+」。ナオミは言った。「行ってきなさい」。  そこでルツは出ていって,収穫する人たちの後ろで落ち穂を拾い始めた。そこは偶然にも,エリメレク+と同じ氏族のボアズ+の土地だった。  ちょうどその時,ボアズがベツレヘムから来て,収穫する人たちに言った。「エホバがあなたたちと共にいてくださいますように」。彼らは,「あなたにエホバの祝福がありますように」と答えた。  ボアズは,収穫する人たちを監督する若者に尋ねた。「あの若い女性はどこの家の人ですか」。  若者は答えた。「モアブ人+で,ナオミと一緒にモアブの田舎から来ました+  あの女性は,『落ち穂を拾ってもいいでしょうか+。収穫する人たちが刈り取って残した穂*の間で拾います』と言いました。今朝来た時から,たったいま小屋で少し座って休むまで,ずっと働いていました」。  ボアズはルツに言った。「ちょっとよろしいですか。ほかの畑に落ち穂拾いに行く必要はありません。ほかの所へは行かず,うちの若い女性たちのそばにいるのです+  うちの女性たちが収穫する畑に目を留めて,付いていきなさい。若い男たちには,あなたに手出し*しないよう命じておきました。喉が渇いたら,水がめの所に行って,若者たちがくんだ水を飲みなさい」。 10  ルツは,ひれ伏して言った。「親切に受け入れ,気に掛けてくださるのは,どうしてでしょうか。私は外国人ですのに+」。 11  ボアズは答えた。「あなたが夫の死後もしゅうとめに尽くしてきたこと,父や母や故国を離れて知らない国*へ来たことについて,詳しい話を聞きました+ 12  エホバがあなたの行いを祝福し+,イスラエルの神エホバが十分に報いて*くださいますように。あなたは神の翼の下に逃れてきたのです+」。 13  ルツは言った。「これからも親切に受け入れていただけますように。ご主人さまは,私のような者を慰め,励ましの言葉を掛けてくださいました。私はあなたの召し使いでさえありませんのに」。 14  ボアズは食事の時にルツに言った。「こちらに来て,パンを食べなさい。ちぎって酢に付けなさい」。それでルツは,収穫する人たちのそばに座った。そしてボアズから,炒った穀物を渡され,食べて満ち足りたが,それでも余った。 15  ルツが落ち穂を拾うために+立ち上がると,ボアズは若者たちに命じて言った。「この人には,刈り取った穂*の間でも拾わせてあげなさい。嫌がらせをしてはいけません+ 16  また,束の中から必ず幾らかを引き抜いて残しておき,この人が拾えるようにしてあげなさい。とがめるようなことを言ってはいけません」。 17  こうしてルツは,夕方まで畑で落ち穂拾いを続けた+。拾い集めたものを打って脱穀すると,大麦が22リットルほどもあった。 18  ルツはそれを持って町に戻り,拾い集めたものをしゅうとめに見せた。また,おなかいっぱい食べても余ったものを取り出して,渡した+ 19  しゅうとめのナオミは言った。「今日はどこで落ち穂を拾ったの? どこで働いたの? あなたのことを気に掛けてくださった方に祝福がありますように+」。ルツは,誰の所で働いたかを話して,こう言った。「今日,ボアズという方の所で働きました」。 20  ナオミはルツに言った。「その人にエホバの祝福がありますように。神は,生きている者にも死んだ者にも揺るぎない愛を示してくださったのだわ+」。ナオミはさらに言った。「その人は私たちの親戚で+,私たちを買い戻す権利を持つ人の1人なのよ+」。 21  モアブ人のルツは言った。「その方は,『うちの若者たちが収穫を全部終えるまで,彼らのそばにいなさい』と言いました+」。 22  ナオミは嫁のルツに言った。「ほかの畑で嫌な思いをするより,ボアズの所の若い女性たちに付いていく方がいいわね」。 23  こうしてルツは,ボアズの所の若い女性たちのそばで,大麦と小麦の収穫が終わるまで落ち穂を拾った+。そして,しゅうとめと一緒に住んでいた+

脚注

もしかすると,「束」。
または,「あなたの邪魔を」。
直訳,「民の所」。
または,「最高の報酬を与えて」。
もしかすると,「束」。

注釈

メディア