内容へ

聖句の解説

出エジプト 20:12 「父と母を敬いなさい」

「父と母を敬いなさい。そうすれば,あなたの神エホバ *が与える土地で長く生きられる」。出エジプト 20:12,「新世界訳」

「あなたの父母を敬え。そうすればあなたは,あなたの神,主が与えられる土地に長く生きることができる」。出エジプト記 20:12,「新共同訳」,日本聖書協会

出エジプト 20:12の意味

神は古代イスラエル人に,親を敬いなさいと言いました。そうするとどんな良いことがあるかも説明し,従いやすいようにしました。神がイスラエル人に与えた法律(モーセの律法と呼ばれる)は今は有効ではありませんが,神の基準は変わっていません。神の法律の基盤になっている考え方は今でもクリスチャンにとって大切です。(コロサイ 3:20

この考え方に従う子供は親を大切にし,親に敬意を払います。(レビ 19:3。格言 1:8)自分の家庭を持ってからも,親を優しく気遣います。年配の親をきちんと世話し,生活費に困っていれば助けます。(マタイ 15:4-6。テモテ第一 5:4,8

イスラエル人の子供たちは,父親と母親の両方を敬うようにと言われました。家族の中での母親の大切な役割を認めなければいけなかったのです。(格言 6:20; 19:26)これは今の時代も大切なことです。

親を敬うといっても,どんな場合でも親の言うことを聞くという意味ではありません。もし神を裏切るようなことを求められたなら,それが親からであっても,従うべきではありませんでした。(申命 13:6-8)クリスチャンは「人ではなく神に従わなければなりません」。(使徒 5:29

神はイスラエル人に,親を敬うなら,神が与える土地で「長く生き,成功できる」と約束しました。(申命 5:16)反対に,神の法律を無視して親に反抗するなら,罰を受けました。(申命 21:18-21)こうした法律の基盤になっている考え方は今でも大切です。(エフェソス 6:1-3)私たちは皆,人間を造った神に,「親をきちんと敬っています」と言えるようでありたいものです。そうすれば,神の約束通り,長く生きられます。永遠に生きるという希望があるのです。(テモテ第一 4:8; 6:18,19

出エジプト 20:12の文脈

出エジプト 20章12節のおきては,十戒(十の言葉)の中で重要な位置に置かれています。(出エジプト 20:1-17)12節の前では,神だけを崇拝することなど,神との関係で求められていることが挙げられています。12節の後では,夫や妻を裏切ってはいけないことや盗んではいけないことなど,人との関係で求められていることが挙げられています。「父と母を敬いなさい」という言葉は,その間にあり,前半のおきてと後半のおきての橋渡しをしているようです。

出エジプト 20章をお読みください。脚注や相互参照も参考になります。

^ 1節 エホバとは神の名前です。(詩編 83:18