内容へ

目次へ

デジタルツールの影響 Part 3 結婚生活

デジタルツールの影響 Part 3 結婚生活

デジタルツールは,うまく使えば夫婦の絆を強めるのに役立ちます。例えばスマホがあれば,いつでもどこでもコミュニケーションが取れます。

でも,使い方に気を付けないと,こんなふうになるかもしれません。

  • 夫婦で過ごす時間がなくなる

  • 家にいても仕事をしてしまう

  • 不信感や裏切り行為につながる

 知っておきたいこと

夫婦で過ごす時間

マイケルという男性はこう言います。「夫婦で同じ空間にいても,妻がそこにいないように感じる時があります。妻はスマホをずっといじりながら,『忙しかったんだから今ぐらいいいでしょ』と言っています」。ジョナサンという別の男性も,「同じ場所にいるのに,遠く離れた場所にいるかのような感覚になります」と言います。

考えてみよう 電話やメッセージによって,夫婦で過ごす時間が邪魔されることがよくある?(エフェソス 5:33

仕事

仕事柄,24時間対応をしなければならない人もいます。一方,そこまで求められていないのに家でもつい仕事をしてしまう人もいます。リーという男性はこう話します。「妻と一緒に過ごしていたのに,仕事の電話やメッセージが来ると,ついチェックしてしまいます」。ジョイという女性はこう言っています。「在宅で仕事をしているので,プライベートとの切り替えが難しいです。バランスを取るには努力しないといけません」。

考えてみよう 夫(妻)が話している時にほかのことをつい考えてしまうことがある?(ルカ 8:18

信頼関係

ある調査によると,SNSの使い方が原因で夫や妻に不信感を抱かせ,夫婦げんかになることがあります。調査の対象になった人の10%が,配偶者に知られたくない内容の投稿をしたことがあると答えています。

SNSは不倫のきっかけになることさえあり,「結婚生活の地雷原」とも呼ばれています。離婚問題を扱う弁護士たちによると,SNSは結婚が破綻する大きな原因になっています。

考えてみよう 夫(妻)に隠れて異性とやりとりしている?(格言 4:23

 何ができる?

何が大切かを見極める

食事をきちんと取らないと体を壊します。同じように,夫婦で過ごす時間をきちんと取らないと,2人の絆は弱くなります。(エフェソス 5:28,29

聖書の言葉 「より重要なことを見極め[る]」。フィリピ 1:10

夫婦でどれをやってみたいか話し合いましょう。デジタルツールに2人の時間を奪われないために,ほかにもできることがあれば書いてみましょう。

  • 1日に1回は食事を一緒にする

  • スマホやパソコンを使わない時間を作る

  • デートの日など,2人だけで過ごす予定を立てる

  • 夜はスマホの電源をオフにし,寝室には持ち込まない

  • 毎日15分,スマホを手元に置かずに2人で話す時間を取る

  • 1日の中でネットを使わない時間を決める