格言​の​書 4:1-27

4  私の子供たちよ,父のしつけ*を受け入れ*なさい+理解を得るために注意を払いなさい。   私は良い教えを与えるからである。私の教え*を捨ててはならない+   私は父にとって良い子であり+母に特にかわいがられた子だった+   父は私を教えてこう言った。「私の言葉に心からしっかり従ってほしい+私のおきてを守って,生き続けなさい+   知恵を得,理解を得よ+忘れてはならない。私が言うことからそれてはならない。   知恵を捨ててはならない。それはあなたを守る。それを愛しなさい。それはあなたを保護する。   知恵は最も重要な*ものなので+,知恵を得なさい。ほかに何を得るにしても,理解を得なさい+   知恵を高く評価せよ。あなたはたたえられる+それを大切にするとき,あなたは栄誉を受ける+   それはあなたの頭の魅力的な花飾りとなり,美しい冠のようにあなたを飾る」と。 10  わが子よ,聞いて,私の言葉を受け入れよ。そうすれば,あなたは長く生きられる+ 11  私はあなたに知恵の道を教え+真っすぐな道を歩ませる+ 12  あなたが歩くとき,歩みは妨げられず,走っても,つまずかない。 13  指導をしっかりつかめ。それを放してはならない+それを失ってはならない。命が関係しているからである+ 14  悪人が通る道に入ってはならない。悪い人の道を歩いてはならない+ 15  それを避けよ。足を踏み入れてはならない+それから離れ,通り過ぎよ+ 16  彼らは,悪を行わないと眠れず,誰かを倒れさせないと眠りを奪われる。 17  彼らにとって,悪事はパンであり,暴力はぶどう酒である。 18  しかし,正しい人たちの道は夜明けの光のようだ。真昼になるまで明るさを増していく+ 19  悪人たちの道は暗闇のようだ。彼らは自分が何につまずいているのか分からない。 20  わが子よ,私の言葉に注意を払え。私の言葉をよく聞くように。 21  それを見失ってはならない。心にしっかりとどめよ+ 22  それを受け入れる人たちにとって,それは命であり+,全身を健康にする。 23  ほかの何よりも,あなたの心を守れ+命は心に懸かって*いるからである。 24  不正直な話し方を捨て+人を欺く言葉を自分から引き離せ。 25  あなたの目は真っすぐ前を見るべきである。前方を真っすぐ見つめる*のだ+ 26  あなたが歩いていく所を平らにせよ*+あなたはしっかりした足取りで進んでいける。 27  右にも左にも片寄ってはならない+悪から足を遠ざけよ。

脚注

または,「訓練」。
直訳,「聞き」。
または,「律法」。
または,「主要な」。
または,「源を発して」。
または,「輝く目で見る」。
もしかすると,「よく考えよ」。

注釈

メディア