内容へ

目次へ

 特集​記事

あなたの細胞は生きた図書館

あなたの細胞は生きた図書館

1953​年,分子​生物​学​者​の​ジェームズ​・​ワトソン​と​フランシス​・​クリック​が​ある​発見​に​つい​て​公表​し​まし​た。その​発見​は,生命​を​科学​的​に​理解​する​うえ​で​重要​な​意味​を​持つ​もの​でし​た。2​人​は​DNA​の​二​重​らせん​構造​を​解明​し​た​の​です。 * 大抵​は​細胞​の​核​の​中​に​ある,この​糸状​の​DNA​に​は,暗号​化​さ​れ​た,つまり“書き記さ​れ​た”情報​が​収め​られ​て​いる​の​で,細胞​は“生き​た​図書​館”で​ある​と​言え​ます。この​驚く​べき​発見​に​より,生物​学​は​新た​な​時代​を​迎え​まし​た。それにしても,細胞​内​の​この“文書”は,何​の​ため​に​存在​し​て​いる​の​でしょ​う​か。また,一体​どの​よう​に​し​て​存在​する​よう​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。

 細胞​に​情報​が​必要​な​の​は​なぜか

種子​は​どの​よう​に​し​て​樹木​に​なる​の​だろ​う​か,受精​卵​は​どの​よう​に​し​て​人間​に​なる​の​だろ​う​か,また,自分​は​親​の​特徴​を​どの​よう​に​し​て​受け継い​だ​の​だろ​う​か,と​考え​た​こと​は​あり​ませ​ん​か。答え​は,DNA​に​収め​られ​て​いる​情報​に​あり​ます。

DNA​は,長い​はしご​が​ねじれ​た​よう​な​形​の​複雑​な​分子​で,ほとんど​すべて​の​細胞​の​中​に​あり​ます。ヒトゲノム,つまり​人間​の​DNA​一式​の​場合,その​はしご​に​は​化学​的“横木”が​およそ​30億​あり​ます。科学​者​たち​は​その​横木​を​塩基​対​と​呼び​ます。横木​1​本​に​つき​化学​物質​2​つ​で​構成​さ​れ​て​いる​から​です。それら​化学​物質​は​4​種類​しか​なく,それぞれ​の​英語​名​の​頭​文字​を​取っ​て,A,C,G,T​と​呼ば​れ​て​い​ます。わずか​4​つ​の​文字​だけ​で​成り立つ​言語​の​よう​な​もの​です。 * クリック​は​1957​年​に,それら​化学​的​横木​の​配列​こそ​が​暗号​化​さ​れ​た​指令​と​なっ​て​いる,と​いう​説​を​提唱​し​まし​た。そして​1960​年代​に,その​暗号​が​解読​され​始め​まし​た。

情報​は,画像​で​あれ​音声​で​あれ​文字​で​あれ,様々​な​方法​で​保存​でき,処理​でき​ます。例えば​コンピューター​で​は,それら​すべて​が​デジタル​方式​で​なさ​れ​ます​が,生き​て​いる​細胞​内​で​は,情報​の​保存​や​処理​が​化学​的​な​方式​で​なされ,DNA​が​重要​な​役割​を​果たし​て​い​ます。DNA​は​細胞​の​分裂​や​増殖​の​際​に​複製​さ​れ​ます。そう​し​た​分裂​や​増殖​は​生物​の​基本​的​な​特徴​と​考え​られ​て​い​ます。

細胞​は​情報​を​どの​よう​に​用いる​の​でしょ​う​か。DNA​は​料理​の​レシピ​集​に​似​て​い​ます。DNA​に​も,レシピ​ごと​に,作る​手順​が​記さ​れ​て​おり,どの​時点​で​何​を​す​べき​か​が​詳しく​正確​に​書か​れ​て​い​ます。と​は​いえ,最終​的​に​出来上がる​の​は,ケーキ​ や​クッキー​で​は​なく,キャベツ​や​牛​など​です。もちろん,生き​て​いる​細胞​内​で​の​作業​工程​は,完全​に​自動​化​さ​れ​て​おり,料理​より​はるか​に​複雑​で​精巧​です。

1​個​の​バクテリア​細胞​内​の​情報​量​は,1000​ページ​の​本​1​冊​分​に​相当​する

遺伝​情報​は,必要​に​なる​時​まで​保存​さ​れ​て​い​ます。古く​なっ​た​細胞​や​異常​な​細胞​を​健康​で​新しい​細胞​と​入れ替え​たり,種々​の​形質​を​子孫​に​伝え​たり​する​時​に​使わ​れる​の​です。では,DNA​に​は​どれ​ほど​の​情報​が​収め​られ​て​いるの​でしょ​う​か。単​細胞​の​微生物​で​ある​バクテリア​に​つい​て​考え​て​み​ましょ​う。ドイツ​の​科学​者​ベルント‐オラフ​・​キュッパース​は,「1​個​の​バクテリア​細胞​の​造り​に​関する​分子​内​の​情報​を​人間​の​言語​で​書く​と​すれ​ば,それ​は​およそ​1000​ページ​の​本​に​なる」と​述べ​まし​た。化学​の​教授​デービッド​・​ディーマー​は,「最も​単純​な​形態​の​生物​に​関し​て​さえ,その​複雑​さ​に​人​は​驚嘆​する」と​書い​て​い​ます。人間​の​ゲノム​は​どう​でしょ​う​か。「[その​情報​量​は]数千​巻​も​の​書籍​に​相当​する」と​キュッパース​は​述べ​て​い​ます。

「我々​に​も​理解​できる​よう​な​書き方」

DNA​内​の​情報​が「分子​遺伝​語」で​書か​れ​て​いる​と​言う​の​は「単なる​比喩」で​は​ない,と​キュッパース​は​述べ,「分子​遺伝​語​に​は,人間​の​言語​と​同じ​よう​に,構文​的​側面​も​ある」こと​を​指摘​し​て​い​ます。簡単​に​言え​ば,DNA​に​は“文法”つまり​語​の​並び方​の​決まり​事​が​あり,指令​を​出し​て​実行​さ​せる​過程​が​厳密​に​決め​られ​て​いる​の​です。

DNA​内​の“語句”や“文”は​多種​多様​な“レシピ”を​作り上げ,その“レシピ”に​従っ​て​タンパク質​その他​の​物質​が​生成​さ​れ,それ​が​体​の​様々​な​細胞​の​構成​要素​と​なり​ます。例えば,骨​細胞,筋​細胞,神経​細胞,皮膚​細胞​など​が​造り出さ​れる​の​です。進化​論​者​の​マット​・​リドレー​は​こう​書い​て​い​ます。「DNA​内​の​細い​糸状​の​物​は​情報​で​あり,化学​物質​に​よる​暗号​で​書か​れ​た​メッセージ​で​ある。暗号​文字​は​それぞれ​1​つ​の​化学​物質​を​表わし​て​いる。出来過ぎ​た​話​だ​が,その​暗号​は​我々​に​も​理解​できる​よう​な​書き方​に​なっ​て​いる」。

聖書​筆者​で​ある​ダビデ​は​神​に,「あなた​の​目​は​胎児​の​とき​の​わたし​を​も​ご覧​に​なり​まし​た。あなた​の​書​に​その​すべて​の​部分​が​書き記さ​れ​て​い​まし​た」と​祈っ​て​い​ます。(詩編 139:16)ダビデ​は​ 詩的​な​表現​を​用い​て​い​ます​が,本質​的​に​は​真実​を​述べ​て​い​まし​た。他​の​聖書​筆者​たち​と​同様​です。それら​筆者​たち​は​だれ​も,古代​の​他​の​民族​の​伝説​や​神話​の​影響​を​全く​受け​ませ​ん​でし​た。―サムエル​第​二 23:1,2。テモテ​第​二 3:16

親​の​特徴​は,どの​よう​に​し​て​子ども​に​受け継が​れる​の​だろ​う​か

どの​よう​に​し​て​存在​する​よう​に​なっ​た​の​か

科学​で​は​往々​に​し​て,1​つ​の​謎​が​解ける​と,別​の​謎​が​出​て​き​ます。DNA​に​つい​て​も​そう​です。そこ​に​暗号​化​さ​れ​た​情報​が​収め​られ​て​いる​と​分かっ​た​時,多く​の​人​は,「その​情報​は​どの​よう​に​し​て​存在​する​よう​に​なっ​た​の​か」と​いう​疑問​を​抱き​まし​た。もちろん,DNA​分子​の​最初​の​もの​が​形成​さ​れる​の​を​見​た​人​は​い​ない​の​で,わたしたち​は​自分​で​結論​を​下さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。しかし,不​確か​な​情報​に​頼る​必要​は​あり​ませ​ん。以下​の​事例​に​つい​て​考え​て​み​ましょ​う。

  • 1999​年,パキスタン​で,珍しい​印​つまり​記号​の​付さ​れ​て​いる,非常​に​古い​陶器​の​かけら​が​発見​さ​れ​た。その​印​は​依然​と​し​て​解読​さ​れ​て​い​ない​が,人​が​付け​た​もの​と​みなさ​れ​て​いる。

  • ワトソン​と​クリック​が​DNA​の​構造​を​解明​し​て​数​年​後​に,物理​学​者​2​人​が,宇宙​から​の​暗号​化​さ​れ​た​電波​信号​を​探す​こと​を​提唱​し​た。こう​し​て,現代​の​地球​外​知的​生命​体​探査​が​始まっ​た。

こう​し​た​事例​から​分かる​よう​に,情報​は,土器​に​刻み込ま​れ​た​記号​で​あれ​宇宙​から​の​信号​で​あれ,知性​を​持つ​者​から​出​て​いる,と​みなさ​れ​ます。そう​し​た​結論​に​達する​の​に,その​情報​が​作り出さ​れる​ところ​を​見る​必要​は​あり​ませ​ん。にもかかわらず,人間​の​知る​限り​で​最も​高度​な​暗号​と​も​言える,生命​の​化学​暗号​が​発見​さ​れる​と,多く​の​人​は​そう​し​た​論理​を​押しのけ​て,DNA​を​知性​に​よら​ず​に​生じ​た​もの​と​考え​ます。それ​は​筋​の​通っ​た,一貫​し​た​考え方​でしょ​う​か。科学​的​と​言え​ます​か。優秀​な​科学​者​たち​の​中​に​も,「そう​で​は​ない」と​言う​人​が​少なく​あり​ませ​ん。ジーン​・​ホワン​博士​や​許 岩​得 教授​も​そう​です。 * 2​人​が​述べ​て​いる​事柄​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。

ジーン​・​ホワン​博士​は,遺伝​学​を​数学​的​な​見地​から​研究​し​て​い​ます。かつて​は​進化​論​を​信じ​て​い​まし​た​が,研究​し​て​ゆく​うち​に,見方​が​変わり​まし​た。「目ざめよ!」誌​に​こう​語っ​て​い​ます。「遺伝​学​を​研究​する​と,生命​の​メカニズム​に​対する​理解​が​深まり​ます。わたし​は​そう​し​た​理解​を​得​て,創造​者​の​知恵​に​畏敬​の​念​を​抱く​よう​に​なり​まし​た」。

許 岩​得 教授​は,台湾​の​国立​屏東​科​技​大学​で​胚​の​研究​チーム​の​主任​を​務め​て​い​ます。やはり​かつて​は​進化​論​を​信じ​て​い​まし​た​が,研究​を​進める​うち​に,進化​で​は​ない​と​いう​結論​に​達し​まし​た。細胞​の​分裂​と​分化​に​関し​て,こう​述べ​て​い​ます。「適切​な​細胞​が,適切​な​順序​で,適切​な​場所​に​形成​さ​れ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。まず​細胞​が​集まっ​て​組織​に​なり,組織​が​集まっ​て​体​の​器官​や​四肢​に​なり​ ます。その​よう​な​プロセス​の​指令​を​書く​こと​など,どんな​技術​者​に​も​でき​ませ​ん。ところが,胚​の​成長​に​関する​指令​は,DNA​の​中​に​見事​に​書き記さ​れ​て​いる​の​です。わたし​は,その​素晴らしさ​の​ゆえに,生命​は​神​に​よっ​て​設計​さ​れ​た​の​だ​と​確信​し​て​い​ます」。

ジーン​・​ホワン(左)と​許 岩​得

あなた​に​も​関係​が​ある

偏見​を​抱か​ず​に​考えれ​ば,あなた​に​も​関係​が​ある,と​言え​ます。神​が​生命​を​創造​し​た​の​で​あれ​ば,たたえ​られる​べき​な​の​は,進化​で​は​なく,神​です。(啓示 4:11)また,全知​全能​の​創造​者​が​人間​を​造っ​た​の​で​あれ​ば,わたしたち​は​目的​が​あっ​て​存在​し​て​いる​の​です。もし​生命​が​偶然​の​所産​だ​と​し​たら,目的​など​ない​こと​に​なり​ます。 *

実際,多く​の​人​は,納得​の​いく​答え​を​求め​ます。神経​学​と​精神​医学​の​教授​で​あっ​た​ビクトル​・​フランクル​は,「人生​に​おい​て​は,その​意義​を​求める​こと​が​主​な​原動​力​と​なっ​て​いる」と​述べ​て​い​ます。別​の​言い方​を​すれ​ば,人間​に​は​霊的​な​渇望​が​あり​ます。それ​は,神​に​造ら​れ​た​の​で​なけれ​ば​説明​の​つか​ない​渇望​です。神​が​造っ​た​の​で​あれ​ば,神​は​人間​が​その​渇望​を​満たせる​よう​に​し​て​くださっ​た​はず​です。

イエス​・​キリスト​は,その​点​に​つい​て,「人​は,パン​だけ​に​よら​ず,エホバ[つまり,神]の​口​から​出る​すべて​の​ことば​に​よっ​て​生き​なけれ​ば​なら​ない」と​語り​まし​た。(マタイ 4:4)まさに​その​とおり,聖書​に​記さ​れ​て​いる​エホバ​の​言葉​を​学ん​だ​幾百万​と​いう​人々​は,霊的​な​渇望​を​満たす​こと​が​でき​まし​た。人生​の​意義​を​見いだし,将来​へ​の​希望​を​抱く​よう​に​なっ​た​の​です。(テサロニケ​第​一 2:13)あなた​も,聖書​に​よっ​て​霊的​な​渇望​を​満たす​こと​が​でき​ます。この​比類​の​ない​書物​を,まずは​調べ​て​み​て​ください。

^ 3節 ワトソン​と​クリック​は,DNA(デオキシリボ​核酸)に​関する​先人​たち​の​研究​成果​を​足がかり​に​し​まし​た。―「 DNA​研究 里程標​と​なっ​た​年」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

^ 6節 A​は​アデニン,C​は​シトシン,G​は​グアニン,T​は​チミン​を​表わし​ます。

^ 18節 ウェブサイトjw.orgに​も,高い​評価​を​受け​て​いる​科学​者​へ​の​インタビュー​が​載せ​られ​て​い​ます。「検索」を​クリック​し​て,「インタビュー 科学​者」と​入力​し​て​ください。

^ 22節 創造​か​進化​か​と​いう​疑問​に​関し​て​は,「生命​の​起源 ― 5​つ​の​大切​な​質問」および「生命 ― どこ​から?」と​いう​冊子​の​中​で​詳しく​論じ​られ​て​い​ます。www.jw.org​で​読む​こと​が​でき​ます。