サムエル​記​第​二 23:1-39

23  はダビデのさいことである+ 「エッサイのダビデ+ことえいこうあたえられたもの+ことヤコブのかみえらんだ*もの+イスラエルのうたほがらかなうた*+   わたしはエホバのせいなるちから*によってかたった+かみことわたししたうえにあった+   イスラエルのかみかたった。イスラエルのいわ+わたしった。ひとおさめるものただしいひと+かみおそれつつおさめるとき+   それは,くもひとつないあさの,かがやたいようひかりのようだ+めんくさえさせる,あめがりのしのようだ+』。   かみまえわたしけいはそのようではないだろうか。かみえいえんけいやくわたしむすんだ+ことこまかにととのえられた,たしかなけいやくを。それはわたしにとってかんぜんすくい,よろこび。かみはんえいさせてくださらないことがあるだろうか+   しかし,どうしようもないひとみな,いばらのようにてられる+でつかむことはできない。   さわるときにはてつややりをにし,そのはらうべきだ」。  は,ダビデのゆうたち+まえである。3ゆうちょう,ハクモニのそん*ヨシェブ・バシェベト+かれはやりをるって800にんいちころした。  つぎに,アホヒのドド+エレアザル+かれは,たたかいのためにしゅうけつしていたフィリスティアじんにダビデとともいどんだ3ゆう1人ひとりである。イスラエルのへいたちが退たいきゃくしても, 10  かれみとどまり,うでつかれて,つるぎにぎったかたまってはなれなくなるまで,フィリスティアじんつづけた+。こうしてその,エホバはだいしょう*をもたらした+へいたちはエレアザルのところもどってきて,たおれたひとたちからぶっぴんった。 11  つぎは,ハラルじんアゲのシャマ。フィリスティアじんが,レンズマメのみっせいしたはたけがあるレヒにしゅうけつしたときへいたちはフィリスティアじんまえからげた。 12  しかし,かれはたけなかみとどまってはたけまもり,フィリスティアじんつづけた。こうしてエホバはだいしょう*をもたらした+ 13  しゅうかくころ,30にんちょうのうちの3にんが,アドラムのどうくつにいるダビデのところ+。フィリスティアじんいちだん*がレファイムのたに*宿しゅくえいしていた+ 14  ダビデはかくれがにいて+,フィリスティアじんぜんしょうたいがベツレヘムにいた。 15  ダビデは,「ベツレヘムのもんのそばにあるみずためのみずめたらよいのに」とがんぼうくちにした。 16  そこで,3ゆうはフィリスティアじん宿しゅくえいとつにゅうして,ベツレヘムのもんのそばにあるみずためからみずをくみ,ダビデのところってきた。しかしダビデはもうとはせず,エホバのまえそそした+ 17  かれった。「エホバ,いのちけてったひとたちの+など,わたしにはかんがえられないことです!」 こうしてかれみずもうとはしなかった。じょうは3ゆうおこなったことである。 18  ツェルヤ+ヨアブのきょうだいアビシャイ+は,べつの3にんちょうだった。かれはやりをるって300にんころし,3ゆうのようなめいせい+ 19  かれは,3にんなかでもとくすぐれていてちょうだったが,3ゆうにはおよばなかった。 20  エホヤダのベナヤ+ゆうかんひとで,カブツェエル+おおくのがらてた。モアブのアリエルの2人ふたりち,ゆきるあるちょすいあなりてライオンをころした+ 21  また,エジプトじんきょじんった。そのエジプトじんはやりをにしていたが,ベナヤはぼうってかい,あいからやりをうばってそれでころした。 22  エホヤダのベナヤはこれらのことをおこない,3ゆうのようなめいせいた。 23  かれは30にんひとよりもすぐれてはいたが,3ゆうにはおよばなかった。だが,ダビデはかれぶんえいをまとめさせた。 24  ヨアブのきょうだいアサエル+れいの30にん1人ひとりだった。ほかにひとがいた。ベツレヘムのドドのエルハナン+ 25  ハロドのひとシャマ,ハロドのひとエリカ, 26  パルティじんヘレツ+,テコアのひとイケシュのイラ+ 27  アナトテのひと+アビ・エゼル+,フシャじんメブナイ, 28  アホアハのそんツァルモン,ネトファのひとマハライ+ 29  ネトファのひとバアナのヘレブ,ベニヤミンぞくまちギベアのリバイのイッタイ, 30  ピルアトンのひとベナヤ+,ガアシュ+たに*のヒダイ, 31  ベト・アラバのひと*アビ・アルボン,バフリムのひと*アズマベト, 32  シャアルビムのひと*エルヤフバ,ヤシェンのたち,ヨナタン, 33  ハラルじんシャマ,ハラルじんシャラルのアヒアム, 34  マアカトじんアハスバイのエリフェレト,ギロのひとアヒトフェル+エリアム, 35  カルメルのひとヘツロ,アラブのひとパアライ, 36  ツォバのナタンのイグアル,ガドぞくのバニ, 37  アンモンじんツェレク,ツェルヤのヨアブのはこじゅうしゃであるベエロトのひとナハライ, 38  イトルぞくのイラ,イトルぞく+のガレブ, 39  ヘトじんウリヤ+ぜんで37にんである。

脚注

直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「朗らかなもの」。
用語集参照。
または,「タフケモニ人」。
または,「大救出」。
または,「大救出」。
または,「谷あいの平原」。
または,「天幕村」。
または,「ワジ」。
または,「アルバト人」。
または,「バルフム人」。
または,「シャアルボン人」。

注釈

メディア