歴代誌​第​二 5:1-14

5  こうしてソロモンは,エホバの家のために必要な仕事全てを完了した+。ソロモンは,父ダビデが聖なるものとした物を運び入れた+。銀,金,器物類全部を真の神の家の宝物庫に納めた+  ソロモンはイスラエルの長老たち,全ての部族長,イスラエルの氏族長たちを招集した。彼らはエホバの契約の箱を「ダビデの町」つまりシオン+から運ぶため,エルサレムにやって来た+  イスラエルの全ての人たちは,第7の月に行われる祭り*の時,王の前に集合した+  イスラエルの全ての長老が到着すると,レビ族の人たちは箱を担いだ+  彼らは,箱,会見の天幕+,天幕の中にあった全ての聖なる器具を運んだ。祭司とレビ族*が運んだ。  ソロモン王と,王のもとに招集されたイスラエルの民全体が,箱の前にいた。数え切れないほど多くの羊や牛が犠牲として捧げられた+  祭司たちはエホバの契約の箱を所定の場所に置いた。家の奥の部屋つまり至聖所のケルブの翼の下である+  箱がある場所の上にケルブの翼が広がっていたので,箱とその棒+はケルブに覆われていた。  棒は長かったため,先端が奥の部屋の前の聖所から見えた。しかし外からは見えなかった。それらは今もそこにある。 10  箱の中には2枚の石板+以外は何もなかった。その石板は,エジプトから出てきたイスラエルの民+とエホバが契約を結んだ時に+,ホレブでモーセがそこに納めたものである。 11  祭司たちが聖なる場所から出てくると(そこにいた祭司たちは皆,どの組+かに関わりなく,自分を神聖なものとしていた+), 12  アサフ+,ヘマン+,エドトン+,またその3人の子や兄弟たちが率いるレビ族の歌い手たち+皆が,上等の織物を着て,シンバルや弦楽器やたて琴を持ち,祭壇の東に立っていた。また,彼らと共に,120人の祭司がラッパを吹いていた+ 13  ラッパ奏者と歌い手たちが一つになってエホバに賛美と感謝を捧げ,ラッパやシンバルなどの楽器の音色が響く中,「神は善い方,神の揺るぎない愛は永遠に続く+」とエホバを賛美すると,雲が家に,エホバの家に満ちた+ 14  祭司たちは雲に遮られ,奉仕することができなくなった。エホバの栄光が真の神の家に満ちたのである+

脚注

仮小屋の祭りのこと。
または,「レビ族の祭司」。

注釈

メディア