歴代誌​第​二 4:1-22

4  どうさいだん+つくった。ながさ9メートル,はば9メートル,たかさ4.5メートルだった。  ものの「うみ*+」をつくった。えんけいで,ふちからふちまでが4.5メートルで,たかさは2.2メートルだった。しゅうはかづなはかると13.5メートルだった+  したほうにはウリがた+かざりがしゅうぜんたいにあった。「うみ」のしゅうに45センチにつき10ずつあった。ウリがたかざりは2れつあり,「うみ」といっしょちゅうぞうされたのでがなかった。  「うみ」は12とううしうえにあり+,3とうきたを,3とう西にしを,3とうみなみを,3とうひがしいていた。「うみ」はこれらのうしうえかれ,うしこうすべちゅうしんいていた。  「うみ」のあつさは7センチだった。ふちは,さかずきふちやユリのはなのようなつくりだった。みずためには6まん6000リットルのみずれることができた*  あらうためのすいばんを10つくって,5いえみぎに,5いえひだりいた+ぜんしょうささもの使つかものをすすぐのに使つかわれた+いっぽう,「うみ」はさいたちがあしあらうためのものだった+  きんのランプだいを10+せっけいしたがってつく+しん殿でんなかいた。5みぎに,5ひだりいた+  しょくたくを10つくり,しん殿でんなかいた。5みぎに,5ひだりいた+。また,きんはちを100つくった。  さいにわ+おおきなにわ*+にわとびらつくり,とびらどうをかぶせた。 10  そして,「うみ」をいえみぎがわなんとういた+ 11  ヒラムはかんとシャベルとはちつくった+ こうしてヒラムはしんかみいえかんしてソロモンおうからたのまれたごとかんりょうした+かれつくったものとおりである。 12  2ほんはしら+と,2ほんはしらのてっぺんにあるはちがたちゅうとうはしらのてっぺんにある2つのはちがたちゅうとうかざる2つのあみざい+ 13  2つのあみざいのための400のザクロ+,すなわちはしらうえにある2つのはちがたちゅうとうかざる,それぞれのあみざいのための2れつのザクロ+ 14  10だいだいしゃ*と,だいしゃせる10すいばん+ 15  「うみ」と,そのしたの12とううし+ 16  かんとシャベルとにく+すべての。ヒラム・アビブ+がソロモンおうのため,エホバのいえのためにつくったこれらのものどうでできていて,みがげられていた。 17  おうは,ヨルダンいき,スコト+とツェレダのあいだねんそうでこれらをちゅうぞうさせた。 18  ソロモンはこれらすべてのたいりょうつくった。そのどうおもさはたしかめられなかった+ 19  ソロモンはしんかみいえのためのすべてのつくった+きんさいだん+そなえのパン+しょくたく+ 20  ていしたがっておくまえでともすじゅんきんのランプとランプだいつく+ 21  はな,ランプ,しんつまみ*きんで,もっとじゅんたかきんつくった。 22  かりし,はちさかずきすみれをじゅんきんで,いえぐちおくせいじょとびら+しん殿でんいえとびらきんつくった+

脚注

または,「水ため」。
または,「容量は6万6000リットルだった」。
または,「囲い」。
または,「水を運ぶ車」。
または,「火箸」。

注釈

メディア