歴代誌​第​二 6:1-42

6  そのとき,ソロモンはった。「エホバは,くらやみなか+,とおっしゃいました。  わたしいま,あなたのために,そうごんいえを,あなたがいつまでもめるしょてました+」。  おうなおって,イスラエルのかいしゅうぜんたいのためにしゅくふくねがもとはじめた。そのあいだ,イスラエルのかいしゅうぜんたいっていた+  おうった。「ごぶんくちわたしちちダビデにやくそくし,ごぶんでそれをたされたイスラエルのかみエホバがさんされますように。かみはこういました。  『わたしたみをエジプトからしたからいままで,わたしは,わたしとうとばれるいえてるためにイスラエルのいずれかのぞくりょうからまちえらぶことはしなかった+わたしたみイスラエルのどうしゃになるひとえらぶこともしなかった。  しかしわたしいまわたしとうとばれるしょとしてエルサレム+えらび,わたしたみイスラエルをおさめさせるためにダビデをえらんだ+』。  わたしちちダビデは,イスラエルのかみエホバののためにいえてることをこころからねがっていました+  しかしエホバはちちダビデにこういました。『あなたはわたしのためにいえてたいとこころからねがった。こころからそうねがったのはとてもいことだ。  とはいえ,あなたがそのいえてることはない。あなたにまれるわたしのためにいえてる+』。 10  エホバはやくそくたされました。エホバのやくそくどお+わたしちちダビデのあといでイスラエルのおうにつきました+。そしてイスラエルのかみエホバののためにいえてました。 11  また,エホバがイスラエルのたみむすんだけいやくしるしたせきばんおさめられているはこ+をそこにきました」。 12  ソロモンはイスラエルのかいしゅうぜんたいまえでエホバのさいだんまえち,りょうひろげた+ 13  (ソロモンはどうえんだんつくって,にわ*+なかいていた。それはながさ2.2メートル,はば2.2メートル,たかさ1.3メートルで,かれはそのうえった。)ソロモンはイスラエルのかいしゅうぜんたいまえでひざまずき,てんかってりょうひろげて+ 14  こうった。「イスラエルのかみエホバ,てんにもにも,あなたのようなかみはいません。あなたは,こころくしてあなたにつかえる*ひとたちにたいしてけいやくまもり,るぎないあいをおしめしになるかたです+ 15  あなたは,あなたにつかえたちちダビデへのやくそくまもられました+。ごぶんくちやくそくし,今日きょうぶんでそれをたされました+ 16  それでいま,イスラエルのかみエホバ,あなたがちちダビデに,『あなたのたちがあなたとおなじようにわたしりっぽうしたがってあゆつづけるなら,わたしまえでイスラエルのおうにはかならずあなたのけいひとがつく+』とってわしたやくそくをおまもりください。 17  イスラエルのかみエホバ,あなたがなさったダビデへのやくそくがそのとおりになりますように。 18  かみたしてひとともじょうにおみになるのでしょうか+てんも,てんてんも,あなたにはせまく,じゅうぶんではありません+わたしてたこのいえなど,なおさらです+ 19  わたしかみエホバ,わたしいのりと,めぐみをもとめるねがいにみみかたむけてください。たすけをもとめるわたしさけびと,わたしがあなたのまえささげているいのりをおきください。 20  あなたがごぶんすとわれたこのいえ+を,あなたがひるよるまもり,このしょかってささげるわたしいのりをいてくださいますように。 21  たすけをもとめるわたしねがいと,あなたのたみイスラエルがこのしょかっていのねがいをおきください+。あなたが,まいであるてんからいてくださいますように+。どうか,いておゆるしくださいますように+ 22  なかたいしてつみおかしたとされるひとが,ちかいをてさせられて*,そのちかいにしばられたじょうたいでこのいえさいだんまえとき+ 23  あなたがてんからおきになってさばきをおこない,わるひとにはへんぽうしてそうおうばつあた+ただしいひとにはざいせんこくして,そのただしさにおうじたむくいをおあたえになりますように+ 24  あなたのたみイスラエルが,あなたにたいしてつみおかつづけたために,てきやぶられたあい+たみもどってあなたのをたたえ+,このいえであなたのまえいのって+めぐみをもとめるなら+ 25  あなたがてんからおきになって+イスラエルのたみつみゆるし,たみたちにおあたえになったたみもどしてくださいますように+ 26  たみがあなたにたいしてつみおかつづけたために+てんざされてあめらなくなり+,あなたにいやしめ*られたゆえにたみがこのしょかっていのり,あなたのをたたえ,つみからはなれるなら+ 27  あなたがてんからおきになり,あなたにつかえるひとたちのつみを,イスラエルのたみつみゆるしてくださいますように。あゆむべきみちたみおし+たみにおあたえになったあなたのあめらせてくださいますように+ 28  このくにきん+えきびょう+れやびょうがい+,バッタのたいぐんはっせいしたり+,このくにのいずれかのまちてきほうされたり+,ほかのなんらかのさいやくびょうしょうじたりしたあい+ 29  だれかがあるいはイスラエルのたみみなくるしみやいたみをおぼ+,このいえかってりょうひろげていのるなら+,どのいのりも+めぐみをもとめるどのねがいも+ 30  あなたが,まいであるてん+からおきになり,ゆる+,それぞれのあゆみにおうじたむくいをおあたえになりますように。あなたは一人ひとり一人ひとりこころをごぞんじだからです。あなただけがひとこころっておられます+ 31  たみが,たちにあなたがおあたえになったきるあいだずっと,あなたをおそれてあなたのみちあゆみますように。 32  また,あなたのだい*ちからづよばしたうでについていてとおくにからやって+,イスラエルのたみではないがいこくじんがこのいえかっていのるなら+ 33  あなたが,まいであるてんからおきになり,そのがいこくじんねがうことをすべおこなってくださいますように。そのようにして,じょうすべてのたみがあなたのって+,イスラエルのたみおなじようにあなたをおそれ,わたしてたこのいえがあなたのばれていることをりますように。 34  あなたのたみがあなたにつかわされて,てきたたかうためにどこかにあい+,そのたみがあなたがえらんだこのほうき,あなたののためにわたしてたいえかって+あなたにいのるなら+ 35  そのいのりとめぐみをもとめるねがいをてんからおきになり,たみのためにこうどうして*ください+ 36  かれらがあなたにたいしてつみおかしたあいつみおかさないひと一人ひとりもいません+),あなたがいきどおってかれらをてきわたし,かれらがらえられて,とおくであれちかくであれ,どこかのられ+ 37  ったそのほんしんかえってあなたのもとにもどり,『わたしたちはつみおかし,ちがったことをしました。わるいことをしました』とってめぐみをもとめるなら+ 38  また,れていかれたそので,かれらがこころくしぶんすべてをくしてあなたのもとにもど+たちにあなたがおあたえになったとあなたがえらんだほう+,あなたののためにわたしてたいえかってあなたにいのるなら, 39  あなたが,まいであるてんから,かれらのいのりとめぐみをもとめるねがいをおきになり,かれらのためにこうどう*+,あなたにたいしてつみおかしたかれらをゆるしてくださいますように。 40  わたしかみ,このしょささげられる*いのりにどうかけ,みみかたむけてくださいますように+ 41  どうぞ,エホバかみ,あなたのちからしょうちょうするはこともに,あなたのやすにおはいりになってください+。エホバかみさいたちにすくいをまとわせて*ください。あなたにくす*ひとたちにいことをたのしませてください+ 42  エホバかみ,あなたがえらんだ*もの退しりぞけないでください+。あなたにつかえたダビデへのるぎないあいおぼえていてくださいますように+」。

脚注

または,「囲い」。
直訳,「の前で歩む」。
または,「その仲間から罰を科されて」。偽証や違反があった場合に罰が科されることを承知の上で,誓いを立てさせられたということ。
または,「苦しめ」。
または,「名声」。
または,「裁いて」。
または,「裁き」。
または,「に関する」。
エホバの救いを民に知らせる祭司の責任に言及していると考えられる。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。

注釈

メディア