ソロモン​の​歌 2:1-17

2  私は沿岸平原のただのサフラン*,谷に咲くユリ+」。   「私が愛する人は乙女たちの中で,いばらの中のユリのようだ」。   「私のいとしい人は男子たちの中で,森の中のリンゴの木のよう。ああ,その木陰に座りたい。その果実は甘いの。   あの人は私を宴会の家に連れていった。愛の旗を掲げてくれた。   干しぶどうのお菓子で私を元気づけて+リンゴで私を力づけて。恋に病んでいるの。   あの人は左手で私の頭にそっと触れ,右手で私を抱き締める+   エルサレムの女性たち,皆さんはガゼル+や野の雌鹿の美しさが分かる女性。誓ってください。私の愛を無理に呼び起こさないと+   いとしいあの人の声がする!あっ! あの人が来る!山を登り,丘を駆けてやって来る。   いとしいあの人はガゼルや若い雄鹿みたい+壁の向こうに立っている。窓の外からじっと見つめ,格子越しにうかがっている。 10  いとしいあの人は私に言う。『私の愛する美しい人,立って一緒に行こう。 11  ほら,冬*は過ぎて,雨はどこかに行ったよ。 12  大地に花が咲き+,刈り込みの季節が来た+ヤマバトのさえずりも聞こえるよ+ 13  早い時期になるイチジクが熟している+ブドウの花が開いて,香りを放っている。私の愛する美しい人,立って一緒に行こう。 14  大岩の隠れがに,崖のくぼみにいる私のハト+姿を見せて,声を聞かせて+あなたの声は心地よく,あなたの姿は愛らしい+』」。 15  「キツネを捕まえてくれ。ブドウ園を荒らす小ギツネたちを。私たちのブドウ園には花が咲いたから」。 16  「いとしいあの人は私のもの,私はあの人のもの+あの人はユリの花の間で+羊を世話している+ 17  いとしいあなた,そよ風が吹き,影が消えてしまう前に,早く帰ってきて。私たちを隔てる山*にいるガゼル+や若い雄鹿みたいに+

脚注

または,「クロッカス」。
または,「雨期」。
もしかすると,「切り立った山々」。または,「ベテルの山々」。

注釈

メディア