ソロモン​の​歌 1:1-17

1  歌の中の*歌,ソロモンの歌+   「あなたが口づけしてくれるといいのに。あなたの愛の表現はぶどう酒よりも素晴らしい+   あなたの香油はいい香り+あなたの名は注がれた香油のよう+だから,乙女たちはあなたを愛するの。   私を連れ出して。走りましょう。王様に奥の部屋に連れてこられたの。一緒に楽しみ,喜びましょう。ぶどう酒より甘い愛の表現を交わし*ましょう。乙女たちがあなたを愛するのも当然ね。   エルサレムの女性たち,私は色が黒い。でも美しい。ケダル+の天幕のように,ソロモンの天幕+のように。   色が黒いからといって,私を見つめないで。これは太陽が照り付けたせい。兄たちに怒られて,ブドウ園の見張りをさせられた。自分のブドウ園は見張れなかった。   教えて,大好きなあなた。どこで羊の群れに草を食べさせるの+真昼に羊をどこに横たわらせるの。あなたの友人の羊たちの中で,ベール*をかぶった女性のようになりたくない」。   「女性の中で最も美しい人,もし知らないなら,羊の足跡をたどっていって,羊飼いたちの天幕のそばであなたの子ヤギを放してみたら」。   「愛するあなたをファラオの兵車の雌馬に例えよう+ 10  あなたの頰はかわいらしく,耳飾り*で引き立つ。きれいな首にビーズの首飾りがよく似合う。 11  銀の飾りが付いた金の輪を作ってあげよう」。 12  「王様が円卓の前に座っている。私は香料*+香りを漂わせる。 13  いとしいあの人は,没薬+の匂い袋みたいに私の胸元で夜を過ごす。 14  いとしいあの人は,エン・ゲディ+のブドウ園に咲くヘンナの花のよう+」。 15  「ああ,私の愛する人,あなたは美しい。ああ,あなたは美しい。あなたの目はハトの目のようだ+」。 16  「いとしいあなた,あなたは美しい*。本当にすてき+私たちが横になる場所は青葉の上。 17  私たちの家*の梁は杉,天井はネズの木。

脚注

または,「最も優れた」。
または,「について語り」。
または,「喪服のベール」。
もしかすると,「編んだ髪の間」。
直訳,「カンショウ」。
または,「かっこいい」。
または,「の大きな家」。

注釈

メディア