ソロモン​の​歌 3:1-11

3  夜中にベッドで,愛するあの人のことを考えた+会いたいけれど,ここにはいない+   『起きて町の中を歩いてこよう。愛するあの人を通りや広場で捜してこよう』。捜したけれど,見つからなかった。   町を巡回する見張りが私を見つけた+。それで聞いてみた。『私の恋人を見ませんでしたか』。   そこを離れてすぐ,愛するあの人を見つけたの。彼をつかまえて,離さなかった。私の母の家に連れていった+私を産んだ人の奥の部屋に。   エルサレムの女性たち,皆さんはガゼルや野の雌鹿の美しさが分かる女性。誓ってください。私の愛を無理に呼び起こさないと+」。   「荒野から来るのは何? 煙の柱?没薬,乳香,商人のいろいろな香料の香りがする+」。   「見て! ソロモンが寝椅子*に乗っている。60人の強い男たちが囲んでいる。イスラエルの強靱な男たちで+   みんな剣を持つ鍛えられた戦士。夜に生じる危険に備え,腰に剣を帯びている」。   「あれはソロモン王の寝椅子。レバノンの木+で作らせた。 10  支柱は銀,台座は金,椅子には紫の羊毛。内部の飾り付けには,エルサレムの女性たちの思いが込められている」。 11  「シオンの女性たち,見に出ていらっしゃい。ソロモン王が花婿の冠*を付けている。結婚の日,王の喜びの日に母君+が作った物を」。

脚注

貴人を運ぶための覆いの付いた寝椅子。
または,「花の冠」。

注釈

メディア