民数記 12:1-16

12  ミリアムとアロンがクシュ人の妻のことでモーセを非難するようになった。モーセにはクシュ人の妻がいたのである+  2人は言った。「エホバが話したのはモーセを通してだけでしょうか。私たちを通しても話したのではありませんか+」。エホバはこれを聞いていた+  ところで,モーセは地上の全ての人の中で際立って温厚な人*だった+  突然エホバはモーセとアロンとミリアムに言った。「3人とも,会見の天幕の所に出なさい」。3人は出ていった。  エホバは雲の柱のうちに下ってきて+,天幕の入り口に立ち,アロンとミリアムを呼んだ。2人は前に出た。  神は言った。「私の言葉を聞いてもらいたい。あなたたちの間にエホバの預言者がいるとしたら,私は幻の中で自分のことをその人に知らせ+,夢の中でその人に話す+  私に仕えるモーセについてはそうではない! 彼は私の民全体を託されて*いる+  私は顔を合わせて彼に話し+,謎を用いずにはっきり語る。彼はエホバの姿を見る。それなのに,どうしてあなたたちは恐れずに,私に仕えるモーセを非難したのか」。  エホバは2人に対して怒りに燃え,去っていった。 10  雲は天幕の上から離れた。すると,ミリアムは重い皮膚病にかかって雪のように白くなった+。アロンがミリアムの方を振り向くと,ミリアムは重い皮膚病にかかっていた+ 11  すぐにアロンはモーセに言った。「お願いです。どうかこの罪を私たちに負わせないでください! 私たちは愚かなことをしました。 12  どうかミリアムを,死んで生まれた子供のように,腐りかけの状態にはしておかないでください!」 13  モーセはエホバに向かって叫び,「神よ,どうか姉を癒やしてください! お願いします+」と言い始めた。 14  エホバはモーセに答えた。「父親が彼女の顔に唾を吐き掛けたとすれば,彼女は7日間辱められるのではないか。彼女を7日間宿営の外に隔離しなさい+。その後,連れ戻してもよい」。 15  ミリアムは7日間宿営の外に隔離された+。民はミリアムが連れ戻されるまで旅立たなかった。 16  その後,民はハツェロト+を出発し,パランの荒野+に宿営するようになった。

脚注

または,「とても謙遜(温和)で,地上のほかの誰よりもそう」。
直訳,「私の家全体で,彼は忠実であることを示して」。

注釈

メディア