民数記 13:1-33

13  エホバはモーセにはなした。  「だんせいたちをつかわして,わたしがイスラエルじんあたえるカナンほうていさつさせ*なさい。ぞくごとに1人ひとりちょうであるひと+つかわすべきである+」。  モーセは,エホバのどおり,そのひとたちをパランのこう+からつかわした。みなイスラエルじんちょうだった。  まえとおりである。ルベンぞくからは,ザクルのシャムア。  シメオンぞくからは,ホリのシャファト。  ユダぞくからは,エフネのカレブ+  イッサカルぞくからは,ヨセフのイグアル。  エフライムぞくからは,ヌンのホシェア+  ベニヤミンぞくからは,ラフのパルティ。 10  ゼブルンぞくからは,ソディのガディエル。 11  ヨセフぞく+からは,マナセぞく+のためにスシのガッディ。 12  ダンぞくからは,ゲマリのアミエル。 13  アシェルぞくからは,ミカエルのセトル。 14  ナフタリぞくからは,ボフシのナフビ。 15  ガドぞくからは,マキのゲウエル。 16  じょうが,ていさつさせるためにモーセがつかわしたひとたちのまえである。モーセはヌンのホシェアをヨシュア*+んだ。 17  モーセは,カナンほうていさつさせるためにそのひとたちをつかわすとき,こうった。「ネゲブにき,さん+のぼっていきなさい。 18  そこがどんな+,そこにひとびとつよいかよわいか,すくないかおおいかをなければなりません。 19  そのいかわるいか,ひとびとまちぼうされているかいないかについてもです。 20  よくもう+,そこにがあるかどうかも調しらべなさい。ゆう+果物くだものをいくらかってこなければなりません」。それは,じゅくしたブドウのはつものだった+ 21  そのひとたちはていき,そのをチンのこう+からレボ・ハマト*+ちかいレホブ+までていさつした。 22  ネゲブにはいったときにヘブロン+た。そこには,アナクじん*+あるアヒマン,シェシャイ,タルマイ+がいた。なお,ヘブロンはエジプトのツォアンより7ねんまえてられた。 23  そのひとたちはエシュコルのたに*とき+,ブドウが1ふさいたえだった。それは,ぼうけて2人ふたりはこばなければならなかった。ザクロとイチジクも+おなじようにした。 24  そのしょをエシュコル*たに*+んだのは,イスラエルじんがそこでったふさにちなんでのことだった。 25  40にち+がたち,そのひとたちはていさつからもどった。 26  そして,パランのこうのカデシュ+にいたモーセとアロンおよびイスラエルじんたみぜんいんところた。たみぜんいんほうこくかえり,果物くだものせた。 27  モーセにつぎのようにほうこくした。「あなたがつかわしたはいりました。まさしくじょうよく*ところでした+。これがそこの果物くだものです+ 28  でも,そこにひとびとつよく,まちじょうおおきく,ぼうされています。しかも,アナクじんました+ 29  ネゲブほう+にはアマレクじん+み,さんにはヘトじん,エブスじん+,アモリじん+うみ+とヨルダンがわ沿いにはカナンじん+んでいます」。 30  カレブは,モーセのまえにいるたみしずめようとして,った。「すぐにかっていきましょう。かならずそのしゅとくできます。ちがいなくせいふくできるのです+」。 31  しかし,いっしょったひとたちはった。「あのひとたちのところめていくなんてだ。かれらはわたしたちよりつよ+」。 32  そして,ていさつしてきたについてイスラエルじんにあれこれとわるほうこくをして+った。「ていさつのためにとおったは,ひとたちをくすだ。そこでひとたちはみななみはずれておおきかった+ 33  そこでネフィリムをた。ネフィリムから*アナクのたちだ+。それにくらべると,わたしたちはバッタのようだった。かれらもそうおもったにちがいない」。

脚注

または,「調べさせ」。
または,「エホシュア」。「エホバは救い」という意味。
または,「ハマトの入り口」。
または,「アナキム」。
または,「ワジ」。
意味,「ブドウの房」。
または,「ワジ」。
直訳,「乳と蜜が流れる」。
または,「の子孫である」。

注釈

メディア