内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

受刑者の更生,一度に一人ずつ

スペイン で,エホバ  証人  68  刑務   訪問 し,全国  600  ほど  受刑   聖書  学ん   ます。

ミゲル  その よう  訪問  行なう エホバ  証人    です。エホバ  証人  なる   12   服役  まし  が,今  刑務   毎週 通っ   ます。自分  助け られ    同じ よう に,他  受刑   更生  助ける ため です。

これ まで 8  間,ミゲル  多く  受刑   聖書  教え   まし た。こう 語っ   ます。「わたし  服役     刑務   受刑  たち  助ける こと  でき て,うれしく 思い ます。受刑   犯罪  世界 から 抜け出し たい  いう 願い  持つ   見る と,胸  熱く なり ます」。

ミゲル  4   時,父親  事故  亡くし まし た。飲酒 運転     ねら    です。残さ   母親 は,家族  養う ため   時間 働か なけれ  なり ませ  でし た。

ミゲル    学校  休ん  は,空き巣  車上 荒らし  する よう  なり まし た。12   なる ころ  は,ミゲル  犯罪    染め   まし た。15   すでに 麻薬  売人    大金  稼い   まし た。しかし,ヘロイン  コカイン  中毒  なり,それら 高価  薬物  買う ため  盗み  重ね まし た。16  から 入所  出所  繰り返し,札付き  犯罪   なり まし た。本人  言い ます。「刑務   死ぬ か,薬物 中毒  死ぬ か,どちら    思い まし た。まるで クモ    引っかかっ  ハエ  よう でし た」。

1994 年,ミゲル  友人  ある エホバ  証人 に,服役   ミゲル  手紙  書く よう 頼み まし た。その 手紙 から ミゲル は,神  地球  再び 楽園  する  いう 目的  お持ち  ある こと  知り まし た。楽園  暮らす ため    生き方  変える よう 勧め られ     です。ミゲル  言い ます。「その 言葉    打た  まし た。その  から すべて  変わり まし た。もちろん 簡単  ない こと  分かっ   まし  が,聖書  学ぶ こと   まし た」。

その よう  難しさ  感じ     は,薬物  たばこ  病みつき  なっ    から です。どちら  簡単    入り まし た。同じ 監房   から 毎日  よう  薬物  勧め られ まし た。しかし,中毒  克服 する 強さ  絶え  祈り 求め,ついに やめる こと  でき まし た。

3 か月 後,ミゲル  自分  信じ  いる 事柄    受刑   伝え 始め まし た。翌年   釈放  れ,バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり まし た。結婚 する 計画  立て   まし  が,問題  生じ まし た。結婚   前月 に,別  幾つ   事件  つい  判決  下り,10     宣告     です。それでも 3   後,行動  模範   ある    釈放  れ,その   結婚 でき まし た。ミゲル  完全  更生    です。