内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

集中治療

体温管理

Coagulation management in multiple trauma: a systematic review.

Lier H, Böttiger BW, Hinkelbein J, Krep H, Bernhard M.

出典‎: Intensive Care Med 2011;37(4):572-82.

インデックス‎: PubMed 21318436

DOI‎: 10.1007/s00134-011-2139-y

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21318436

The effects of mild perioperative hypothermia on blood loss and transfusion requirement.

Rajagopalan S, Mascha E, Na J, Sessler DI.

出典‎: Anesthesiology 2008;108(1):71-7.

インデックス‎: PubMed 18156884

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18156884

Body temperature alterations in the critically ill.

Peres Bota D, Lopes Ferreira F, Mélot C, Vincent JL.

出典‎: Intensive Care Med 2004;30(5):811-6.

インデックス‎: PubMed 15127194

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15127194

Should normothermia be restored and maintained during resuscitation after trauma and hemorrhage?

Mizushima Y, Wang P, Cioffi WG, Bland KI, Chaudry IH.

出典‎: J Trauma 2000;48(1):58-65.

インデックス‎: PubMed 10647566

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10647566


当​ウェブサイト​の​メディカル​・​セクション​は,おもに​臨床​医​など​医療​関係​者​向け​の​資料​提供​を​目的​と​し​て​い​ます。医療​上​の​アドバイス​を​与え​たり,特定​の​治療​法​を​勧め​たり​し​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。また,資格​ある​医療​従事​者​に​代わる​もの​で​も​あり​ませ​ん。引用​さ​れ​て​いる​医学​文献​は​エホバ​の​証人​が​発行​し​た​もの​で​は​あり​ませ​ん​が,考慮​できる​か​も​しれ​ない​輸血​の​代替​療法​を​説明​し​て​い​ます。医療​従事​者​に​は,最新​情報​に​通じる​よう​に​し,患者​と​治療​の​選択​肢​に​つい​て​話し合い,患者​が​自分​の​健康​状態,意思,価値​観,信条​に​合っ​た​決定​を​下せる​よう​助ける​責任​が​あり​ます。記さ​れ​て​いる​方法​すべて​が​どの​患者​に​も​当てはまる​と​は​限ら​ず,患者​に​よっ​て​は​受け入れ​られ​ない​もの​も​あり​ます。

患者​の​皆さん​へ: 自分​の​健康​状態​や​治療​法​に​つい​て​は,医師​など​の​医療​従事​者​の​アドバイス​を​求める​よう​に​し​て​ください。病気​の​疑い​が​ある​なら,医師​の​診察​を​受け​て​ください。

この​ウェブサイト​の​利用​は,当​サイト​の利用​規約に​準拠​する​もの​と​し​ます。