アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

生命倫理と法

エホバ証人大切おり,自分子どもため良質医療受けたい願っます。手術麻酔,医療機器技術,止血治療含め,ほとんど医療受け入れます。しかし,エホバ証人同種血輸血(全血,赤血球,白血球,血小板,血漿)や,術前自己血貯血(PAD)を返血することは,聖書教え反する考えます。

医療関係エホバ証人患者治療する考慮できる,倫理的,法的,社会要素説明ます。

 

生命倫理と法(一般)

生命倫理と法(小児)


 ウェブサイト  メディカル  セクション は,おもに 臨床  など 医療 関係  向け  資料 提供  目的     ます。医療   アドバイス  与え たり,特定  治療   勧め たり   いる わけ   あり ませ ん。また,資格 ある 医療 従事   代わる もの   あり ませ ん。引用    いる 医学 文献  エホバ  証人  発行   もの   あり ませ  が,考慮 できる   しれ ない 輸血  代替 療法  説明    ます。医療 従事   は,最新 情報  通じる よう  し,患者  治療  選択   つい  話し合い,患者  自分  健康 状態,意思,価値 観,信条  合っ  決定  下せる よう 助ける 責任  あり ます。記さ   いる 方法 すべて  どの 患者   当てはまる   限ら ず,患者  よっ   受け入れ られ ない もの  あり ます。

患者  皆さん へ: 自分  健康 状態  治療   つい  は,医師 など  医療 従事   アドバイス  求める よう    ください。病気  疑い  ある なら,医師  診察  受け  ください。

この ウェブサイト  利用 は,当 サイト 利用 規約 準拠 する もの   ます。