内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

異言について聖書はどんなことを教えていますか

聖書の答え

「異言を話[す]」とは,学んだことのない言語を話す奇跡的な能力のことです。初期のクリスチャンの中にはこうした能力を与えられた人たちがいました。(使徒 10:46,「新共同訳」,日本聖書協会)話し手の言葉は,その言語を知っている人なら誰でも簡単に理解できました。(使徒 2:4‐8)異言を話すことは,神が1世紀のクリスチャンに与えた聖なる力によるものでした。(コリント第一 12:4,30。ヘブライ 2:4

 異言を話すことはいつ,どこで始まりましたか

この奇跡は,西暦33年のエルサレムで起きました。ユダヤ人の祭りであるペンテコステの日の朝,約120人のイエスの弟子たちが集まっていた時のことです。「彼らはみな聖霊に満たされ,霊が語らせるままに異なった国語で話し始めたので[す]」。(使徒 1:15; 2:1‐4)「天下のあらゆる国から来た」大勢の人が,「彼ら[初期クリスチャン]が自分の言語で話しているのを……聞[き]」ました。(使徒 2:5,6

 異言を話す目的は何でしたか

  1. 神からの導きがあることを示すため。過去においても,神はモーセなどの忠実な人を導いていることを示すために奇跡を起こしました。(出エジプト記 4:1‐9,29‐31。民数記 17:10)同様に,異言を話すことは,新しく設立されたクリスチャン会衆を神が導いていることを示しました。使徒パウロはこう書いています。「異言はしるしのためです。それも,信者に対してではなく,不信者に対してです」。(コリント第一 14:22

  2. クリスチャンが良い知らせを広めるため。ペンテコステの日にイエスの弟子たちから話を聞いた人たちはこう言いました。「神の壮大な事柄について彼らがわたしたちの国語で話[している]」。(使徒 2:11)それで,この奇跡のもう一つの目的は,イエスの命令どおり「徹底的に証し(あかし)」をして,「すべての国の人々を弟子と」することでした。(使徒 10:42。マタイ 28:19)奇跡を目撃して話を聞いた約3000人がその日に弟子になりました。(使徒 2:41

 異言を話すことはずっと続きますか

いいえ。異言などの賜物(たまもの)は一時的なものでした。聖書はこう予告していました。「預言の賜物があっても,それは廃され,異言があっても,それはやみま[す]」。(コリント第一 13:8

 異言を話すことはいつ終わりましたか

この賜物は通常,使徒たちが仲間のクリスチャンの上に手を置くことによって与えられました。(使徒 8:18; 10:44‐46)使徒からこの賜物を受けた弟子が,それを他の人に与えることはなかったようです。(使徒 8:5‐7,14‐17)例えで考えてみましょう。役所の職員は車の免許証を発行します。しかし,免許証を受け取った人が,それを他の人に発行することはできません。使徒たちと,彼らからその賜物を与えられた人たちが死んだ時,異言はなくなったようです。

 現代の異言をどう見るべきですか

異言を話す奇跡は1世紀の終わりに消滅したと考えられます。現在,神の力によって異言を話していると正当に主張できる人はいません。 *

 真のクリスチャンのしるしは何ですか

イエスは,自己犠牲的な愛が弟子であるしるしになると述べました。(ヨハネ 13:34,35)パウロも,愛が真のクリスチャンを見分けるための,変わることのないしるしであると教えました。(コリント第一 13:1,8)また,「霊の実」つまり聖なる力が生み出す特質の最初に愛を挙げています。(ガラテア 5:22,23

^ 20節異言 ― 神からのもの?」という記事をご覧ください。