内容へ

臨死体験をした人は死後の世界を見たのですか

聖書の答え

 死に瀕した(ひんした)時に自分の肉体から離脱する経験をしたとか,まぶしい光や非常にきれいな場所を見た,と言う人がいます。「死についての思い出」(英語)という本によれば,そういう体験をした時に「存在の別の領域をかいま見」たと考える人もいます。聖書はそのような臨死体験に言及してはいません。とはいえ,聖書の基本的な真理から考えると,人々が死後の世界を見ることはありません。

 死者には意識がない。

聖書は,「死んだ者には何の意識も……ない」と述べています。(伝道の書 9:5)人は死ぬと,別の存在領域や思考領域に移るのではなく,存在しなくなります。肉体の死後に生き残る不滅の魂があるという教えは,聖書のものではありません。(エゼキエル 18:4)それで,だれかに臨死体験の記憶があるとしても,その人は天国や地獄や死後の世界をかいま見たわけではありません。

 ラザロは死後の体験について何か語ったか。

聖書には実際に死を経験したラザロに関する記録があります。ラザロは死後4日たってから,イエスによって復活させられました。(ヨハネ 11:38-44)もしラザロが死後に何か楽しい経験をしていたなら,イエスがそのラザロを地上での生活に引き戻すのは不親切なことだったでしょう。ですが,ラザロが死後の体験について何か語ったというようなことは,聖書に述べられていません。もし死後に何かを経験していたならば,ラザロはそれについて話したはずです。興味深いことに,イエスはラザロの死を眠りになぞらえて,ラザロに意識が全くなかったことを示しました。―ヨハネ 11:11-14