内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

聖霊とは何ですか

聖書の答え

聖霊とは,神の活動する力のことです。(ミカ 3:8。ルカ 1:35)神は聖霊を送り出し,そのエネルギーによってどこにおいてもご意志を成し遂げられます。―詩編 104:30; 139:7

聖書に出てくる「霊」という語は,ヘブライ語のルーアハ,ギリシャ語のプネウマを訳したものです。ほとんどの場合,これらの語は神の活動する力つまり聖霊を指して用いられています。(創世記 1:2)しかし,聖書中では次のものを意味する場合もあります。

こうしたものすべては,肉眼では見えませんが,その力が働いている結果を見ることができます。同様に神の霊も,「風に似た,目に見えない無形の強力な」力を意味しています。―「新約聖書用語解説辞典」(英語),W・E・バイン編。

また,聖書は神の聖霊のことを神の「手」や「指」と描写しています。(詩編 8:3; 19:1。ルカ 11:20。マタイ 12:28と比較してください。)人間が手と指を使って仕事をするように,神もご自分の霊を用いて次のようなことを行なってこられました。

聖霊は人格的存在ではない

聖書は,神の霊のことを神の「手」や「指」や「息」であると述べることにより,聖霊が人格的存在ではないことを明らかにしています。(出エジプト記 15:8,10)人間の手は,脳や体から独立して機能することはできません。同じように,聖霊も神の指示なくしては作用しません。(ルカ 11:13)また,聖書の中では,聖霊が水に似たものであると述べられていたり,信仰や知識と関連付けられていたりします。こうした点はいずれも,聖霊が人格的存在ではないということを示しています。―イザヤ 44:3。使徒 6:5。コリント第二 6:6

聖書には,エホバ神の名やみ子イエス・キリストの名が出てきますが,聖霊の名はどこにも見当たりません。(イザヤ 42:8。ルカ 1:31)クリスチャンの殉教者ステファノは奇跡的に天の光景を目にしましたが,見えたのはエホバとイエスだけで,聖霊は見えませんでした。「彼は聖霊に満ち,天を見つめて,神の栄光およびイエスが神の右に立っておられるのを目にし」た,と聖書は述べています。(使徒 7:55)ですから,聖霊は神の活動する力であり,ステファノはその聖霊の力によって幻を見ることができたのです。

聖霊についての誤った考え

誤った考え: 「御霊(みたま)」つまり聖霊は人格的存在であり,「ジェームズ王欽定訳(きんていやく)」聖書のヨハネ第一 5章7,8節が述べるとおり,三位一体の一部である。

真実: 「ジェームズ王欽定訳」聖書のヨハネ第一 5章7,8節はこうなっています。「天において……御父(みちち)と御言葉(みことば)と御霊……この三つは一つなり。また,地において証(あかし)するものは三つ」。しかし,研究者たちにより,これらの言葉が使徒ヨハネによって書かれたものではないこと,それゆえに聖書に含められるべきではないことが判明しました。ブルース・M・メツガー教授はこう書いています。「これらの言葉が偽筆であり新約聖書の中に含められるべき理由が一切ないことは明白である」。―「ギリシャ語新約聖書の本文に関する注解」(英語)。

誤った考え: 聖書は聖霊を擬人化しており,そのことは聖霊が人格的存在であることを証明している。

真実: 聖書がときどき聖霊を擬人化しているからと言って,聖霊が人格的存在であることの証拠になるわけではありません。聖書は知恵や死や罪も擬人化しています。(箴言 1:20。ローマ 5:17,21)例えば,知恵には「働き」があって「子供ら」がいると述べられています。また,罪は人をたぶらかし,殺し,貪欲を生み出す,と描写されています。―マタイ 11:19。ルカ 7:35。ローマ 7:8,11

同様に,使徒ヨハネが記したイエスの言葉を見ると,イエスは聖霊を「助け手」(擁護者)として擬人化しています。そして,聖霊が証拠を与える,案内する,話す,聞く,告げ知らせる,栄光を表わす,受ける,と述べました。イエスは「助け手」に言及した時,「彼」という男性形の人称代名詞を用いました。(ヨハネ 16:7‐15)なぜなら,ギリシャ語の「助け手」(パラクレートス)という語は男性名詞で,ギリシャ語の文法上,男性形の代名詞を必要とするからです。ヨハネが中性名詞プネウマを用いて聖霊について書いた時には,中性形の代名詞である「それ」が使われています。―ヨハネ 14:16,17

誤った考え: バプテスマを聖霊の名において受けるということは,聖霊が人格的存在であることを裏付けている。

真実: 聖書では,「名」が権威や権力を表わしている場合があります。(申命記 18:5,19‐22。エステル 8:10)英語にも,「法の名において」という表現がありますが,それは法律が人格的存在であることを意味しているのではありません。聖霊の「名において」バプテスマを受ける人は,神のご意志が成し遂げられるうえでの聖霊の権威や役割を認めます。―マタイ 28:19

誤った考え: イエスの使徒や初期の弟子たちは聖霊が人格的存在であることを信じていた。

真実: 聖書も歴史の記録もそのようなことは示していません。ブリタニカ百科事典(英語)にはこうあります。「聖霊は別個の神聖な人格的存在……という定義は,西暦381年のコンスタンティノープル公会議において決定された」。これは,最後の使徒が亡くなってから250年以上後の出来事でした。