聖書​の​答え

いいえ。聖書​は,マリア​が​神​の​母​で​ある​と​は​教え​て​い​ませ​ん。また,クリスチャン​に​マリア​を​崇拝​し​たり​神聖​視​し​たり​する​よう​求め​て​いる​わけ​で​も​あり​ませ​ん。 * 次​の​点​を​考え​て​み​て​ください。

  • マリア​が​自分​は​神​の​母​で​ある​と​主張​し​た​こと​は​一度​も​あり​ませ​ん。聖書​の​説明​に​よる​と,マリア​が​産ん​だ​の​は「神​の​子」で​あり,神​ご自身​で​は​あり​ませ​ん。(ルカ 1:32,35

  • イエス​・​キリスト​は,マリア​が​神​の​母​で​ある​と​か​特別​な​崇敬​に​値する​と​か​述べ​た​こと​は​一度​も​あり​ませ​ん。それどころか,ある​女性​が​イエス​の​母​と​なる​特別​な​役割​を​与え​られ​た​マリア​を​称賛​し​た​とき,こう​正し​まし​た。「いいえ,むしろ,神​の​言葉​を​聞い​て​それ​を​守っ​て​いる​人​たち​こそ​幸い​です!」(ルカ 11:27,28

  • 「神​の​母」や「テオトコス」(神​を​産ん​だ​者)と​いっ​た​言葉​は,聖書​に​出​て​き​ませ​ん。

  • 聖書​に​出​て​くる「天​の​女王」と​いう​表現​は,マリア​で​は​なく,背教​し​た​イスラエル​人​が​崇拝​し​て​い​た​偽り​の​女神​を​指し​て​い​ます。(エレミヤ 44:15‐19)「天​の​女王」と​は,バビロニア​の​女神​イシュタル(アスタルテ)で​あっ​た​と​され​て​い​ます。

  • 初期​クリスチャン​は,マリア​を​崇拝​する​こと​も​特別​扱いする​こと​も​あり​ませ​ん​でし​た。ある​歴史​家​は,初期​クリスチャン​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「彼ら​は​個人​崇拝​を​退け​た​もの​と​思わ​れる。また,マリア​に​過度​の​注意​を​向け​て​しまう​こと​は​女神​崇拝​に​当たりかね​ない​と​考え​た​はず​で​ある」。「ユダヤ​人​マリア​を​求め​て」(英語)

  • 聖書​に​よる​と,神様​は​常​に​存在​し​て​おら​れ​ます。(詩編 90:1,2; 93:2)神様​に​は​始まり​が​ない​の​で,母親​は​い​ない​はず​です。そのうえ,マリア​は​神様​を​宿す​こと​など​でき​ませ​ん​でし​た。聖書​が​明らか​に​し​て​いる​とおり,天​で​さえ​神様​を​入れる​こと​が​でき​ない​から​です。(列王​第​一 8:27

「神​の​母」では​なく​イエス​の​母親

マリア​は​生まれ​ながら​の​ユダヤ​人​で,ダビデ​王​の​直系​の​子孫​でし​た。(ルカ 3:23‐31)神様​は​マリア​の​信仰​と​専心​を​大いに​喜ば​れ​まし​た。(ルカ 1:28)そして,マリア​が​イエス​の​母親​に​なる​よう​に​され​まし​た。(ルカ 1:31,35)マリア​は​夫​ヨセフ​の子ども​たちも​産み​まし​た。(マルコ 6:3

聖書​は​マリア​が​イエス​の​弟子​と​なっ​た​こと​を​示し​て​い​ます​が,それ​以外​の​情報​は​ほとんど​載せ​て​い​ませ​ん。(使徒 1:14

^ 3節 一部​の​宗派​は,マリア​は​神​の​母​で​ある​と​教え​て​い​ます。マリア​を「天​の​女王」,または​テオトコス(ギリシャ​語​で「神​を​産ん​だ​者」の​意)と​呼ぶ​こと​も​あり​ます。