内容へ

罪悪感に苦しんでいます。聖書は助けになりますか

聖書の答え

 はい。聖書は罪悪感に対処する助けになります。(詩編 32:1-5)悪いことをしてしまっても本当に後悔しているなら,神様は許してくれます。そして,立ち直れるように助けてくれます。(詩編 86:5)聖書によると,罪悪感は私たちのためになることもあります。悪いことをやめ,もう二度と繰り返さないようにしよう,という気持ちになります。(詩編 51:17。格言 14:9)とはいえ,聖書は過度の罪悪感を抱くことがないよう勧めています。自分は神様から見て駄目な人間だとか価値がないなどと考える必要はないのです。そうした罪悪感を抱くなら,「打ちのめされて」しまうでしょう。(コリント第二 2:7

 どんな理由で罪悪感を抱くことがあるか

 いろいろな理由があります。大切な人を傷つけてしまったり,守るべきだと思っている基準を守れなかったりするかもしれません。悪いことをしていないのに罪悪感に襲われることもあります。自分にあまりにも高い基準を課すと,そうなるかもしれません。その基準に達することができないと罪悪感を覚えます。それで,聖書は自分に無理な要求を課さないよう勧めています。(伝道の書 7:16

 罪悪感にどのように対処できるか

 自分は駄目な人間だ,と決めつけるのではなく,できることを行いましょう。どんなことができますか。

  •   間違いを認める。エホバ *神に祈り,許してほしいとお願いしましょう。(詩編 38:18。ルカ 11:4)本当に後悔し,同じ間違いを繰り返さないよう努力するなら,神様は許してくれます。(歴代第二 33:13。詩編 34:18)人間には人の心は見えませんが,神様には見えます。私たちが悪いことをしないよう努力するなら,「神は信頼できる正しい方ですから,罪を許して……くださいます」。(ヨハネ第一 1:9。格言 28:13

     もちろん,誰かを傷つけてしまったなら,素直にそのことを認め,心から謝る必要があるでしょう。そうするのは簡単ではないかもしれません。勇気が要りますし,プライドを捨てる必要もあります。でも,心から謝るなら,2つの良い結果につながります。自分の気持ちが楽になりますし,相手と仲直りすることもできます。(マタイ 3:8; 5:23,24

  •   神様の憐れみ(あわれみ)について述べた聖句をじっくり考える。ヨハネ第一 3章19,20節について考えてみましょう。そこには,私たちが「心に責められる」場合があると述べられています。自分は神様に愛される資格がないと考えて,自分を責めてしまうことがあります。でもその聖書の言葉は続けて,「神は私たちの心より大き[い]」と述べています。なぜそう言えますか。神様は私たちの全てを見ていて,私たちの気持ちや弱さを全部分かってくれるからです。私たちが生まれつき不完全で間違ったことを行いやすい,ということも知っています。 *詩編 51:5)ですから,間違いを本当に後悔している人を拒絶したりしません。(詩編 32:5

  •   過去の間違いをくよくよ考えない。聖書には,悪いことをしていたものの,生き方を変えた人がたくさん出てきます。例えば,後に使徒パウロと呼ばれたタルソスのサウロがいます。パリサイ派だったサウロは,イエスの弟子たちを激しく迫害しました。(使徒 8:3; 9:1,2,11)しかし,自分が実際には神とメシアつまりキリストに敵対していることを知った時,悔い改めて生き方を変え,立派なクリスチャンになりました。パウロは自分が過去にしたことを深く後悔しましたが,そのことをくよくよ考え続けたりはしませんでした。神様が大きな憐れみを示してくれたことに感謝し,良い知らせを熱心に伝えました。永遠に生きるという希望を見失うこともありませんでした。(フィリピ 3:13,14

 罪悪感や許しに関する聖書の言葉

 詩編 51:17: 「後悔し,打ちのめされた心を,神よ,あなたは退けません」。

 意味: 間違いをしても,神様を悲しませてしまったことを本当に後悔しているなら,神様は私たちを拒絶したりしない。憐れみを示し,許してくれる。

 格言 28:13: 「自分の違反を隠す人は成功しないが,それを告白して捨てる人は憐れみを示される」。

 意味: 罪を犯してしまったことを神様に正直に話し,生き方を変えるなら,神様は許してくれる。

 エレミヤ 31:34: 「私は彼らの過ちを許し,彼らの罪をもはや思い出さない」。

 意味: 神様は間違いを許したら,その間違いを再び持ち出したりはしない。神様の憐れみはうわべだけのものではない。

^ 4節 エホバとは神様の名前です。(出エジプト記 6:3

^ 6節 最初の人アダムから受け継いだ罪のせいで,私たちは生まれつき悪いことをしがちです。アダムは妻エバと共に神様に対して罪を犯し,完全ではなくなりました。アダムの子孫である私たちが不完全なのはそのためです。(創世記 3:17-19。ローマ 5:12