内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

神は存在しますか

聖書の答え

はい。聖書は,神の存在を裏付ける確かな証拠を挙げています。また,宗教上の主張を盲目的に信じるのではなく,「理性」や「知的感覚」を用いることによって,神に対する信仰を築くよう勧めています。(ローマ 12:1。ヨハネ第一 5:20,脚注)では,聖書に基づく根拠の幾つかを調べてみましょう。

  • 秩序正しい宇宙と生命の存在は,それらを造った方が実在する証拠です。聖書はこう述べています。「言うまでもなく,家はすべてだれかによって造られるのであり,すべてのものを造られたのは神です」。(ヘブライ 3:4)これは単純とはいえ,多くの有識者も納得する論理です。 *

  • 人間には,人生の意味や目的を理解したいという欲求が生まれながらに備わっています。身体の必要を満たしても残る,一種の空腹感です。聖書は,それを「霊的な必要」と呼んでおり,神を知って崇拝したいという欲求もその一部です。(マタイ 5:3。啓示 4:11)この霊的な必要は,神が存在することを証明しています。さらに,神が人間にその必要を満たすよう願っておられる,愛ある創造者であることも示しています。―マタイ 4:4

  • 聖書中の詳細な預言は,事が起きる幾世紀も前に書かれて,予告どおりに実現しました。それらが具体的かつ正確に実現したことは,預言が人間を超えた存在から来ていることの明白な証拠です。―ペテロ第二 1:21

  • 聖書の筆者たちは,当時の人々の理解を超えた科学的な知識を持っていました。例えば,古代の多くの人々は,象や雄牛,いのししなどの動物が地球を支えている,と考えていました。それとは対照的に,聖書は,神が「地を無の上に掛けておられる」,と教えています。(ヨブ 26:7)また,地球の形についても,「球」と正しく描写しています。(イザヤ 40:22,「ドゥエ訳」[英語])当時では知り得なかった知識が聖書に記述されているのは,その筆者たちが神から情報を得たからに違いない,と考える人は少なくありません。

  • 聖書には,多くの難問に対する答えがあります。満足のゆく答えが得られないと無神論になりかねないような,以下の疑問も例外ではありません。もし神が愛情深く全能であるなら,どうして世界には苦しみや悪が見られるのでしょうか。宗教が多くの場合,良い影響よりも悪い影響を及ぼすのはなぜでしょうか。―テトス 1:16

^ 4節 例えば,天文学者の故アラン・サンデージは,宇宙についてこう述べました。「わたしには,そのような秩序が混沌(カオス)から生じたとはとうてい考えられない。物事を組織する何らかの原理がなければならない。わたしにとって神はまさに神秘だが,万物存在の奇跡,つまり何にせよなぜ存在しているのかの説明になる」。