内容へ

神は存在しますか

せいしょこた

 せいしょむと,かみたしかにそんざいすることがかります。せいしょは,わたしたちがただもうもくてきかみしんじるのではなく,「せい」や「りょく」を使つかってかみへのしんこうそだてるようすすめています。(ローマ 12:1。ヨハネだいいち 5:20きゃくちゅう)では,せいしょもとづくこんきょいくつか調しらべてみましょう。

  •   ちつじょただしいちゅうせいめいそんざいは,それらをつくったかたがいるというしょうです。せいしょにはこうかれています。「うまでもなく,いえすべだれかによってつくられるのであり,すべてのものをつくったのはかみです」。(ヘブライ 3:4)これはたんじゅんろんですが,せっとくりょくがあることをおおくのゆうしきしゃみとめています。 *

  •   にんげんにはまれながらに,じんせいもくてきりたいというよっきゅうがあります。そうしたことがからないと,たされないちになるものです。せいしょによれば,それは「かみみちびきがひつようであることをかく」することとふかかんけいがあります。(マタイ 5:3。けい 4:11にんげんかみってすうはいしたいというちをぜんっていることは,かみそんざいすることのしょうえます。それだけでなく,かみにんげんりたちをあじわってほしいとおもっているあいじょうぶかそうぞうしゃであることもしめしています。(マタイ 4:4

  •   せいしょにはしょうさいげんがたくさんかれていて,いくせいまえこくされたことがそのとおりになってきました。こまかいところまでせいかくじつげんしていることは,そうしたげんにんげんえたそんざいからのものであることのめいはくしょうです。(ペテロだい 1:21

  •   せいしょひっしゃたちは,とうひとびとかいえたがくてきしきっていました。たとえば,だいおおくのひとは,ぞううしやイノシシなどのどうぶつきゅうささえているとかんがえていました。たいしょうてきせいしょには,かみが「きゅうくうかんかせている」とかれています。(ヨブ 26:7きゅうかたちについても,ただしく「きゅうけい」とびょうしゃされています。(イザヤ 40:22きゃくちゅうとうではなかったことがせいしょかれているのは,ひっしゃたちがかみからじょうほうたからにちがいありません。

  •   せいしょおおくのむずかしいもんこたえています。たとえばつぎのようなもんにもなっとくのいくこたえがられるので,かみそんざいしんじられます。もしかみあいじょうぶかぜんのうであるなら,どうしてかいにはくるしみやあくがあるのでしょうかいものであるはずのしゅうきょうもとに,わるいことがおこなわれているのはなぜでしょうか。(テトス 1:16

^ たとえば,てんもんがくしゃアラン・サンデージは,ちゅうについてこうべました。「わたしには,そのようなちつじょ混沌カオスからしょうじたとはとうていかんがえられない。ものごとしきするなんらかのげんがなければならない。わたしにとってかみはまさにしんだが,ばんぶつそんざいせき,つまりなににせよなぜそんざいしているのかのせつめいになる」。