内容へ

神には名前がいくつありますか

聖書の答え

 神はただ1つの固有の名前をお持ちです。ヘブライ語でיהוהと書き表わされ,日本語では普通,「エホバ」と訳されます。 * 神は,預言者イザヤを通してこう言われました。「わたしはエホバである。それがわたしの名である」。(イザヤ 42:8)この名前は古代の聖書写本に約7000回出てきます。神に相当する語で,また個人の名前でこれほど多く出ているものはほかにありません。 *

エホバのほかにも用いられている名前がありますか

 聖書は神を1つの固有の名前で呼んでいますが,数多くの称号や描写を用いて神について述べています。以下のリストはそれらの称号や描写の幾つかを挙げたものです。それぞれの称号や描写はエホバの性質や性格の一面を明らかにしています。

称号

参照聖句

意味

アラー

(出例なし)

「アラー」という語はアラビア語に由来しており,固有の名前ではなく「神」を意味する称号。アラビア語や他の幾つかの言語の聖書翻訳では,「神」に相当する語として「アラー」が用いられている。

アルファであり,オメガである

啓示 1:8; 21:6; 22:13

「最初であり最後であ[る]」または「初めであり終わりである」とは,エホバのような全能の神は前にも後にも存在しないという意味。(イザヤ 43:10)アルファとオメガはギリシャ語アルファベットの最初の文字と最後の文字である。

偉大な教訓者

イザヤ 30:20,21

有益な教えや導きを与える。(イザヤ 48:17,18

偉大な造り主

詩編 149:2

すべてのものを存在に至らせた。(啓示 4:11

祈りを聞かれる方

詩編 65:2

信仰を働かせてささげられる個々の祈りに自ら耳を傾ける。

詩編 18:2,46

安全な避難所,救いの源。

買い戻す方

イザヤ 41:14

イエス・キリストの贖い(あがない)の犠牲により,人類を罪と死から取り戻す,または買い戻す。(ヨハネ 3:16

創世記 1:1

崇拝の対象であり,強い方。エローヒームは複数形で,エホバの威厳,尊厳,もしくは卓越性を示している。

神の神

申命記 10:17

至高の神。「無価値な神々」とは対照的である。(イザヤ 2:8

幸福な神

テモテ第一 1:11

喜びと幸福を特徴としている。(詩編 104:31

至高者

詩編 47:2

至上の地位を占めている。

至上者

ダニエル 7:18,27

最高位の主権を持つ方。

詩編 135:5

所有者または主人。ヘブライ語でアードーン,アドーニーム。

主権者なる主

創世記 15:2

最高の権威を持つ。ヘブライ語でアドーナーイ。

救い主

イザヤ 45:21

危険や滅びから救い出す。

全能者

創世記 17:1

何ものも抗し難い力を持つ。ヘブライ語のエール シャッダイ,「全能の神」という表現は聖書に7回出てくる。

創造者

イザヤ 40:28

すべてのものを存在に至らせた。

マタイ 6:9

命の与え主。

陶器師

イザヤ 64:8

陶器師が粘土に対して権限を持っているように,個々の人や諸国家に対して権限を持つ。(ローマ 9:20,21

とこしえの王

啓示 15:3

神の支配権には始まりも終わりもない。

ねたむ

出エジプト記 34:14「ジェームズ王欽定訳(きんていやく)」(英語)

崇拝において対抗するものを一切容認しない。この表現は「全き専心を要求する」とも訳されている。(「新世界訳聖書 ― 参照資料付き」,脚注)

万軍の主

イザヤ 1:9「新共同訳」,日本聖書協会; ローマ 9:29「ジェームズ王欽定訳」(英語)

天使の大群の司令者。「万軍の主」という称号は「万軍のエホバ」とも訳される。(ローマ 9:29,「新世界訳聖書」)

日を経た方

ダニエル 7:9,13,22

始まりがない。ほかのだれも,どんなものも誕生する前から,つまり永遠の過去から存在している。(詩編 90:2

牧者

詩編 23:1

ご自分の崇拝者を気遣い,世話する。

最も聖なる方

箴言 9:10

ほかのだれよりも神聖,つまり道徳的に清くて純粋である。

我は我ありという者なり

出エジプト記 3:14「ジェームズ王欽定訳」(英語)

目的を果たすのに必要などんなものにでもなる。この表現は,「わたしは何であれ自分の望むものになる」または「わたしは自分がなるところのものとなる」とも翻訳されている。(J・B・ロザハムによる「エンファサイズド・バイブル」[英語]; 「新世界訳聖書」)この描写により,次の節に出てくるエホバという固有名の意味が理解しやすくなる。(出エジプト記 3:15

ヘブライ語聖書に出てくる地名

 聖書に出てくる地名には神の固有の名前が含まれているものがあります。しかし,これらは神の別名ではありません。

地名

参照聖句

意味

エホバ・イルエ

創世記 22:13,14

「エホバは備えてくださる」。

エホバ・シャロム

裁き人 6:23,24

「エホバは平和」。

エホバ・シャンマ

エゼキエル 48:35「新世界訳聖書 ― 参照資料付き」,脚注

「エホバ自らそこにおられる」。

エホバ・ニシ

出エジプト記 17:15

「エホバはわたしの旗ざお」。エホバは,民が保護と助けを求めてその周りに集合できる神。(出エジプト記 17:13-16

神の名前を知り,それを用いる理由

  •   神は,エホバというご自分の名前を大切に思っておられるに違いありません。聖書の中に何千回も名前を載せておられるからです。(マラキ 1:11

  •   神の子イエスも,神の名前の重要性を繰り返し強調しています。一例として,「あなたのお名前が神聖なものとされますように」とエホバに祈りました。(マタイ 6:9。ヨハネ 17:6

  •   神の名前を知って用いるようになる人は,エホバとの友情を育むための最初のステップを踏んでいることになります。(詩編 9:10。マラキ 3:16)エホバとの関係を育むなら,次の神の約束の恩恵を受けることができます。「彼がわたしに愛情を傾けたので,わたしも彼を逃れさせる。彼がわたしの名を知るようになったので,わたしは彼を保護する」。(詩編 91:14

  •   聖書は次の事実を認めています。「多くの『神』や多くの『主』がいるとおり,天にであれ地にであれ『神』と呼ばれる者たちがいる」。(コリント第一 8:5,6)とはいえ,聖書はエホバという名前によって真の神をはっきり特定しています。(詩編 83:18

^ 1節 ヘブライ語学者の中には,神の名前を「ヤハウェ」と訳すことを支持している人たちもいます。

^ 1節 神の名前の短縮形である「ヤハ」は聖書の中に約50回出てきます。この短縮形は「ヤハを賛美せよ」という意味の「ハレルヤ」という表現にも含まれています。(啓示 19:1,「新共同訳」,日本聖書協会)