内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

「神の言葉」とは何ですか だれのことですか

聖書​の​答え

「神​の​言葉」と​いう​表現​は​多く​の​場合,神​から​の​メッセージ​や​それ​を​まとめ​た​もの​を​指し​て​用い​られ​ます。(ルカ 11:28)しかし,「神​の​言葉」や「言葉」が​称号​と​し​て​用い​られる​こと​も​あり​ます。―啓示 19:13。ヨハネ 1:14

神​から​の​メッセージ。預言​者​たち​は,伝え​て​いる​メッセージ​が​神​の​言葉​で​ある​と​頻繁​に​述べ​て​い​ます。一例​と​し​て,エレミヤ​は預言​の​言葉を「エホバ​の​言葉​が​わたし​に​臨ん[だ]」と​いう​表現​で​始め​て​い​ます。(エレミヤ 1:4,11,13; 2:1)預言​者​サムエル​は,神​が​サウル​を​王​と​し​て​お選び​に​なっ​た​こと​を​彼​に​告げる​前​に​こう​言い​まし​た。「今,立ち止まり​なさい。わたし​は​あなた​に​神​の​言葉​を​お聞かせ​し​ましょ​う」。―サムエル​第​一 9:27

称号。「言葉」は​聖書​中​で,イエス​・​キリスト​の​称号​と​し​て​も​用い​られ​て​い​ます。この​称号​が​天​の​霊者​と​し​て​の​イエス​に​も,地上​の​人間​と​し​て​の​イエス​に​も​当てはまる​と​言える​理由​を​考え​ましょ​う。

  • 「言葉」は​他​の​すべて​の​創造​物​より​も​前​から​存在​し​て​い​まし​た。「初め​に​言葉​が​おり,……この​方​は​初め​に​神​と​共​に​い​た」と​あり​ます。(ヨハネ 1:1,2)イエス​は「全​創造​物​の​初子​で……他​の​すべて​の​もの​より​前​から」い​ます。―コロサイ 1:13‐15,17

  • 「言葉」は​人間​と​し​て​地上​に​来​まし​た。「言葉​は​肉体​と​なっ​て​わたしたち​の​間​に​宿り」まし​た。(ヨハネ 1:14)イエス​は「自分​を​無​に​し​て​奴隷​の​形​を​取り,人​の​よう​な​様​に​なり​まし​た」。―フィリピ 2:5‐7

  • 「言葉」は​神​の​子​です。使徒​ヨハネ​は「言葉​は​肉体​と​な​っ[た]」と​述べ​て​から,こう​続け​て​い​ます。「わたしたち​は​その​栄光,父​の​独り子​が​持つ​よう​な​栄光​を​目​に​し​た​の​で​ある」。(ヨハネ 1:14)ヨハネ​は「イエス​・​キリスト​は​神​の​子​で​ある」と​も​記し​て​い​ます。―ヨハネ​第​一 4:15

  • 「言葉」は​神​に​似​た​特質​を​持っ​て​い​ます。聖書​で​は「言葉​は​神​で​あっ​た」,あるいは「神性​を​備え​て​い​た」と​表現​さ​れ​て​い​ます。(ヨハネ 1:1; アメリカ​訳[英語])イエス​は「神​の​栄光​の​反映,また​その​存在​そのもの​の​厳密​な​描出」です。―ヘブライ 1:2,3

  • 「言葉」は​王​と​し​て​支配​し​ます。聖書​は「神​の​言葉」の​頭​に「多く​の​王冠​が​ある」と​述べ​て​い​ます。(啓示 19:12,13)「言葉」は「王​の​王​また​主​の​主」と​し​て​も​言及​さ​れ​て​い​ます。(啓示 19:16)イエス​は「王​と​し​て​支配​する​者​たち​の​王,主​と​し​て​支配​する​者​たち​の​主」と​呼ば​れ​て​い​ます。―テモテ​第​一 6:14,15

  • 「言葉」は​神​の​代弁​者​です。「言葉」と​いう​称号​は,神​が​情報​や​指示​を​伝える​ため​に​用いる​使者​の​こと​を​表わし​て​いる​よう​です。イエス​自身,この​役割​を​担っ​て​いる​こと​を​述べ​て​い​ます。「わたし​を​遣わし​た​父​ご自身​が,何​を​告げ​何​を​話す​べき​か​に​つい​て,わたし​に​おきて​を​お与え​に​なっ​た​から​です。……それゆえ,わたし​の​話す​こと,それ​は,父​が​わたし​に​お告げ​に​なっ​た​とおり​に​話し​て​いる​事柄​な​の​です」。―ヨハネ 12:49,50

もっと調べる

聖書の質問に答える

エホバとはだれのことですか

この方は,イスラエルのような一つの民族の神ですか

聖書は実際に何を教えていますか

イエス・キリストはどんな方ですか

イエスは約束のメシアであるとなぜ言えますか。どこから来ましたか。エホバの独り子と呼ばれているのはなぜですか。

聖書の質問に答える

神の王国とは何ですか

神の王国が他のあらゆる政府に勝っていると言えるのはなぜか,考えてみましょう。

聖書の質問に答える

聖書を理解するのに肝要なことは何ですか

神が聖書を通して知らせようとしておられる事柄は,どんな文化圏で育った人にも理解できるものです。