内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

救いとは何ですか

聖書​の​答え

聖書​筆者​たち​は,人​を​危険​や​滅び​から​助け出す​と​いう​考え​を​伝える​ため​に,「救う」また「救い」と​いう​語​を​用い​まし​た。(出エジプト​記 14:13,14。使徒 27:20)しかし,罪​から​の​救出​を​指し​て​用い​て​いる​場合​も​少なく​あり​ませ​ん。(マタイ 1:21)死​の​原因​は​罪​な​の​で,罪​から​救わ​れ​た​人​に​は,永遠​に​生き​られる​と​いう​見込み​が​あり​ます。―ヨハネ 3:16,17 *

どの​よう​に​し​て​救わ​れる​の​か

救わ​れる​ため​に​は,イエス​に​信仰​を​持っ​て,その​命令​に​従う​こと​に​より​信仰​を​実証​する​必要​が​あり​ます。―使徒 4:10,12。ローマ 10:9,10。ヘブライ 5:9

聖書​に​よれ​ば,自分​の​信仰​が​生き​た​もの​で​ある​こと​を​実証​する​に​は,従順​に​行動​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ヤコブ 2:24,26)と​は​いえ,救い​は​自分​の​力​で​得​られる,と​いう​意味​で​は​あり​ませ​ん。救い​は,神​の「過分​の​ご親切」に​よる「賜物」もしくは「恵み」な​の​です。―エフェソス 2:8,9,「新​共同​訳」,日本​聖書​協会。

救い​を​得損なう​こと​も​ある​か

あり​ます。おぼれ​て​いる​ところ​を​救わ​れ​て​も​また​水​の​中​に​落ちる​か​飛び込む​か​する​人​と​同じ​よう​に,罪​から​救わ​れ​て​も​信仰​を​保た​ない​人​は,救い​を​得損なう​こと​が​あり​ます。それゆえに,聖書​は,救わ​れる​見込み​を​得​た​クリスチャン​に,「信仰​の​ため​に​厳しい​戦い​を​する」よう​勧め​て​い​ます。(ユダ 3)また,救わ​れ​つつ​ある​人​たち​に,「恐れ​と​おののき​を​もっ​て​自分​の​救い​を​達成​し​て​ゆき​なさい」と​も​述べ​て​い​ます。―フィリピ 2:12

救い主​は​神? それ​と​も​イエス?

聖書​で​は,神​が​救い​の​主要​な​源​で​あり,しばしば「救い主」と​呼ば​れ​て​い​ます。(サムエル​第​一 10:19。イザヤ 43:11。テトス 2:10。ユダ 25)加え​て,神​は​古代​の​イスラエル​国民​を​救出​する​ため​に​様々​な​人​を​お用い​に​なり,聖書​で​は​それら​の​人​も「救い主」または「救い手」と​呼ば​れ​て​い​ます。(ネヘミヤ 9:27。裁き人 3:9,15。列王​第​二 13:5 *同様​に,神​がイエス​・​キリスト​を​贖い(あがない)の​犠牲と​する​こと​に​よっ​て​人​が​罪​から​救わ​れる​よう​に​され​た​の​で,聖書​で​は​イエス​も「救い主」と​呼ば​れ​て​い​ます。―使徒 5:31。テトス 1:4 *

すべて​の​人​が​救わ​れる​か

いいえ,すべて​の​人​が​救わ​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(テサロニケ​第​二 1:9)イエス​は,「救わ​れ​つつ​ある​者​は​少ない​の​です​か」と​尋ね​られ​た​時,「狭い​戸口​を​通っ​て​入る​ため,精力​的​に​励み​なさい。あなた方​に​言い​ます​が,入ろ​う​と​努め​ながら​入れ​ない​者​が​多い​から​です」と​答え​まし​た。―ルカ 13:23,24

すべて​の​人​が​救わ​れる​と​いう​誤解

誤解: コリント​第​一 15​章​22​節​は,「キリスト​に​あっ​て​すべて​の​人​が​生かさ​れる」と​述べ​て​おり,すべて​の​人​が​救わ​れる​と​教え​て​いる。

真実: この​節​は,復活に​つい​て​論じ​て​いる​文脈​の​一部​です。(コリント​第​一 15:12,13,20,21,35)ですから,「キリスト​に​あっ​て​すべて​の​人​が​生かさ​れる」と​は,復活​する​人々​すべて​が​イエス​・​キリスト​を​通し​て​この​祝福​を​受ける,と​いう​だけ​の​こと​です。―ヨハネ 11:25

誤解: テトス 2​章​11​節​は,神​が「すべて​の​人々​に​救い​を​もたらす」と​言う​こと​に​より,すべて​の​人​が​救わ​れる​と​教え​て​いる。―「新​共同​訳」,日本​聖書​協会。

真実: この​節​で「すべて」と​訳さ​れ​て​いる​ギリシャ​語​に​は,「すべて​の​種類」と​いう​意味​も​あり​ます。 *ですから,テトス 2​章​11​節​を,神​は「すべて​の​国民​と​部族​と​民​と​国語​の​中​から​来​た」人々​など,あらゆる​種類​の​人々​が​救わ​れる​よう​に​し​て​おら​れる,と​正しく​理解​する​こと​が​でき​ます。―啓示 7:9,10

誤解: ペテロ​第​二 3​章​9​節​は,神​が「ひとり​も​滅ぼさ​れ[ない]こと​を​望」ん​で​おら​れる​と​述べ,すべて​の​人​が​救わ​れる​と​教え​て​いる。

真実: 神​は​人々​が​救わ​れる​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます​が,人々​に​救い​の​ため​の​備え​を​受け入れる​よう​強制​し​たり​は​され​ませ​ん。神​の「裁き……の​日」に​は,「不​敬虔​な​人々​の……滅び」も​含ま​れ​ます。―ペテロ​第​二 3:7

^ 3節 聖書​は,人​が​罪​と​死​から​実際​に​は​まだ​救わ​れ​て​い​なく​て​も,すでに「救わ​れ​て​いる」か​の​よう​に​述べ​て​い​ます。―エフェソス 2:5。ローマ 13:11

^ 10節 引照​聖句​の​中​の「救い主」と​いう​語​は,「代表​闘士」,「救助​者」,「英雄」,「指導​者」と​訳さ​れる​場合​も​あれ​ば,「だれ​か」と​訳さ​れる​場合​さえ​あり​ます。しかし,聖書​の​ヘブライ​語​原文​で​は,他​の​箇所​で​エホバ​神​を​救い主​と​呼ぶ​際​に​用い​られ​て​いる​の​と​同じ​語​が,それら​人間​の​救い主​に​も​用い​られ​て​い​ます。―詩編 7:10

^ 10節 イエス​と​いう​名​は​ヘブライ​語​名​エホーシューア​に​由来​し,これ​に​は「エホバ​は​救い」と​いう​意味​が​あり​ます。

^ 17節 「バイン​の​旧新約​聖書​用語​総合​解説​辞典」(英語)を​ご覧​ください。同じ​ギリシャ​語​が​マタイ 5​章​11​節​に​も​出​て​い​ます。その​節​に​は,イエス​に​従う​者​は​人々​から「あらゆる​種類​の」悪口​を​言わ​れる,と​いう​イエス​の​言葉​が​記さ​れ​て​い​ます。―国際​標準​訳(英語)。